« 2009吉田拓郎ツアー1 先行予約 | トップページ | 荒川CR下流部 »

2009年2月14日 (土)

安比奈線

7:50起床。だいぶお疲れのようで遅く目覚めました。昨日の春一番の南風は夜中中暖かい空気を送り続けてくれましたが朝方に水道の栓をひねったようにピタッっと止み、変わってひんやりとした北風に変わりました。とはいっても12度以上もある暖かな朝です。
雨も少しは降ったようで路面が濡れています。レーダーではまだいく筋かの雨雲の列が弱まりながら南下しているのでしばらく様子見・・・しているうちに寝てしまった。

10:30出発。すでに20度を越えているので手袋もウインドブレーカも無しで腕まくりして走っても快適な状態です。多摩川CR~羽村~奥多摩街道~青梅~都53~
P50_20090214_130054 聞修院を散策するしいたけ
青梅坂を越えて都道53を一気に下った左手に茅葺の本堂を持つお寺です。
谷あいにあるため風も弱く気温は高くまるでGWの頃の感じです。ここでおにぎり昼食を取ります。



都28~県195~豊水橋~入間川CR~
入間川CRまで出たものの向かい風が強く時刻も14:30近いので荒川に出るのはあきらめ帰途に着くべく南下を開始します。
八瀬大橋~廃線沿い~
Msp20090214 廃線の位置は推定です。
走った道を家に帰ってから地図でトレースすると結構覚えているものです。今回も廃線を辿るのに細い道を結んで走りましたが





P50_20090214_142536 西武安比奈線
県道114の八瀬大橋で入間川を渡って川越市に入るとすぐに県道にクロスするように使われていない線路が見えました。廃線ではなく休止中なのだそうですが架線の木の電柱に蔓草が絡まる姿は「廃」そのものです。



P50_20090214_142744 鉄橋
鉄橋の下では鉄ちゃんのオフ会でしょうか。軌道内を歩いて辿っている人の姿もありました。その道の人たちには人気スポットのようです。




P50_20090214_143250 道路を横断するレール
警報機、遮断機は無くなり線路だけがアスファルト面に顔をのぞかせていました。





P50_20090214_143524 林の中を真っ直ぐに伸びる線路







安比奈線に寄り道してしまい益々時間がなくなります。
川越市内の農道や市道~県6~R463~県4~所沢~府中街道~東村山~小平市内~都6~野火止用水沿いの道~都16~立川~都16~多摩川CRで17:00帰宅。
出発が遅かった割には距離を稼げました。非常に暖かというより暑いくらいでカラダを動かしやすかったせいでしょう。途中3回ほど水道水の補給をおこないました。

走行時間:5h35m、距離:130.7km、AV.23.4km/h

|

« 2009吉田拓郎ツアー1 先行予約 | トップページ | 荒川CR下流部 »

コメント

こんばんは、
最近shiitakeさん、よく出演しますね(笑)
廃線跡をめぐって走るのも渋いですね。廃線跡なんてもっと地方のほうへ行かないと見られないと思っていました。
在りし日の姿を想像したり、当時の様子を推察してみるのも面白いですね。

投稿: jyuzo | 2009年2月18日 (水) 00時04分

正面姿は変装し、後姿はすっぴんです。ガハハ。

安比奈線は入間川の砂利採取を目的とした貨物線だったようです。
まだ廃線ではなく休止線扱いです。いつか復活するんでしょうか。

投稿: しいたけ | 2009年2月20日 (金) 00時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/44054284

この記事へのトラックバック一覧です: 安比奈線:

« 2009吉田拓郎ツアー1 先行予約 | トップページ | 荒川CR下流部 »