2017年9月18日 (月)

80000kmになった

先週末はようやく夏休みを1日使って稲刈りに行ってきました。400kmほど走ったのをブログに書いてアップしようとした寸前にWindowsUpdateの自動再起動が始まり全てが消し飛んでしまいました。もう一度書く気力が起こらずこのままお蔵入りの気がします。
さて今日は朝から台風一過の快晴の青空が広がっていました。しかしまだ名残の南西風がちょっと強く吹いていたのでしばらく様子見。
9:50出発~多摩川CR~羽村~新奥多摩街道~青梅~青梅坂~都53~吹上峠~都193~松ノ木TN~都53~都193~都28~東青梅~新奥多摩街道~羽村~多摩川CRで15:50帰宅。
ようやく休日に真夏の天気に恵まれました。東京で休日に9時間以上日照時間があった日は実に7月22日以来、ほぼ2カ月ぶりのことなのでした。まだ蝉の声が残っていますが先週にはまんじゅしゃげの花も咲いてしまってCR沿いは秋の風情。すっかり秋の涼しい気候になじんでしまった体には急に訪れる真夏日は厳しすぎます。
P50_20170918_1000398万キロに達した
出発してしばらくして現在の自転車での走行距離が8万キロに達しました。写真では”00000”のように見えますが2012年8月から5年と1カ月ほどかかりました。7万キロを超えたのが今年の1月22日でしたから、この1万キロにちょうど8カ月かかったことになります。この夏はロクに走れなかった割にはまずまずです。

走行時間:5h19m、距離:122.8km、AV.23.0km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 3日 (日)

雨の心配の無い休日がやっと来た

5:30寒さで目覚めました。久しぶりの快晴の朝です。台風が東海上を北上し北からの空気を引っ張り込んでくれたおかげで蒸し暑くじめっとした空気が吹き払われて冷やかでカラッとした空気に入れ替わりました。気温は10月初め頃の16℃くらいしかありません。腐った夏の天気のせいで8月の走行距離はとうとう2004年以来の最低を更新してしまいました。9月最初の週末の始まりの昨日も雨のスタートとなりました。幸い午後から晴れたのでちょっと走れましたが、去年の9月も秋雨で散々な結果でした。今年はどうでしょうか。
Map20170903今日のコース
久しぶりに雨の心配の無い一日のようなので走行不足を少しでも解消するために長距離走です。





6:30出発~多摩川CR~多摩川原橋まで周回~多摩川CR~羽田~昭和島~海岸通り~晴海通り~R357歩道~9:50葛西臨海公園(68.1km)~荒川CR
P50_20170903_122920早くも秋晴れ
日が高くなって気温も上がりましたが湿度が低いので走っていて爽やかです。おでこの汗防止のヘッドバンドをしてきましたが不要なくらいです。好天を待ちかねたように多摩川も荒川も自転車乗り、ジョギング、散歩の人々で大賑わいでした。



~12:00羽根倉橋(114.4km)~荒川CR~入間川沿い~釘無橋~入間川CR~豊水橋~R299沿いの道~飯能~県195~都28~東青梅~新奥多摩街道~15:10羽村休憩(177.3km)~多摩川CRで17:10帰宅。
P50_20170903_162018稲城ねこ
毛皮も乾いてやれやれですな。






走行時間:9h11m、距離:216.6km、AV.23.5km/h
P50_20170903_172629チェーンチェッカー
帰宅すると注文しておいたチェーンチェッカーなるものが届いていました。チェーンの伸び具合を測定する物差しみたいなものです。去年の6月に交換してからもう18800km走り込んで最近加速時に時々コマ飛びするようになったし、あまり使わない重いギヤに入れるとちょっとゴリゴリ感が出てきたのでさっそく測定してみました。0.75の目盛の振ってある側をチェーンに当てて見るとギリギリ途中で引っかかりました。数か所測定してほぼ同じ結果なのでもうちょっと使えそうですが、0.75というのは伸び率で%のようです。0.75%伸びるということはチェーンが114コマだとすると0.855コマ伸びたということですから、ほぼ1コマ分伸びているということになりますね。これではギヤの方を削り始めてしまいます。そろそろ交換ですね。でも前回のチェーン交換よりチェーンの寿命が2倍くらい延びました。チェーンオイルをバイク乗りヨシダ君提供の円陣家至高:製CPOに変えた効果と思われますが、このオイルは当たりだねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月29日 (火)

おでこから流れる汗をいかに処置するかを実証する1泊2日の旅

寄る年波で髪の毛が淋しくなるにつれ、おでこの面積が拡大し始めると、自転車で走行中にこれまで経験したことのないほどの大量の汗が流れてくるのにびっくりします。たとえて言うなら、森林に覆われていたときは大雨が降っても森林による保水力が利いて雨水の流出を防いでいたものが、伐採によって木々が失われた後は一気に雨水が流出して来るようなものでしょうか。まぁそんなわけのわからないたとえはさておき、夏ツーリングに向けて何かいいものは無いかと物色した結果これを購入してみました。
P50_20170828_073632haloのヘッドバンド
鉢巻きですな。速乾性の素材で黄色いシリコンでできたあせの流出止めをおでこに当てて頭の後ろでベロクロで止める仕組みです。こんなんで効果あるのか心配ですが2800円もした高価なアイテム。これを撒いても薄いのでヘルメットの装着には支障はありません。


Map20170827_01今回のコース
汗をかくのが目的なので行きも帰りも峠越えとなる甲州往復です。行きは甲州街道で旧道の笹子峠を越えます。帰路は青梅街道の柳沢峠を越えます。






8月26日(土)
4:40起床。晴れています。真夏の天気が現れないまま、とうとう8月最後の週末です。今日も午後から雨の予報が出されています。レーダーを見ると九州から東北の日本海側に沿って秋雨前線のエコーが長く連なり、強く降っているところもあります。この後この前線が南下して雨となるストーリーのようですが、山越えとなるため弱まる傾向のよう。一応1泊2日で甲州のブドウを食べに行くツーリングを企てているのでいつでも出発可能ですが、しばらく雨雲の様子をレーダーで観測しているうちに不覚にも二度寝に陥ってしまいました。
8:00起床。中途半端な二度寝のために頭がぼーっとしてしまいましたがレーダーをチェックすると雨雲の帯はばらけて弱まってきています。これなら大丈夫とすぐに出発です。
8:40出発~多摩川CR~浅川CR~高尾~R20~12:10鳥沢休憩~大月~R20~県212~14:20笹子峠
P50_20170826_141853笹子峠
大月を過ぎるあたりからポツポツと雨が落ちてきました。弱まった前線の雨雲がかかって来ていたようですが路面をウェットにするほどの降りでもなく、走っていて冷たくて気持ち良いと感じるくらいで済みました。笹子トンネルが近くなると数人のロード乗りとすれ違いました。彼らは笹子トンネルを通過してきたようです。日中の車の多い時間帯なので僕は旧道で笹子峠へ。上りでかなり汗をかいていたはずですが、ヘッドバンドの効果が出ているようでサングラスに汗が垂れてくることはありません。このヘッドバンドは当たりかも。
~県212~R20~県34~みやさか道~八千代ふるさと公園休憩
P50_20170826_161659八千代ふるさと公園
甲府盆地に下ると雲が多いですが日差しが戻りました。時間に余裕があるので県34にそれてブドウの試し食いなどしながら八千代ふるさと公園で休憩。ここには前方後円墳の古墳があり、その上に上ると甲府盆地の眺めが良いのでした。



~みやさか道~広域農道~県305~県311~県302~鵜飼橋~17:30石和YH着。
走行時間:6h56m、距離:146.4km、AV.21.1km/h


8月27日(日)
5:20起床。雲が多いながら朝日が差しています。秋の空気が流れ込んだのか意外と涼しい朝です。ヘッドバンドは指きりグローブと一緒に水で洗って干しておいたのですっかり乾いています。まぁ濡れていてもすぐに汗で濡れちゃうのであまり関係ありませんが。
5:40出発~R411~7:10裂石(19.5km)
P50_20170827_070915裂石手前
塩山から柳沢峠まではひたすらの上りです。裂石はちょうど中間点あたりで茶屋があり自販機休憩します。峠への上りはここまでが大変で、裂石から上は傾斜が緩んで一定ペースで行けばいつの間にか着いてしまいます。気温は20℃を下回っていますが上り坂なのでいい塩梅に汗をかいています。やはりヘッドバンドの効果はあるようです。

~R411~8:30柳沢峠(28.7km)
P50_20170827_083005柳沢峠
珍しく峠の茶屋前には誰もいませんでしたので、ひさしぶりに峠の標識と自転車を一緒に写しました。が、すぐバイクの集団が丹波山方面から来て駐車したので場所を開けるべく出発です。下りではちょっと寒さを覚えるくらいの気温でした。



~R411~丹波山村~9:50奥多摩湖(62.9km)~青梅~新奥多摩街道~羽村~多摩川CRで13:40帰宅。
多摩川に戻って来て、今シーズン初めて空気感に秋を感じました。いつものねっとりとした感じと違いどこかサラッとした爽やかさが感じられます。もう今年は真夏がないまま秋に変わってしまったようです。僕の夏休みはまだとってないんですけど、東北の天気は相変わらずだし、もう諦めました。
夏休みツーリングをあきらめても、汗止めヘッドバンドは稲刈りのときの農作業時にも活躍しそうです。忘れずに持参することにします。
走行時間:6h28m、距離:140.9km、AV.21.7km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月20日 (日)

八王子のちっちゃい峠越えでお茶を濁す

5:40起床。どんより曇り空です。いつものことです。どんより空の天気が安定して続いています。晴れて暑くならなくても結構です。
Map20170820_01今日のコース
昨日あれだけ雨が降ったにもかかわらず、朝から路面は乾いていました。今日はにわか雨はなさそうだし、早めに出発して走行不足の8月の距離を稼いでおかなくてはなりません。目標は八王子から相模川沿いに湘南海岸に出て江の島から北上して戻って来るコースでしたが・・。


6:30出発~多摩川CR~二子玉川折返し
P50_20170820_072451二子玉川の河川敷はゴミだらけではないか!
昨日の雷雨で中止となった二子玉川まで様子を見に行ってみましたが、あきれるほどの残置ゴミ。ゴミの集積所が用意されているにもかかわらず、雷から逃げたっきりで戻ってかたずけもしなかったのね。なさけない。



~府中四谷橋~浅川CRに入って小雨を検知して多摩川CRに乗り換えて多摩大橋。南の空はどんより感が半端なく小雨模様らしいので当初予定のルートは破棄。いつものように多摩川水系に張り付いた走行となりました。
~府中四谷橋まで戻る~浅川CR~陣馬街道~秋川街道~戸沢峠~小峰峠~五日市~都7~都165~羽村~多摩川CRで二子玉川折り返して16:30帰宅。
このペースでは史上最低の8月となりそうです。
走行時間:7h26m、距離:176.2km、AV.23.6km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月19日 (土)

梅ヶ谷峠のち雷雨

4:30目覚めましたが真っ暗です。もう日出時刻は5時台になっていておまけに曇っているのです。明るくなるまで二度寝です。
6:00起床。やっぱり曇っています。ちょっと靄のかかったような湿度の高い朝です。まぁこの夏のいつもの天気なのでガッカリもしなくなりましたが。
Map20170819_01_2今日のコース
6時に起きて朝食を食べ、新聞を読んでナンプレを解いてまったりしていたらあっという間に8時前。この時間からでは大して走れないなと思いながらも急いで出発準備。午後は雷雨の予報もあるので空を見上げながら多摩川沿いを走ることにします。


8:00出発~多摩川CR~羽村~新奥多摩街道~青梅~R411~日向和田~梅郷~都45~都238~梅ヶ谷峠~都251~秋川街道~五日市~都7~都165~羽村~多摩川CRで二子玉川折り返して15:50帰宅。
P50_20170819_151614二子玉川
昼前から雲が多いながらも青空が広がり、一週間ぶりに太陽光を浴びることができました。梅ヶ谷峠を越えて羽村の堰まで戻ると積雲は次第ににょきにょきと大きく高くなり始めたので帰途に着きました。多摩水道橋まで戻ってもすぐに雨はなさそうなので二子玉川まで往復。いつの間にか塔のようにそびえた雄大積雲が現れ、雲の底は真っ黒。今日は二子玉川の花火が予定され花火見物の陣地取りが行われ、CR上を会場へ向かう浴衣姿のお姉さんたちが眺められました。
P50_20170819_164106雷雲襲来
一旦家に戻って冷たい水をキューッと飲んで一息ついていると北の空が真っ黒に変化しているのに気付き、ちょいと多摩川まで出て見たところ、空は劇的に悪化していたのでした。南側は青空ですが北側は低層の雲の隙間から仏塔のようにそびえたつ積乱雲の頭が見え雲の底は真っ黒で雷光がビシビシ縦に落ちています。しばらく土手に座って眺めていましたが、どうやら接近しているようで雷鳴が大きくなってきたので急ぎ撤退。この写真のあと15分で土砂降りとなりました。雷雲は多摩川に沿って羽田、横浜方向に流れたようで二子玉川も雷雨に襲われ花火大会は中止となっていました。浴衣姿のお姉さんたちは避難できたのでしょうか。あのあたりは民家ばっかりだから避難する場所も無いですよね。かわいそうにずぶ濡れになった人も多かったのでは。たまに晴れて気温が上がればこのありさまで、本当に今年の湿った夏はロクでもない天気ばかりです。
走行時間:6h56m、距離:164.1km、AV.23.6km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«雨の止み間にお盆帰省に行って来る