« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006年2月25日 (土)

鎌倉を目指したが

今年の目標のひとつ、坂東三十三観音巡礼の1回目。この先キャンプツーリングを含む延べ22日をかけた旅の始まりだ。今日は1番から4番を巡る予定だったのだが・・。
7: 30出発。多摩川CR~世田谷通り~都57~境川CRで10:00藤沢の遊行寺まで行ったところで後輪の空気が抜けた。CRの休憩所まで戻りパンク修理 (チューブ交換)。大和市からママチャリで走って来ていた人にパンク修理の巧みの技を披露した。再び遊行寺~R467~県32で鎌倉市に入り、もうすぐ大 仏というところでまたもや後輪2回目のパンク。予備チューブを使ってしまったのでパッチ修理。タイヤを調べるとさっきのパンクのとき刺さった小さなガラス 片がタイヤを貫通したまま残っていて、それがチューブに穴をあけてしまっていた。目的地はすぐそこだが予備のパッチも無くなりテンションは下がる。結局出 直す事にしてR134に出て江ノ島の防波堤上でパンの昼飯とした。すると手に持っていたウインナーサンドの半分をトンビにさらわれてしまった。帰路13: 00江ノ島出発。R467~境川CR~都57~世田谷通り~多摩川CRで16:00帰宅。帰りは北~北東風の向い風だったしツイていない。坂東三十三観音 巡礼の1回目は失敗に帰した。
Img20060225_092503境川CR沿いの公園に咲いていた紅梅。
紅梅は結構咲いていたが白梅はまだチラホラだった。






Img20060225_11481311:50極楽寺
目的の寺ではないが茅葺の山門がいい。年度末のせいか工事中だった。





Img20060225_132611予備タイヤ?
帰りの境川CRで競輪の自転車でタイヤを引っ張ってトレーニング中。パンク修理用の予備タイヤではありません。






走行時間:6h01m、距離:131.5km、AV.21.9km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月19日 (日)

神田川

午前中新百合ヶ丘まで往復24km。12:10出発。多摩川CR~都19、都12~13:00井の頭公園~神田川遊歩道~15:15隅田川合流点~R6~海岸通~昭和島~羽田~多摩川CRで17:40帰宅。
Img20060219_13074813:05神田川源流
井の頭公園の池から流れはじめる神田川。ここから河口まで24.6kmあるらしい。公園から出るとすぐに両岸がコンクリート固めの水路となる。




Img20060219_135641善福寺川との合流点
手前から善福寺川、右から神田川が合流する。






Img20060219_151729_115:15神田川の河口
源流から28.2km走って神田川河口にたどり着いた。神田川は隅田川に流れ込んでいた。橋の上流は屋形船の船溜りになっている。江戸川橋から先ここまでは遊歩道がなくなり一般道を走りつづけた。



Img20060219_15350615:35日本橋
帰路、R6を走って日本橋に。この橋のセンターライン上に日本道路元標が埋めてある。






走行時間:5h53m、距離:119.8km、AV.20.4km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月18日 (土)

鳩山

走行前に気温や風を確認するのにアメダスを利用している。そんな中で前から気になるポイントがあった。それは埼玉の鳩山。ここは埼玉のど真ん中で秩父山地 の東側に位置し丘陵地帯を成している。この鳩山の朝のアメダス気温が周辺に比べて異常に低いのだ。一体何が起こっているのか探りに向かった。
8: 00出発。荒川沿いは北西風が強いので山沿いに風を避けるコースとした。多摩川CR~羽村~都29~東青梅~県28~10:55飯能(59.8km)~県 30で11:50越生梅林。梅はまったく咲いていなかった。県41で12:20鳩山(86.7km)着。鳩川沿いの道から県248~川島こども動物自然公 園CR~R407でCRを見失いおっぺ川沿いに走りR254落合橋を渡って入間川CR~荒川CR~羽根倉橋~志木~県36~ひばりが丘~都12、都19~ 多摩川CRで17:30帰宅。
Img20060218_12052612:05八高線
県30から鳩山に向かう途中で超えた八高線を陸橋上から。線路がすっきり見えるのは架線が無いからだと気づく。





Img20060218_12214512:20鳩山中
アメダスポイントは鳩山中学校近辺に存在する。鳩川をはさんで学校を一周したがアメダスは発見できず。
周辺は標高100~150mの丘陵が取り囲み、一番低いところを鳩川が流れている盆地であった。



Img20060218_13540613:50川島こども動物自然公園CR
長い名前である。このCRは荒川CRにつながっているらしいので利用したが途中で見失う。この写真を何度も確認したがだめだった。よく見るとこの案内図は上が南になっているじゃないですか!。なんちゅう地図作るのだ!。



Img20060218_14114014:10坂戸市CR
迷い迷って都幾川右岸の坂戸市CRに出るが荒川方面は未舗装だった。






走行時間:7h49m、距離:171.1km、AV.21.9km/h


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月12日 (日)

野川

昨日とうって変わって北風が強くウダウダしているうちに昼になってしまった。
12:20出発。多摩川CRで二子玉川まで下り、野川合流点から野川 CRへ。CRは狭いながらも世田谷区、狛江市、調布市、三鷹市、小金井市まで続いている。国分寺市に入るとコンクリートで固められた水路となり、追跡が難 しくなる。JR中央線国分寺駅の先でトンネルとなり、その先の日立の敷地内に消えた。府中から多摩川CRに出ると強い北風で舞い上がったほこりで空が黄色 くなっていた。16:30帰宅。
Img20060212_130001野川河口
野川は東急田園都市線二子玉川駅付近で多摩川に流れ込む。






Img20060212_140720三鷹市野川公園
あちこちに湧水がある。






Img20060212_145430国分寺駅先の中央線土手のトンネルから流れ出す野川。







Img20060212_150952野川の源流
中央線の土手の反対側にあった野川の水源の看板。日立の中央研究所敷地内の池からはじまっている。フェンスで覆われているため見ることができなかった。





走行時間:3h19m、距離:63.0km、AV.19.0km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月11日 (土)

境川

今日は境川を河口から源流部までたどる。 境川は、東京都町田市の最西端の「大地沢」や神奈川県の城山町の城山湖近くを源とし、相模原市と町田市のを、そして大和市と横浜市瀬谷区・泉区のを、更に藤沢市と横浜市泉区・戸塚区のを、最後に藤沢市内を流れ江ノ島で相模湾に流れ込んでいる。
7: 30出発。多摩川CR~世田谷通り~県57で8:23境川CR(21.0km)。まずは河口に向かう。境川CR~R467で10:00江ノ島着 (60.2km)。防波堤上のベンチで休憩後、境川河口にかかる江ノ島大橋~境川沿いの砂利道を北上しR467~境川CR~町田街道~町田市大戸で源流 へ。13:50源流部の看板に到着。辺りは杉林で所々残雪があった。帰路は町田街道で高尾~淺川CR~多摩川CRで16:30帰宅。暖かな1日だった。
Img20060211_10301110:30河口にかかるR134片瀬橋。すぐ先に江ノ島水族館がある。海からの風が入りここから追い風が約束されている。






Img20060211_12261912:25町田駅の裏を流れる境川。この近辺は橋が多く、人とチャリがあふれていて通過するのに時間のかかる難所だ。






Img20060211_134335あと500mで源流部というところで路面は残雪に覆われてしまった。雪が残っているなんて想定外だ。チャリはここであきらめて徒歩で源流を目指す。





Img20060211_135141_113:50境川源流部
ここが公認されている源流部で案内板がある。谷となった境川にはチョロチョロとした流れがあった。谷の左側の尾根を超えると城山ダムになっている。





走行時間:7h01m、距離:162.9km、AV.23.2km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 5日 (日)

池袋

池袋に16時の約束があり、チャリで行った。
最短コースでは25kmほどなのでちょっと回り道していくことにする。
11:40出発。多摩 川CR~都12~ひばりが丘~志木~羽根倉橋~荒川CRを下り岩淵水門へ。ここまでは先週の日曜日と同じコース。ここから北本通り~明治通り~で14: 40SS60(75km)。ちょっと早く着きすぎた。22:30SS60出発。明治通り~方南通り~水道道路~世田谷通りで23:30帰宅。今年初の夜間 走行となったが無事帰着。
Img20060205_141017荒川CR。浮間あたり。
秋ヶ瀬橋下流から右岸河川敷内に幅10mのCRがあり、河口まで続く。





Img20060205_150649SS60から西方向を写す。
伊豆箱根、丹沢、奥多摩、秩父、浅間、榛名、赤城、白根、筑波山と関東平野を取り巻く山を一望できる。





Img20060205_171609富士山。
17:12日没でだいぶ日が伸びた。太陽は富士山のちょっと北側に沈むようになった。






走行時間:4h15m、距離:99.6km、AV.23.5km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 4日 (土)

羽村堰

寒波が来て朝から季節風が強かった。快晴だがアメダスを見ると9時過ぎても0度そこそこで北風6m。海沿いでは8m。江ノ島を予定していたが、帰りが向い風となるのがイヤで取り止めウダウダしているうちに昼になってしまった。
12:30出発。多摩川CRを上流へ向かう。6mの向い風を受け羽村の堰まで40kmをAV.20.6kmで到達し折り返す。先に楽して後で苦しむより行きに向い風帰りが追い風のほうが精神的に楽だ。16:10帰宅。
Img20060204_14455814:45羽村の堰。
ここから玉川上水がはじまる。新宿区四谷まで43kmを標高差100mで流れている。平均勾配はなんと0.23%。350年前によく作ったものだと感心。






走行時間:3h24m、距離:77.8km、AV.22.9km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »