« 六本松峠 | トップページ | 拓郎LIVE 2009 »

2009年2月 8日 (日)

赤根が峠と高麗峠

6:20起床。快晴の朝。昨日南風をもたらした低気圧は北海道の東に抜けて今日は冬型。明け方前に北風に変わり、それまで冷え込んでいた地表付近の冷気を吹き飛ばしてくれて5℃もしている。日中はもっと風が強まるはずなので弱いうちに北に進んで帰りに追い風を貰う魂胆。
7:30出発。多摩川CR~羽村~東青梅~都28~都53~吹上峠
P50_20090208_101142 旧吹上トンネルを抜けた先の成木街道
旧トンネルを抜けた先の風景は峠を感じさせてくれます。






Map20090208 吹上峠からは素直に飯能→入間川CRと進もうとしましたが途中から季節風が強まりました。丘陵地帯の風下側は比較的風が弱まっているのでいつの間にか飯能の丘陵地帯を縫うようなコースとなってしまいました。




~都193~県221~赤根が峠(徒歩)
P50_20090208_102818 桑の木でしょうか
ここはまだ青梅市成木3あたりです。






P50_20090208_105540 超ミニ峠
都道193と県道221が交差する手前の畑の中の幅1mほどの野良道を辿るときれいな切り通しの峠がありました。標高差は3mも無いでしょう。
標識は無いですがここは東京都青梅市成木と埼玉県飯能市下直竹の都県境なのです。


P50_20090208_105934 飯能の長光寺中雀門
このあたりの丘陵地帯は寺院が多く、大規模な霊園などもありました。





P50_20090208_110912 赤根が峠入り口
小さな案内板が道路わきにあったので見に行きます。舗装路は途切れていますのでハイキング道です。
道は良く締まっていて大変歩きやすかったです。




P50_20090208_112142 赤根が峠(205m)
10分ちょっとで峠に到着です。周囲は木に覆われて見晴らしはありません。右側は独立行政法人都市再生機構(旧住宅都市整備公団)の宅地開発のため立ち入り禁止看板




~榎坂林道~県70~R299~巾着田(昼食)~高麗峠(徒歩)
P50_20090208_125808 高麗峠入り口
巾着田の東側を丘陵に向かって走るとここで舗装が途切れハイキング道となります。またまた歩きで行って見ます。





P50_20090208_124936 高麗峠(177m)としいたけ
久しぶりの全身写真披露です。真冬とは思えない軽装です。
15分ほど登って峠に到着。道は流水によってガレガレの部分が多く、靴底の薄っぺらなスニーカーでは痛いくらいでした。
峠から自転車に戻って13:00。もう帰途につかないと危ない時間です。


~県30~R299~入間川CR~県50~所沢~府中街道~都7~立川~多摩川CRで16:30帰宅。
P50_20090208_153956 多摩川砂漠
帰路は強い北風に押されますが、狭山、所沢などの畑地から舞い上がる土ぼこりが車道を横切り見通しが利かないところもありました。空がちょっと黄色っぽく染まります。国立の多摩川河川敷もごらんのよう。
2月下旬から3月中旬頃、強風でこんな感じになって晴れてるのに使えない日が現れます。

今日は2つの峠を訪れましたが自転車じゃないので参考記録。超ミニ峠は誰も峠とは認めてくれないだろうから無かったことに。

走行時間:6h44m、距離:141.6km、AV.21.0km/h

|

« 六本松峠 | トップページ | 拓郎LIVE 2009 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/44001377

この記事へのトラックバック一覧です: 赤根が峠と高麗峠:

» ケノーベルGoogle Earth & Map エージェントからリンクのご案内 [ケノーベル Google Earth & Map Agent]
青梅市エージェント:あなたの記事のダイジェストをGoogle Earth & MAPに掲載しました。 [続きを読む]

受信: 2009年2月10日 (火) 17時21分

« 六本松峠 | トップページ | 拓郎LIVE 2009 »