« 大山千枚田 | トップページ | 東京湾岸自走 »

2008年9月16日 (火)

嶺岡林道と南房総周回

9月14日(日)
5:20起床。海沿いなのに明け方は寒くて目が覚め、押入れから毛布を引っ張り出して掛けた。窓を開けっ放しでタオルケット1枚で寝ているほうが悪い。
部屋の正面からは海からの日出が見られるようなのだが曇っていてNG。5:50からのNHKの天気予報をチェックする。当初の予報よりも良くなっているが、レーダーには房総南部を通過中の雨雲エコーが見られた。実際出発しようとした6時過ぎぱらぱらと雨が落ちてきた。
P50_20080914_054416 部屋の様子
写真に撮るときれい。
窓からは海が見える”オーシャンビュー”だ。
エアコンは1時間100円だった。もっとも今年は真夏でもエアコン無しで生活できたので封印したまま。



P50_20080914_055050 フロントバッグの中身公開
着替え、部屋着、歯ブラシ、髭剃り、カッパ、予備チューブ、携帯工具、予備電池(エネループ)、100円ラジオ、地図、コンパス、旅のメモ帳、ギガビート、これにタオル。




Map20080914 今日のコース
当初は天気が悪そうだったので適当に走って原岡海岸あたりを目指そうと考えていたが一日フルに走れそうなので予定変更。鴨川から県89と嶺岡林道で岩井まで往復しその後南房総海岸線を走ることにした。



6:20出発。まだ小雨が続いている。路面はしっとり濡れるくらいで走行には問題なし。R128~県89~旧水田家住宅~県89~8:00道の駅とみやま休憩(28.0km)。
P50_20080914_070052_2 小さな峠を越えた先に広がる風景
県89は日曜の早朝ということもあり昨日走った県34よりも交通量が少なく静かで落ち着いて走れた。





P50_20080914_071958 途中にあった旧水田家住宅
案内ではここから300mとなっていた。上り坂の県道よりも一段ときつい上り坂を300という数字を信じて登ったが500mほどあった。蛇行して走ったせいかな?
せっかく到着しても朝早すぎてまだオープン前だったりする。



これで一旦県89による房総半島横断終了で休憩後嶺岡林道で再び鴨川を目指す。
8:20道の駅出発。岩井のR127を少し北上して嶺岡林道入り口~嶺岡3号林道~嶺岡4号林道~嶺岡1号林道~嶺岡2号林道~
P50_20080914_083542 嶺岡林道の入り口
なぜか3号から始まる。周りには住宅などあり林道と言う雰囲気は全くしないが走り始めて5分もするとグングン標高を上げて林道って感じになった。引き続き雨が断続的にぱらつくが林道を覆うように木の枝が傘になってくれるので濡れずにすむ。



P50_20080914_093002 白石峠
峠の標識など無いが持参した地図によるとここが白石峠(170mくらい)。写真奥の鴨川市側に下れば大山千枚田はすぐ近く。今日は峠の右手に見えているゲートをくぐって嶺岡1号林道に進む。嶺岡林道は尾根上のコースになっていて奥武蔵グリーンラインを小型化したものと思ってもらえればよい。


P50_20080914_095702 林道最高点
林道の最高点は1号の愛宕山を巻く付近で365mくらいだが千葉県内で一番標高の高い道路となっている。
写真は愛宕山にある自衛隊施設の入り口。千葉県の最高峰は一般人の侵入を頑なに拒否し続けている。



P50_20080914_101526 嶺岡2号線を走っていると行きに県89から登った旧水田家住宅の案内があった。こちらからは200mとの表記だったので再び見に行く。
時刻も10時を過ぎていて見学OKになっていた。現在は大学の施設となっているそうでよく管理され床はぴかぴかに磨かれていた。


P50_20080914_104444 パラグライダー滑空所
2号林道脇に見晴らしのよい場所がありパラグライダーをやっていた。この地域では稲刈りが終わると解禁になるそうです。動力の無い風頼みの乗り物なので稲のある田んぼに着地しちゃまずいものね。



県247~11:05太海に戻る(63.7km)。引き続き太海~R128~下三原~県297(房総フラワーライン)~R410、県251、一番海沿いの道を繋いで13:05野島崎灯台着(98.9km)
P50_20080914_121600 房総フラワーライン①
県297の房総フラワーラインに入ると反対側を反射ベストを身に着けた多くのサイクリストが通過するのに出会った。後で調べるとブルベ200kmのコースになっていたようだ。皆さんにすれ違うとき挨拶をかわす。



P50_20080914_132956 房総最南端野島崎
野島崎灯台は200円で登れる。いまいち見通しが悪く伊豆諸島は見えず。





13:40野島崎出発。R410~県257~洲崎を周り~館山~一番湾寄りの道~
P50_20080914_135304 海岸沿いにCRがあったので入り込んでみたら、そこはサンドトラップの連続。砂浜海岸沿いだから風で砂が堆積してしまう。作るだけ作ってメンテナンスしないなら作らないほうがよいと思う。すぐ隣にはきれいな舗装の県道があり交通量も少なくそっちのほうがよっぽど快適。



P50_20080914_141824 房総フラワーライン②
県257道の房総フラワーラインに入ると両側に花が植えられ、名に恥じないように管理されている。右側にはススキが。





県302~15:10那古観音(131.km)
P50_20080914_152114 坂東33番那古観音
2006年夏に坂東三十三観音めぐりをしたときは平成の大改修中で観音堂は工事中でその姿を見ることができなかったので今回リベンジ。
修理は夏に終わったばかりでその姿は那古の海岸沿いからも大きく見えた。


~R127~原岡で今夜の宿を物色するがみんないっぱいであきらめる。R127で1駅先の岩井まで行き、駅の観光案内所で空きを探してもらう。
P50_20080914_163230 岩井駅
再び岩井まで走ってきた。約8時間ぶり。
今日は民宿どこも混んでいて飛込みでは難しいので駅にある観光案内所の力を借りた。




P50_20080914_163646 相模湾の夕日
今夜の宿も決まりほっとして宿に向かう。16:30を過ぎたばかりなのに太陽はこんなに低くなってしまう。
この付近は三浦半島よりも南に位置しているので直接黒潮の影響を受けるので東京湾よりも水がきれい。太陽も伊豆半島の山に沈む。


P50_20080915_055936 民宿いなりやま荘
こんもりと茂った朝顔が印象的だがこれは非常階段。植木鉢とかも置いてあって大丈夫?
時間が遅いので夕食なし、朝も早いので結局素泊まりで4000円の宿。海まで歩いて1分、走れば20秒くらいかな。



走行時間:7h14m、距離:148.7km、AV.20.5km/h

|

« 大山千枚田 | トップページ | 東京湾岸自走 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/42500718

この記事へのトラックバック一覧です: 嶺岡林道と南房総周回:

« 大山千枚田 | トップページ | 東京湾岸自走 »