« 新丸子線(送電線) | トップページ | 川本から川島へ »

2008年1月27日 (日)

荒川左岸CR

1月26日(土)。今日は予定通りくりやんとの行事に参加するため羽生に向かう。
4:30起床。真っ暗。早速アメダスで気温と風をチェック。夜通し風があったためそんなに厳しい冷え込みではないが埼玉方面は氷点下の世界。風も北よりの向かい風。
かねて準備しておいた防寒を施す。特に体前面にはパンツからおなかにかけてユニクロのチラシを差し込んでおいた。チラシにはヒートテック素材や防寒着の写真がいっぱいあるので普通のチラシよりも暖かいに違いない(^^)
5:50出発。多摩川CR~都19、都12~ひばりが丘~県36~志木~羽根倉橋~荒川左岸CR~糠田橋~県76~川里~県32~11:00羽生梅林堂で土産購入。eneosでくりやんと合流、11:40会場のゴットさん宅着。
昼は庭で竹を燃やして蒸篭で蒸した手製の肉まんとあんまんを子供達と一緒に食べる。畑で収穫した野菜を使った夕食までごちそうになる。楽しいひと時とおいしい食事ご馳走様でした。
21:10出発、21:20実家着。
Img20080126_082701治水橋のそばにある運動公園内の池も全面凍結
2時間半休まず走りつづけやっと休憩。ここまで一番寒かったのは手の小指だった。ユニクロのチラシはその効果を十分発揮し、下半身の冷えは全くなかった。ビンボー人の防寒には紙が最適か。



Img20080126_090421荒川左岸CR
R16の新上江橋をくぐって左岸CRを進む。右岸CRと違って河川敷内を主に走る。道幅は広くなく曲がりくねって起伏に富むコース。スピードは出せないけれど変化があるので飽きない。


 

Img20080126_090934牧場もあったりした。







Img20080126_091032荒川本流のすぐ脇を走ったりする。
荒川CRを走る自転車はほとんど右岸CRを使うのでこっちはほとんど自転車に会わなかった。





Img20080126_092130左岸から見たホンダエアポート
吹流しは真横にたなびき結構な向かい風。
秩父の山は先日降った雪で白くなっていた。





走行時間:4h39m、距離:94.7km、AV.20.3km/h

|

« 新丸子線(送電線) | トップページ | 川本から川島へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/17865821

この記事へのトラックバック一覧です: 荒川左岸CR:

« 新丸子線(送電線) | トップページ | 川本から川島へ »