« 今年 | トップページ | 入間川 »

2006年1月 7日 (土)

鶴見川

1月7日、いよいよ寒の入りで動きが鈍る季節だが気合一発!。走りに出る。
とはいえ気温がプラスに上がった9:20出発。北西の季節風を利用して 多摩川CR~R15で鶴見川に出て、左岸の川沿いの道で10:40河口着(32.2km)。今日はここから鶴見川の源流まで遡る。さっそくの向い風と道路 横断でさっぱりスピード出せず。R1を超えるとCRが続くようになる。主に左岸を走行。この時期どの河川でも護岸工事を行っていて結構迂回させられる。 13:45源流部の町田市上小山田にある湧水池に到着(81.4km)。さらに上に登って尾根道幹線道路に出て関戸橋~多摩川CRで15:10帰宅。
Img20060107_104506河口(0.0km)地点。ここより下流にも川は続いているが両岸は埋立地で工場が連なり、川沿いの道はない。鶴見川水系は動物の「バク」の形をしているそうだけど「バク」の姿を思い描ける人はそうはいない。




Img20060107_121457中流域、横浜国際競技場の裏を通る。洪水時の一時的な遊水地となっているため競技場から北にはなんにもない。
CRはこの先小田急鶴川駅裏を通り町田市野津田あたりまで走れた。




Img20060107_134559源流の湧水池。ちょっとした公園になっている。水がコンコンと(音はしていない)湧き出していて水面が盛り上がっていた。水は枯れることがないらしい。





Img20060107_135033解説図
ここから河口まで43.9kmらしいが工事迂回や一般道走行でチャリの距離計では49.2kmとなり5kmほど余計にかかった。






走行時間:5h16m、距離:110.5km、AV.21.0km/h

|

« 今年 | トップページ | 入間川 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/11884985

この記事へのトラックバック一覧です: 鶴見川:

« 今年 | トップページ | 入間川 »