« 富士スピードウェイで見たものは | トップページ | 祝!和田峠開通 »

2007年10月 6日 (土)

多摩川下流部

午前中自転車いじりのあと洗濯、布団干し、部屋掃除など主夫していたらあっという間に昼に。せっかくの晴天なのにもったいないけど二週続けて週末外泊してしまったので体勢を立て直さないと。
13:00出発。多摩川CRで羽田折り返し多摩水道橋~是政橋折り返し17:10帰宅。
二週間ぶりの走行だけどすっかり足が普通の人に戻ってしまったみたい。走っていて本当に二週間前に大弛峠越えたの?って疑いたくなるくらいの足。
Img20071006_140934台風9号の洪水から一ヶ月経過したので下流の様子を見に行った。
大田区の多摩川河川敷にあるグランドでは多くのところで整備工事が進んでいた。堆積した粘土状の土砂を取り除き砂を入れて整地中。ダンプがほこりを巻き上げて通る。CRは羽田まで全通しているものの埃っぽい場所あり。

 

Img20071006_151346川崎側の土手には曼珠沙華が咲いていた。
昔より年々多くなっていくような気がする。






Img20071006_154025すっかり水量の減った多摩川
登戸下流の宿河原堰には国土交通省の車両が。よく見るとポンプ車で多摩川の水を吸い上げてニヶ領用水に流していた。
対岸の狛江の緑地には崖が形成されている。


 

Img20071006_154526土砂に埋まったニヶ領用水取水口
水位が下がった後には大量の土砂(粘土状)が取水口の水路に堆積したため用水に水が流れない状態となってしまった。このため上の写真のようにポンプ車でくみ上げた水をホースで用水に供給していた。いずれ浚渫することになるだろうけど大変な作業。

 

Img20071006_155611対岸の狛江の緑地の崖
気になったので現場に行ってみた。
高さ3mくらいの崖になっていた。断面を見ると砂利と粘土の層になっていて簡単に崩れる。今後増水するたびに削られて狛江側の緑地は消失してしまうのか?



Img20071006_163621是政橋と南武線鉄橋の間ではススキが白い穂を出して夕日に輝いて良い感じ。まだツクツク法師が鳴いていたけれどやっと秋になったなー。





走行時間:3h32m、距離:76.6km、AV.21.7km/h

|

« 富士スピードウェイで見たものは | トップページ | 祝!和田峠開通 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/16680255

この記事へのトラックバック一覧です: 多摩川下流部:

« 富士スピードウェイで見たものは | トップページ | 祝!和田峠開通 »