« 寒さと紅葉満喫ツーリング | トップページ | 栃本集落 »

2008年11月 4日 (火)

有間峠を越えて秩父へ

キャンプをするということは日常から離れた行為であり心身のリフレッシュには最適だと思っています。さらに移動手段が自転車となると全て自力でこなしていかなくてはなりません。計画段階から自分の力を評価しつつ限られた期間で走破できるであろうコース設定をする楽しみがあります。そして天気予報に一喜一憂しつつ出発の日を迎えます。

いざ出発してしまえば想定外の通行止めや急な天気の悪化、予定していたキャンプ場が廃業、パンクなどその場その場で対応しつつ計画を修正しながらスケジュールをこなしていくのはまるでロールプレイングゲームのようです。

無事帰宅してみると、大変だったこと、出会った名も知らぬ人たちのちょっとした会話、峠からの風景、すれ違いざまに挨拶だけ交わしたサイクリストの姿などがジワジワと思い出されてこれもまた楽しみの一つです。

キャンプツーリングにおいては2泊3日と3泊4日では大きな違いがあります。
キャンプツーリングの醍醐味は移動~キャンプ~移動~キャンプの繰り返しです。2泊の場合、キャンプ地~次のキャンプ地のパターンが1回しかありません。これが3泊の場合2回繰り返せるのです。キャンプ地~次のキャンプ地こそ「旅」してるって実感できるのです。

10月31日(金)
朝からブログ書き込みなどしてから6:30出発。
多摩川CR~羽村~奥多摩街道~東青梅~都28~県53~小沢峠~9:00名栗湖休憩。
Map20081031埼玉県に入ってからのコース
1日目はすべて走行したことのあるコースなので新鮮味はありませんがキャンプ装備で重くなった自転車で有間峠を越えるのは3年ぶりです。
テントは道の駅を利用する予定です。



P50_20081031_072714 今回のいでたち
いつもと変わりませんね。今回も衣類はゴミ袋利用です。
ただ、荷を解かなくても温泉に入れるように着替え&入浴セットは子袋に分けて括り付けました。
タイヤは700×28C、スプロケットは32Tのワイドに変更して峠越えに備えています。


P50_20081031_091354 青梅市成木の石垣
石垣の上は急斜面の畑になっています。

名栗湖から林道に入る頃には空は雲に覆われて陽射しが無くなり止っていると寒いくらい。でも少し登り始めると汗をかいてウインドブレーカを脱ぎます。この後脱いだり着たりの繰り返しです。


名栗湖~広川原逆川林道~12:00有間峠昼食~県73~13:15裏山ダム休憩。
P50_20081031_111924 林道の途中で有間山と蕨山の間の鞍部に上れる場所があったのでちょっと尾根道を歩いてみました。幅の広い尾根上に登山道があります。両側は樹林帯で見晴らしはほとんどありません。地面は土で、登山道の所々に「ぬた場」
がありました。土がはね上げられ、何者かの蹄の跡があります。カモシカなどもいるらしいです。


P50_20081031_120932 有間峠
右側の名栗側から上り左側の浦山側に抜けます。
ここでおにぎり昼食を取ったのですが薄ら寒く霧がかかったりして見晴らしも悪いのでそそくさと下ることにしました。




P50_20081031_121900下りで出会った紅葉
林道が標高1000mを越えると木々が色づいていますがどんよりした天気なのであまりぱっとしません。それでも裏山ダム側ではそれなりのところも。
下りはとにかく寒かったです。浦山ダムまで750mほどのダウンヒルですがとても連続で下り続けることができませんでした。


13:50裏山ダム出発。R140沿いの道~14:20道の駅荒川村~三峰口駅~R140~15:20三峰ロープウェー駅跡
P50_20081031_141146 多くの実をつけていた柿の木
あまり早く道の駅大滝温泉に着いても仕方ないのでのんびりモードで寄り道しながら走ります。
R140沿いの民家にあったいっぱい枝に実をつけている柿の木。どうすればこうなるのでしょう?



P50_20081031_143228道の駅荒川近くにはリンゴ園があります。
秩父にはブドウ園もあるしミカンも取れるし気候的に北と南の果物の接する場所なんでしょう。





P50_20081031_143344 販売所ではリンゴや野菜を販売中。1kg500円と2個100円はどちらがお得なのでしょう。
リンゴの品種名表示なのですが、気持ちは分かりますが間違っています。多分「群馬名月」です。




P50_20081031_152626 三峰ロープウェー駅に渡る橋
橋の両側にはみやげ物屋や旅館などが数軒あるのですがロープウェーは廃止になってしまい寂れた感じです。





P50_20081031_153120 三峰ロープウェー駅
2007年12月1日で廃止と決まったロープウェーの施設が残っています。ここから三峰神社への登山道が始まります。案内板では約2時間とありました。




P50_20081031_153402 ロープウェーのワイヤーはまだ張られたまま残っていました。







15:45三峰ロープウェー駅跡出発。R140~16:00道の駅大滝温泉着
P50_20081031_161818 さっそく大滝の湯で温まります。3時間600円なので少し時間調整して16:30に入り温泉と夕食をとってテレビの天気予報をチェックし、ギリギリの19:30に出ました。あとはテントを張って寝支度です。連休前の平日なのでP泊する車もほんのわずかで静かな夜です。すぐ裏を流れる荒川の水音が聞こえてきます。R140を走る車もほとんど無くなり自然の中でキャンプしている感じです。
 

P50_20081101_060932 テントは道の駅の建物の裏の駐車スペースに張りました。朝まで曇っていたおかげで冷え込みはちょっと和らいだ感じですがそれでも朝は寒さで目が覚めました。
長い長い夜を実感した1泊目でした。




走行時間:6h24m、距離:111.2km、AV.17.3km/h

|

« 寒さと紅葉満喫ツーリング | トップページ | 栃本集落 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/43013733

この記事へのトラックバック一覧です: 有間峠を越えて秩父へ:

« 寒さと紅葉満喫ツーリング | トップページ | 栃本集落 »