« やっぱり | トップページ | 羽村堰 »

2006年1月29日 (日)

荒川下流

今日は移動性高気圧に覆われて穏やかに晴れ、日中は南よりの風になるらしい。荒川下流と多摩川下流をつないで周回する予定だが、朝の冷え込みが強かったので荒川に出て河口に南下するほうが追い風を受ける時間が長いと予想。
8:30出発。ひばりが丘~志木~羽根倉橋~荒川CR~12:30葛西臨海公園~湾岸道~晴海通り~海岸通り~昭和島~羽田~多摩川CR~16:30帰宅
Img20060129_10203010:20秋ヶ瀬橋から見た秋ヶ瀬公園内の道路
羽根倉橋からここを通ってきた。今日はロードバイクに乗っている人がいっぱい上流に向かっていくのとすれ違う。
予想通りの追い風で河口に向かう。




Img20060129_10581811:00赤羽の岩淵水門
ここから隅田川がはじまる。
まだ追い風





Img20060129_12043912:00荒川河口0kmポスト
ここから左岸に渡って下流の葛西臨海公園までCRは続いている。
ずっと追い風だった。




Img20060129_13353013:30勝鬨橋
岩淵水門からはじまった墨田川の最下流にかかる橋。橋の名前は日露戦争の旅順攻略戦に勝利したことを記念してつけられたらしい。橋の真中が跳ね上げ式に開閉して船を通していたが、昭和45年を最後に開くことをやめている。
風が南東にかわってきた。
海岸通では南よりの弱い向い風だが、多摩川CRに出れば追い風となる。読みが当たり楽ちんな走行ができた。

走行時間:6h49m、距離:159.75km、AV.23.4km

|

« やっぱり | トップページ | 羽村堰 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/11801352

この記事へのトラックバック一覧です: 荒川下流:

« やっぱり | トップページ | 羽村堰 »