« 秩父~長瀞 | トップページ | 太平山~足利 »

2006年11月27日 (月)

渡良瀬渓谷

北関東低山紅葉ツーリング二日目(11月24日)
6:40起床。7:40羽生出発。昨日雨をもたらすはずだった低気圧は東海上に抜け朝から晴天。一時的に冬型になり北西風が予想された。今日は羽生から群馬の桐生を目指すのでモロ向い風の予感。朝方風の弱いうちにできるだけ進もうと走る。利根川CR~R122昭和橋~R122沿いのわき道、農道を繋いで館林~渡良瀬川CR~10:20桐生~R122~大間々~県257で渡良瀬川左岸を貴船神社の先まで行って通行止めにぶち当たり折り返し。強い北西風は桐生に入ってから吹き始めた。帰りはCR上を追い風楽ちん走行する。15:30羽生着。
Img20061124_085508群馬県館林と栃木県足利の境に立つ渡良瀬川CRのポール。正式名称は一般県道「桐生足利藤岡自転車道」。下流側は渡良瀬遊水地を通って利根川CRにつながっている。





Img20061124_112243渡良瀬川の左岸の県道257を上流に遡り道の駅黒保根を目指したが貴船神社の先1kmほどで崖崩れのため通行止めとなっていた。ここは素直に戻ることにする。





Img20061124_113409戻って貴船神社参拝。境内のモミジが色づいていた。今日は平日のため訪ずれる人はほとんどいない。ここは京都にある貴船神社の分社。





Img20061124_113540貴船神社の裏は断崖になっている。そこから紅葉越しに見た赤城山。






Img20061124_115853大間々駅の近くにある高津戸峡。渓谷にかかるはねたき橋から下流方向を写す。紅葉はかなり散り始めていた。






Img20061124_122139大間々駅構内に停車していたトロッコ列車。最後尾の車両は窓があるがその前の2両は窓無しの吹き抜け。大間々~足尾間を90分かけてのんびり走る。今シーズンの運行は終了している。



 

Img20061124_122804_1大間々駅の反対側は車両基地になっていて、各駅停車の車両が数台整備中。車両のドアに久しぶりにわが身が写ってしまっている。





走行時間:6h02m、距離:133.9km、AV.22.2km/h

|

« 秩父~長瀞 | トップページ | 太平山~足利 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/12849665

この記事へのトラックバック一覧です: 渡良瀬渓谷:

« 秩父~長瀞 | トップページ | 太平山~足利 »