« なんてこった細尾峠 | トップページ | スピードメータ取付 »

2008年8月23日 (土)

最終日雨雲に捕らえられる

8月16日(土)8日目
5:50起床。久しぶりの布団は柔らかすぎ、夜の蒸し暑さもあってなかなか寝付けず久しぶりに遅く起きた。
朝食後、洗濯、テントやシュラフを干して手入れ、自転車も洗車し注油、チェーンワックスを塗布して整備。
荷台をはずして近所を周回する。
10:00出発。県412~志多見~農道をつないで緑のヘルシーロード~利根大堰~利根川CRで12:20帰宅。
P50_20080816_092944 秩父鉄道を走る京浜東北線車両







P50_20080816_094056 電車を追っかけていったら武州荒木という駅にたどり着いた。







昼食後の昼寝は心地良し。15時過ぎ御先祖様を送り出すと天気は急変して強い雷となった。

走行時間:1h48m、距離:36.0km、AV.20.0km/h

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

8月17日(日)9日目
5:50起床。明日からの仕事に備え自宅に帰らねばならないのだが昨夜の雷雨の雨が残り出発を見合わせ。
11時過ぎてやっと止み路面が乾いた12:20羽生出発。荷物はいつ雨に降られてもよいようにビニール袋に入れて対策済み。今日は最短距離で帰ることにする。

県32~川里~農道~県76~糠田橋~荒川CR~入間大橋付近で霧雨に遭遇。R16の上江橋あたりから本降りとなり安いカッパを上だけ羽織る。今回のツーリングも残りあと45キロ。ついに走行中本格的な雨に捕らえられてしまったが突き進むしかない。
P50_20080817_130642 川幅日本一
県道27号の御成橋土手上にいつの間にかこんなものが建っていました。2537mってことは恐怖の日足トンネルよりは短い。





浦和付近からはビシビシと痛いほどの大粒の雨となりタイヤからの跳ねで下半身はずぶ濡れ、上半身は汗と安カッパの水漏れでびしょぬれとなった。雨は急に降ってきたものらしくあちこちで雨宿りしているサイクリストを見かけたが、こちらはもうこれ以上濡れない状態なので開き直って走る。

羽倉橋~志木~~県36~ひばりが丘~都12、都19~多摩川CRで16:10帰宅。
7日掛けてたどり着いた羽生からたった4時間弱で自宅に到着。まるで青森まで自走して帰りは飛行機で帰ったみたいな感覚(ちょっと違うか)。

これでついに今回の旅は終わったが全身雨に濡れて感慨にふける暇は無かった。軽くタオルで体を拭き、すぐに荷を解き自転車を洗車。昨日洗ったばかりなのに~。肝心なところに注油、チェーンワックスも塗布して終了。出発前よりもずいぶんきれいになった。

走行時間:3h39m、距離:81.00km、AV.22.2km/h

|

« なんてこった細尾峠 | トップページ | スピードメータ取付 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/42251257

この記事へのトラックバック一覧です: 最終日雨雲に捕らえられる:

« なんてこった細尾峠 | トップページ | スピードメータ取付 »