« 夏休みツーリングプラン | トップページ | 横須賀水道みち(横須賀編) »

2008年7月12日 (土)

猛暑のち雷雨

4:40起床。今日は日帰り自走圏内では最高の柳沢峠を目指す予定で4時
起床予定であったが前夜、ゲド戦記を最後まで見てしまい寝坊した。40分
の遅延。

5:20出発しようとしたら前輪がペチャンコ。先週のパンク修理が完全では
なかったようだ。精神的にガックリしながらもパンク修理。原因は修理した
のとは別の場所にピンホールが開いていた。チューブがタイヤ内側と擦れ
て開いた模様。そろそろタイヤ交換時期かなぁ。さらに30分の遅延。

5:50出発。多摩川CR~羽村~新奥多摩街道~青梅~R411に入ったとこ
ろで前輪に変な模様が・・。停車してみると先週写真に撮った穴が拡大を
始めていた。これはバーストの恐れがあるのでまずい。柳沢峠断念!。
タイヤ空気圧を下げて折り返す。~羽村~多摩川CRで10:10帰宅。

帰宅後、パセラ700C×32のホイールに交換。ついでに早めの昼食。ところ
が昼食を食べたら急に眠くなり昼寝。

13:00休養十分で再出発。もはや奥多摩に向かう時刻ではない。気温は35
度くらいまで上昇しているので部屋にいるよりは自転車で風を受けて走って
いるほうが涼しい。
多摩川CR~中央高速下まで行くと八王子方面の空が真っ黒。干してきた煎
餅布団のことが頭をよぎる。急いで折り返すが発生した雷雲に向かって吸
い込まれる南風がすでに強まっていた。
P50_20080712_131452夏の花、ひまわり
久しぶりの青空をバックに大きく広がった黄色い花びらが”夏”を告げています。





P50_20080712_134842 昼下がりの炎天多摩川CR
部屋にいるよりはましとは言いながら強烈な直射日光をあび、路面からの照り返しを受け、草むらからの熱気に包まれ暑い!。
この時間皆さんは奥多摩の高いところを爽快に走ってるんでしょうね。



P50_20080712_144322 一転俄かに掻き曇り
必死に走ったものの雷雲の動きは早く多摩水道橋では頭上にまで雲が広がって来ました。低く垂れ込めた雷雲の底からは雨がカーテンのように落ちているのが見えます。煎餅布団危うし!




結局14:50帰宅。布団を取り込み自転車にカバーをかけたところでドーッと雨
が来ました。後5分遅かったら今夜は濡れ煎餅布団で冷や冷や快眠になると
ころでした。

雷雨は激しく落雷を伴いながらも30分ほどで通過。気温が一気に下がりすご
しやすくなりました。府中のアメダスでは14時35.2度→15時25.2度と一気に10
度も下がりました。雷クーラー恐るべし。しかしその後日差しが戻り16時には
29.9度まで上昇してしまいました。
路面も乾いたので走行可能だったとですが走りたい気持ちはすでにシャワー
で汗と一緒に洗い流した後でした。

走行時間:5h52m、距離:149.1km、AV.25.4km/h

|

« 夏休みツーリングプラン | トップページ | 横須賀水道みち(横須賀編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/41814172

この記事へのトラックバック一覧です: 猛暑のち雷雨:

« 夏休みツーリングプラン | トップページ | 横須賀水道みち(横須賀編) »