« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006年1月29日 (日)

荒川下流

今日は移動性高気圧に覆われて穏やかに晴れ、日中は南よりの風になるらしい。荒川下流と多摩川下流をつないで周回する予定だが、朝の冷え込みが強かったので荒川に出て河口に南下するほうが追い風を受ける時間が長いと予想。
8:30出発。ひばりが丘~志木~羽根倉橋~荒川CR~12:30葛西臨海公園~湾岸道~晴海通り~海岸通り~昭和島~羽田~多摩川CR~16:30帰宅
Img20060129_10203010:20秋ヶ瀬橋から見た秋ヶ瀬公園内の道路
羽根倉橋からここを通ってきた。今日はロードバイクに乗っている人がいっぱい上流に向かっていくのとすれ違う。
予想通りの追い風で河口に向かう。




Img20060129_10581811:00赤羽の岩淵水門
ここから隅田川がはじまる。
まだ追い風





Img20060129_12043912:00荒川河口0kmポスト
ここから左岸に渡って下流の葛西臨海公園までCRは続いている。
ずっと追い風だった。




Img20060129_13353013:30勝鬨橋
岩淵水門からはじまった墨田川の最下流にかかる橋。橋の名前は日露戦争の旅順攻略戦に勝利したことを記念してつけられたらしい。橋の真中が跳ね上げ式に開閉して船を通していたが、昭和45年を最後に開くことをやめている。
風が南東にかわってきた。
海岸通では南よりの弱い向い風だが、多摩川CRに出れば追い風となる。読みが当たり楽ちんな走行ができた。

走行時間:6h49m、距離:159.75km、AV.23.4km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月22日 (日)

やっぱり

やっぱり凍結してしまった。
午前中は家事を片付け少しでもとける午後から走行。
12:20出発。多摩川CRを上流に走るが所々陰になっているところは路面に凍りついた雪が残り、そのたびにチャリを降りて押す。立川で折り返し、14:30帰宅。
Img20060122_122835川崎側の多摩川CR。土手の両側はまだ10cmくらい雪が残っていた。路面は雪解けでぬれて、20km/h以上出すと跳ねが上がるのでスピード出せず。






くりやん。今日もサービスでチャリ装備紹介します。
Img20060122_152823ヘルメット(OGK 6500円)
一昨年CRでジョギングマンと接触転倒。翌日には新宿の靖国通りでチャリに接触転倒しこれはマズイと感じて急遽購入した。いつも装着して走っている。最初はハズカシかったがそのうち気にならなくなり、最近は一般道路を走るときは装着していないと不安に感じる。

Img20060122_152919携帯空気入れ(TOPEAK 2320円)。長さ48cm
いつもトップチューブの下にくくり付けている。チャリにパンクはつきもの。パンク修理セットとこれさえあれば怖いもの無しでどこへでも行ける。

 

 
 
走行時間:1h48m、距離:40.0km、AV.22.1km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月21日 (土)

積雪

朝起きるとベランダが雪で真っ白だった。今日は走行お休み。
夜に止んで朝晴れていると凍結して明日の走りに影響しそうだ。
Img20060121_111555_111時ころの多摩川CRの様子。
かさをさして雪の積もった車道を自転車で走る人がいた。命知らずの人だと思った。(僕は絶対しません)





くりやん。今日は走行無しなので約束通りチャリの装備を紹介しよう。

Img20060121_180730スピードメータ(2001/8/15購入)
これで走行時間、距離、平均時速などを測っている。
前輪のスポークにつけた磁石がセンサーのコイルを通過するときに発生する電気パルスを計測して表示している。
写真に表示されている数字は今のチャリの総走行距離(2004年3月29日~)。

Img20060121_180642ヘッドライト
1Wの白色LEDを使用し、単3電池4本により非常に明るい。基本的に夜間走行はしないが、走るコースにトンネルがある時、長距離を走って日没までに帰れない可能性があるときは装着する。電車の無い時間帯に障害対応電話があると、これをつけてチャリで出動したりする。

Img20060121_181351テールライト
赤色LED3個で点滅モード、点灯モードが選べる。単4電池2本使用。夜間、車道走り、トンネルのときに点灯する。点滅モードのほうが車からは目立つ。サドルの下に装着する。

続きはまた今度!。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月15日 (日)

多摩湖CR

昨夜、雨が止んでから上がった気温がそのまま今朝まで残り暖かな朝となった。
8:00出発。多摩川CR~都19~都12~多摩湖CR~多摩湖~武蔵村山CR~羽村~多摩川CRで13:30帰宅。暖かな1日で後半は手袋無しで走れた。
Img20060115_090611多摩湖CRは車道横断のたびに車止めがあり、さっぱりペースが上がらない。このCRは多摩湖から武蔵境浄水場までの水道管上に作られている。





Img20060115_095946多摩湖から武蔵村山CRへの入り口。巨大カブトムシがたかっていた。






Img20060115_100700途中にあったトンネル。全部で3ヶ所あった。
昭和の初め、多摩湖を作るために敷いた軽便鉄道の跡だそうだ。この鉄道が廃止になってから武蔵村山市は都内で唯一駅の無い市となったそうな。




Img20060115_113659羽村の堰下流で今朝どんど焼きが予定通り行われたようだ。先週撮影したどんど小屋は見事に焼失していた。
子供たちが木の枝に刺した焼き団子を持帰っていた。あ~焼いて食いたかった。





走行時間:4h53m、距離:100.4km、AV.20.6km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 9日 (月)

凍結

昨日入間川が凍っているのを見て、檜原村にある滝を見に行くことにした。
9:20出発。多摩川CR~永田橋~都165~都184~秋川街道で 11:15武蔵五日市駅前~都33~11:50払沢の滝入り口着(54.0km)。入り口手前500mは滝見物の車で渋滞。徒歩10分で滝に到着。帰路は 都33~都7~多摩橋~多摩川CRで14:50帰宅。滝から五日市駅までの都33はほとんど山陰で日が差さず冷え込んでいた。
Img20060109_115820払沢の滝。
駐車場から沢沿いに10分ほど歩くと見えてきた。
真っ白な氷の柱が立っているようだ。
日本100名瀑に選ばれているらしい。




Img20060109_120203_1近影
水の落ちる音はしていなかったが、滝壷からはわずかに水が流れ出していた。











Img20060109_132910昭島付近の多摩川CR。今日は風も弱く穏やかで寒いなりにも日差しの暖かさが感じられた。







走行時間:4h47m、距離:108.8km、AV.22.7km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 8日 (日)

入間川

1月8日。今日は距離を稼ぐためCRをつないで走る。
9:20出発、多摩川CRで羽村~新青梅街道~都28~県195で12:05入間川豊水橋(60.5km)。入間川CR~荒川CRで羽根倉橋~志木~県36~ひばりが丘~都12~都19で多摩川CR。15:40帰宅。
入間川釘無橋から羽根倉橋間は強い追い風で30km~50kmで走れた。
Img20060108_105841羽村堰に作られたどんど焼きの小屋。1月15日8:30から燃やすらしい。人と比べてみると結構でかい。






Img20060108_120556入間川豊水橋から上流を写す。奥多摩から秩父の山並みがくっきり。なんと入間川の水面は凍っていた。






Img20060108_120807入間川CRのスタート地点。ここから22.8kmで荒川に合流する。






 

Img20060108_133338荒川と入間川にはさまれた土手上のCR。さえぎるものが何もなく、北よりの追い風で飛ばす。







走行時間:5h39m、距離:133.2km、AV.23.6km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 7日 (土)

鶴見川

1月7日、いよいよ寒の入りで動きが鈍る季節だが気合一発!。走りに出る。
とはいえ気温がプラスに上がった9:20出発。北西の季節風を利用して 多摩川CR~R15で鶴見川に出て、左岸の川沿いの道で10:40河口着(32.2km)。今日はここから鶴見川の源流まで遡る。さっそくの向い風と道路 横断でさっぱりスピード出せず。R1を超えるとCRが続くようになる。主に左岸を走行。この時期どの河川でも護岸工事を行っていて結構迂回させられる。 13:45源流部の町田市上小山田にある湧水池に到着(81.4km)。さらに上に登って尾根道幹線道路に出て関戸橋~多摩川CRで15:10帰宅。
Img20060107_104506河口(0.0km)地点。ここより下流にも川は続いているが両岸は埋立地で工場が連なり、川沿いの道はない。鶴見川水系は動物の「バク」の形をしているそうだけど「バク」の姿を思い描ける人はそうはいない。




Img20060107_121457中流域、横浜国際競技場の裏を通る。洪水時の一時的な遊水地となっているため競技場から北にはなんにもない。
CRはこの先小田急鶴川駅裏を通り町田市野津田あたりまで走れた。




Img20060107_134559源流の湧水池。ちょっとした公園になっている。水がコンコンと(音はしていない)湧き出していて水面が盛り上がっていた。水は枯れることがないらしい。





Img20060107_135033解説図
ここから河口まで43.9kmらしいが工事迂回や一般道走行でチャリの距離計では49.2kmとなり5kmほど余計にかかった。






走行時間:5h16m、距離:110.5km、AV.21.0km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 4日 (水)

今年

今日から仕事始め。
ということで、今年のチャリ走りの目標。
①坂東33札所めぐり(キャンプ装備で延べ23日3000km)
②諏訪湖から天竜川くだり
③R299麦草峠(2127m)
④ハコネ駅伝コース
⑤電車で輪行サイクリング(山梨、長野方面)
⑥走行中30分に1度携帯電話チェック(くりやん、多分ムリ。)

どれだけ達成できるやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 2日 (月)

去年

年末年始の帰省は雪の予報があり電車で帰ったためチャリ走りは無しでした。
去年の走りの結果は
走行時間:616h06m
距離:13508km
平均時速:21.925km/h
パンク:21回
はき潰したタイヤ:2本
コケた回数:2回
一番高い峠:1843m(R120 日光金精峠)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »