« 伊豆半島へ | トップページ | 伊豆半島離脱 »

2008年5月 1日 (木)

伊豆西海岸

4月27日(日) 2日目
雨がテントに当たるパリパリという音で目覚めます。時刻は2:30。昨夜寝る前は星空
だったのに。まだ夜明けまで2時間以上あるので気にしないで寝ます。
4:30目覚めると相変わらず雨が降り続いている。横になったままラジオの天気予報を
チェックすると今日は朝のうち雨で後晴れるとの予報。止むまで寝ることに。
6:00には雨の音は消えたが一向に朝日が差してきません。濡れたテントをたたむのは
苦行なのです。でも昨日の雨で走り残した分を今日取り戻さなくてはならないので少しで
も早く出発しなくては。テントをタオルで拭いて水を切り少しでも乾かします。茶を沸かし
パンの朝食をゆっくり摂ります。
P50_20080427_072622 1日目のキャンプ地 片瀬
周囲はみかんの木が植えられていて、まだ収穫前の品種もありました。下草がふわふわで寝心地はとても良かったのですが地図に載っていたオートキャンプ場はどこだったのでしょうか?




Map20080427_3 今日のコース。
片瀬を出発してR135~下田~R136~県16~石廊崎~県16~R136~松崎~土肥のキャンプ場。
出発時間がかなり押している上、昨日以上のアップダウンが予想され途中の温泉はあきらめ。



9:00片瀬のみかん畑を出発。R135に出て南下。今井浜あたりから日差しが出てきて
海が青くなりました。
P50_20080427_094722 当初の目的地だった今井浜
すでに予定より3時間遅れです。






P50_20080427_095026 当初入る予定だった今井浜海岸の温泉施設。







P50_20080427_101158 本根岬あたりから後ろを振り返って
海に突き出している岬の場所では毎回登らされ、へこんだ入り江に向かって下ることを繰り返してきました。





10:30白浜休憩(24.6km)。昔より白砂が少なくなったような気がします。
10:55下田港(29.2km)。玉泉寺に立ち寄ります。
P50_20080427_110422 玉泉寺の牛乳
玉泉寺はハリスが初めて米国総領事館を開設した場所だそうですが、それ以上に「へぇ~」だったのが日本の牛乳発祥の地だということでした。さっそく1本ビン牛乳130円をいただきます。森永牛乳でした。



P50_20080427_111824 なまこ壁
下田市街を少しうろうろ走りました。






下田からはR136を走ります。
P50_20080427_114032銭瓶峠
下田市と南伊豆町の境となっている峠。
標高は45mくらいしかありませんが初めて峠の表記がありました。
写真を撮っているとロードバイクでツーリング中の人から挨拶もらいました。


時間がありませんが伊豆半島南端は押さえておきたいところです。R136~県16で石廊崎を目指します。 石廊崎までの県16は予想に反して海岸に沿ったほぼ平坦な道で距離が稼げました。
P50_20080427_115448弓ヶ浜海岸
海岸の向こうに見える山が緑のパッチワークのようです。






12:15石廊崎(49.9km)。岬まで遊歩道を往復します。

P50_20080427_122810 石廊崎
30年ぶりくらいに来ました。






P50_20080427_124742 つぼ焼き
駐車場の売店では店先でサザエのつぼ焼きを売っていました。写真で撮る分には無料です。





12:55石廊崎出発。ここからの県16は登りの連続となりました。
P50_20080427_130844 あいあい岬
ひとしきり登らされたところで展望の良い場所に来ました。
写真を撮って休まねばなりません。

県16~R136に戻り妻良に向かう上り坂で突然「カツン」という音がしました。走りに問題は無いのでゴムバンドが切れたかなと思い停車して調べると、何と後輪のスポークが1本切断していました。
幸いリムの歪みは少なくブレーキにふれることが無かったので走りに問題は無かったようです。でも1本切れると他のスポークに余計な負荷がかかって切れやすくなるらしいのでどこかで修理しなくてはなりません。

この先にある自転車屋のありそうな大きい町は25km先の松崎です。そこまではいたわりながらの走りです。妻良からさきはマーガレットラインと呼ばれるエンジン付の乗り物にはご機嫌なルート。人力の乗り物には地獄のルートでした。


<<松崎の自転車屋めぐりツアー>>(こんなオプションは計画していませんでした。)

P50_20080427_151408 松崎の町が見えた(89.1km)
松崎の町で自転車屋探しです。
1軒目:バイクがメインでおまけでママチャリを売っている店発見。「ウチじゃ修理やってないよ」とのことで次の店を教えてもらいました。

2軒目:「スポーク?長さは?」といってメジャーで寸法を測っています。スポークも持って来ました。修理できそうです。しかしここにはスプロケットをはずす工具が無かったのですorz。でも工具を持っていそうな次の店を教えてもらいました。

3軒目:「スポーク?。スポーツ車用のね」といって店番のおかみさんがオヤジさんに電話して戻ってくるよう連絡しています。
P50_20080427_154426 お茶とお菓子が出ました。
オヤジさんが戻るまで待ってくれとのことでお茶が振舞われました。自転車屋でこんな待遇受けたの初めてでとてもうれしかった。
幸運にも?この店にはスポークも工具もそろっていたので修理できましたが、車輪はずし、スプロケット外し、取り付け、スポーク交換すべて私がやらされました。終いにはフレンチタイプの空気入れが無い!と言われ、自分の携帯インフレータでシュコシュコ空気入れました。唯一、リムの振れ取りはオヤジさんのこだわりがあるのか目つきが変わって職人になっていました。
修理代は1000円。でも高くありません。砂漠でオアシスに出会ったようなものです。
地方ではスポーツ車を扱うことが無いのか対応できる自転車屋は限られているようです。

16:20松崎出発。今日の目的地土肥まで何とか走れそうです。
17:35土肥のさざ波キャンプ場到着(110.8km)
P50_20080427_181430 さざ波キャンプ場
到着するなり「自転車はめずらしいネェー」と言われました。自転車は1張り900円。シャワー施設もありますが土肥は温泉地なので温泉に行きます。




P50_20080427_182358 土肥港の夕焼け
テント設営後食事と温泉に向かいます。






P50_20080427_184854 夕食は海鮮丼1575円
ウマー!!






P50_20080427_191536 食後は温泉
町の一番奥にある元湯温泉300円
ほとんど地元の人しか入らないらしいです。このときも私一人の貸きり状態。
お湯は熱ーい!!



1日の最後が気持ちよく終われればその日は良い思い出です。

走行時間:6h12m、距離:115.7km、AV.18.6km/h

|

« 伊豆半島へ | トップページ | 伊豆半島離脱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/41058021

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆西海岸:

« 伊豆半島へ | トップページ | 伊豆半島離脱 »