« 年明け走行 | トップページ | 仕事始め »

2008年1月 6日 (日)

横須賀水道みち

自転車で都心に出るときに良く使う荒玉水道道路という一直線な道がありますが、同じような直線路が横須賀水道みちとして存在しているという話を正月帰省した折に藤沢に住む兄から聞いたので見に行ってきました。
10:10出発。多摩川CR~多摩水道橋~都3~都57~境川CR~町田~県51~相模三川公園~11:50相模川にかかる水道橋~水道みち~14:05藤沢市境川CR~都57~都3~多摩川CRで16:30帰宅。
Map20080106愛川町半原で取水された中津川の水を横須賀市逸見浄水場まで水を引くための送水管が埋設されています。その上が直線の道路となっています。
今日は相模川から境川の区間をたどってきました。




Img20080106_115005相模川にかかる水道橋
人や車両は通れません。何度かここを通ったことがあるのですが横須賀水道とは知りませんでした。





Img20080106_115147ここから今日の水道道路の旅の始まりです。
何があってもまっすぐ進むって気分良いですよ。






Img20080106_121037スタートしてしばらくすると水道道路は田んぼの中の道となり通行不能区間などあり早くも迂回しながら進みます。
緑道工事を行っている区間がありました。





Img20080106_121701いよいよ台地に突き当たります。







Img20080106_122358登りきったところに東名高速が通っていました。
高速を越えるといったん谷に下ってその先の台地に登り返しです。勢いを付けて行きたいところですが谷底に信号機つき交差点があるので突っ込めません(^^)




Img20080106_123608 目久尻川の橋の脇を通る水道管







Img20080106_124845東海道新幹線の高架をくぐります。
高さ1.6Mという標識がありますが非常に低いです。一応自転車に乗って通過できました。
今度東海道新幹線に乗ったときこの場所を特定してみましょう。


 

Img20080106_132721引地川を越える水道管
ここも橋がなくて迂回させられました。






Img20080106_133337水道道路沿いには何種類かの標識が見られました。
この「海」は旧日本海軍の標識です。
もともと水道道路は海軍が横須賀軍港に水を引くために建設されたものだそうです。




Img20080106_135135小田急江ノ島線の踏切を越えるとまた谷を挟んだアップダウン風景が。ここですごい既視感を感じました。谷に下ってその理由がわかりました。藤沢の兄の家のすぐ近くだったのです。
普通なら立ち寄っていくのですが日没との勝負になってきていたのでパスです。

 

Img20080106_140201R467を越えると再び谷が。
ここが境川の谷だったのです。






Img20080106_140605水道道路は境川を越えて鎌倉方面へ
相模川からここまで何度か迂回したものの23.3kmありました。

いつかこのさきへ、つづく・・・・。




走行時間:5h24m、距離:112.0km、AV.20.7km/h

|

« 年明け走行 | トップページ | 仕事始め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/17601993

この記事へのトラックバック一覧です: 横須賀水道みち:

« 年明け走行 | トップページ | 仕事始め »