« 吉田拓郎スタジオライブだー! | トップページ | 赤根が峠と高麗峠 »

2009年2月 7日 (土)

六本松峠

6:10起床。曇ってはいるが今日は移動性の高気圧に覆われ、午後には日本海に低気圧も進んでくるので関東地方としては午後南風に変わる予報。であれば、朝のうちに南に進み午後帰ってくれば向かい風に出くわすことはなさそう。先週の分も取り返すべく今日は気合を入れてロングライドじゃ。
7:00出発。多摩川CR~都3~都57~境川CR~遊行寺~R467~R134~大磯~R1~小田原~11:10守谷のパン
P50_20090207_111426 小田原駅前守谷のパン
出発から4時間で到着。たまたまお客さんの行列が短くすぐ購入できました。今日も懲りずにあんぱん(140円)4個です。まだ暖かなあんぱんをウエストバッグに入れて走り始めると腰の周りがぬくぬくとして心地が良いです。



~R255~飯泉観音~県711~曽我梅林~大山道~12:25六本松峠
P50_20090207_112730 飯泉観音
坂東三十三観音の五番札所です。三年ぶりの再訪でした。前来た時と全然変わっていないことになぜかホッとします。いや、こういう場所は変わってしまってはいけないのです。街並みはどんどん姿を変えてしまいますが変わらないことに価値のあるものもあるのです。


P50_20090207_113716 守谷のあんぱん
ここで買って来たあんぱんで昼食です。何か昔より色が薄くなったかな?。でも餡はギッシリ入っていて甘すぎずアズキの味がしっかり出て薄皮のようなモチモチのパンも小麦の香ばしさ。いっぺんに食べると走りに影響が出そうなのでここでは2個に抑えました。


Map20090207 曽我梅林から六本松峠への道
南国小田原は温暖なところで梅も見ごろであろうと曽我梅林内の細道をのんびり走ります。そのあと丘陵を登って六本松峠をGETします。




P50_20090207_120746 六本松峠への道
県72から大山道に入ると道の傾斜が激変します。この辺はなんとも無いのですが少し進むと例のタコの吸盤舗装に変身しました。梅の花の香りが漂う中あえぎながらの登坂です。結構ハイキングの人たちが上から歩いてくるので無様な姿は見せられず変な見栄を張って余計疲れました。
自転車の場所には二宮尊徳遺髪塚というものがあります。

P50_20090207_122046 谷を埋め尽くすウメの花
あまりの急勾配の連続で一気に峠に登ることができず、途中の枝道に逃れます。
サドルの上のほうに見えているのが峠への道です。この先尾根に出たところから富士山が見えるかと思ったのですが今日はガスっていて全く見えません。ここんとこ自転車で富士山に近づくと姿を見せてくれません。

P50_20090207_122726 六本松峠(185mくらい)
大山道の登り口が40mくらいなので標高差145mで大したことなさそうなのですが、勾配が半端じゃなかったです。
ここから反対側に下る途中で道路上にあった排水溝のグレーチングの隙間に後輪が落ちてリム打ちしました。しばらくはなんとも無かったのですが県709に入って後輪がフニャフニャになりやはりパンクしていました。あのグレーチングは23Cのタイヤ幅では絶対はまります。
~県79~後輪パンク修理~R1~大磯~R134~R467~遊行寺~境川CR~県57~県3~多摩川CRで17:10帰宅。
帰路は日没時刻との戦いです。途中へばったので、境川遊水地情報センターで休憩。あんぱん3個目を食べます。少し復活し、予定通り南よりの追い風を受けてスイスイと走り続け何とか明るいうちに家にたどり着きました。
結局家に持ち帰ったあんぱんは1個だけでした。

走行時間:8h10m、距離:195.2km、AV.23.9km/h

|

« 吉田拓郎スタジオライブだー! | トップページ | 赤根が峠と高麗峠 »

コメント

もう梅がこんなに咲いているのですね~。
春の足音が聞こえてきそうです♪
それにしてもこの季節に195kmのロングライド、
しかもAV24km/h!!
ひたすら、尊敬です。

投稿: 餅男 | 2009年2月 8日 (日) 11時29分

餅男さん、しっかり足の筋肉が張ってます。
AV24km/hのうち3km/hは追い風効果ですヨ。
もうちょっと日が伸びれば訪ねた先で+αできる
んですけどね。
早く暖かくなってほしいです。

投稿: しいたけ | 2009年2月 8日 (日) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/43987252

この記事へのトラックバック一覧です: 六本松峠:

« 吉田拓郎スタジオライブだー! | トップページ | 赤根が峠と高麗峠 »