« 西上州の岩峰 | トップページ | 2007年吉田拓郎ツアー2 »

2007年5月 9日 (水)

1都8県めぐりおわり

5月5日(土)
6:00起床。今日はツーリング最終日。走り慣れた羽生から自宅への道を辿るだけ。特にイベントも無い。
6:40出発。利根川CR(右岸)~県46
7:30渡良瀬遊水地~渡良瀬川CR~利根川CR(左岸)~境大橋
9:00関宿城~江戸川CR(右岸)
9:40庄和の大凧揚げ会場にハマル。しばし凧揚げの様子を眺める。
10:00出発~江戸川CR(右岸)
13:30葛西臨海公園(144.8km)~R346~晴海通~海岸通~昭和島
15:00羽田~多摩川CR
16:20無事帰宅(171.8km)。羽田までずっと向い風。
江戸川CRから羽田間でキャリアにゴムロープでくくりつけておいたウインドブレーカを落とす。峠越えの苦労を共にしたウインドブレーカだったのに惜しいことをした。
Map20070509渡良瀬遊水地付近は茨城、栃木、群馬、埼玉の4県が境を接する微妙な場所。谷中湖を周回するだけで4県を周れてしまう。この後江戸川CRに出るのに千葉県を通り、その後東京、神奈川まで行くため1日で関東1都6県を周れる。今回は山梨、長野も通ってきたので4日間のツーリングで関東甲信の1都8県めぐりを達成!。



Img20070505_073341渡良瀬遊水地の谷中湖畔。まだ風も無く穏やか。今日の気圧配置では南に高気圧があるためどう見ても向い風となる南風が吹くはず。日中に向かって強まる前に少しでも南下しておきたいところだが栃木県と茨城県を走るため北上してしまった。


 

Img20070505_082108利根川CR国道4号栗橋古河間にかかる利根川橋。新しい橋を建設中。すでに南風が吹き始めた。
荷台にくくりつけられたウインドブレーカの最後の姿を捉えた貴重な写真。

 


Img20070505_090837関宿城博物館。将棋と書かれたのぼりがいっぱい立っていた。どうやら将棋大会が開かれていた模様。
ここからはほぼ100%の向い風となる。しかも土手上で風をさえぎってくれるものなし。




Img20070505_093930庄和の江戸川河川敷大凧揚げ会場。NHKの取材車も来ていて夕方の関東ローカルで放送していた。大凧は午後2時から揚げるそうなので午前中は小凧あげが行なわれていた。しばし土手上から眺める。




Img20070505_094751連凧も揚げられていた。場内放送では「徳島からきたXXさんごくろうさまです」とか「羽田からきたトンビ凧ですね」とか紹介していた。凧は単に風の力で揚がっているだけなのにみんな嬉しそうに揚げていた。奥の深い遊びなのかもしれない。


 

都内まで戻ってきて晴海通りの交差点で信号待ちしていたら後ろからきたサイクリングおじさんに声をかけられた。
お「どこまで行ってきたの?」
僕「山梨から長野を周って来ました。」
お「私もそんな風にツーリングしてみたいんだけどねぇ。でも途中で挫折するのが心配で・・・。」
僕「何事も最初と言うのがあります。初めから完璧にできてしまったら逆にすぐ飽きてしまうかもしれないですよ。失敗を繰り返して少しずつ工夫しながら進歩していくから楽しみを感じつづけられるんだと思います。」
なんて知ったようなことを口走ってしまった。信号が変わったのでそれで別れたけど、あのときの1分間、誰だか知らない小僧の一言でおじさんの人生がすこしでも変わったら楽しい。

走行時間:8h17m、距離:171.8km、AV.20.8km/h
4日間の累積走行距離:644.3km

|

« 西上州の岩峰 | トップページ | 2007年吉田拓郎ツアー2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/15016428

この記事へのトラックバック一覧です: 1都8県めぐりおわり:

« 西上州の岩峰 | トップページ | 2007年吉田拓郎ツアー2 »