« 2007年吉田拓郎ツアー15 | トップページ | パルテノン多摩下見 »

2007年8月21日 (火)

2007年吉田拓郎ツアー越谷

アンコールでの弾き語り 「ファイト!」。
いやー、この一曲だけで今回チケット入手の苦労が報われました。
最高です!。聴いていてゾクゾクしました。

昼過ぎで仕事を終えて一旦帰宅。
再び電車に乗り17:15東武線新越谷駅着。
Img20070821_172715会場のサンシティ越谷市民ホールには17:27到着。
ここで仕事電話あり。トラブル対応の相談。こんな日は止めてよ!。
まぁ、事なきを得て会場へ。
ステージ上は”Country Life is a Voyage”と書かれた円形のカーテンに覆われていた。


18:30開演。
CD音源の「まァ取り敢えず」が流れカーテンオープン。
待望の一曲目は「言葉」でした。
途中かまやつさん登場。東京近郊だけお付合いすると言ってましたがどうなんでしょう?。
今回のツアー選曲はじっくり聞かせる系です。シンプルです。
新曲も2曲披露。

アンコールのラストは「虹の魚」。
「苦しくても~息切れても~」を繰り返していました。

21:00終演。

次はパルテノン多摩行きまーす。

| |

« 2007年吉田拓郎ツアー15 | トップページ | パルテノン多摩下見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2007年吉田拓郎ツアー越谷:

« 2007年吉田拓郎ツアー15 | トップページ | パルテノン多摩下見 »