« 武道館の余韻 | トップページ | 丹波山村 »

2006年11月12日 (日)

消えていくもの

7:50出発。朝から予想以上に北西風が強い。多摩川CRで立川~国立駅前往復。あまりにも風が強いので引き返す。帰りの25kmは追い風楽ちん走行で11:00帰宅。夕方風が少しおさまった15:10から再び多摩川CRで是政橋往復。16:30帰宅。
Img20061112_090138立川市の多摩川緑地の土手上から見た富士山。木枯し1号が吹いて透明度は抜群。帰路CR上を時速40km/hで走っても追い風を感じていたので風速は10m/s以上吹いていたことになる。



 

Img20061112_093133JR国立駅南口に続く直線道路。国立駅舎は中央線高架工事のため11月から解体工事に入ってしまった。足場に覆われた上から僅かに三角屋根が見えた。国立駅舎は大正15年に立てられ、都内で現存する木造駅舎では原宿駅についで2番目に古かったのだが。



Img20060404今年の4月に撮影しておいた国立駅舎。市、都、JR間でいろいろあったようだが解体工事開始直前に国立市の有形文化財に指定されたため現在地に復元される予定で丁寧に解体、保管されることになっている。




走行時間:3h56m、距離:87.3km、VA.22.2km/h

|

« 武道館の余韻 | トップページ | 丹波山村 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/12659742

この記事へのトラックバック一覧です: 消えていくもの:

« 武道館の余韻 | トップページ | 丹波山村 »