« 皮むき | トップページ | 2009吉田拓郎ツアー8 諦めが肝心 »

2009年3月29日 (日)

横沢小机林道

01:09仕事電話でたたき起こされる。寝てからまだ1時間ちょっとしかたっていない。今回は電話即現場に向かうことになっている。こんな深夜自転車で40キロ以上はなれたユーザ先まで行くわけにはいかないので、幹線道路に出てタクシーをGET。
P50_20090329_174554 タクシーサービス
今回のタクシーの運ちゃんはとってもいい人で、何かと気さくに話かけてくれるのですが、こちらは寝込みをたたき起こされた上仕事に向かうので気分が乗りません。会話は続かずすぐ沈黙となります。すると赤信号で止まったとき、急に車を降りて後ろのトランクをあけて戻ってくると「これ、どうぞ」って渡されました。タクシーでこんなサービス初めてです。たぶんこっちがすごく疲れているように見えたので個人的にくれたんだと思うのですが・・・。運転手さんもこれでパワー充電して深夜の運転頑張ってるんだろうなぁ。
現場に到着すると
運:「どうもお疲れ様でした。ゆっくりお休みください。」
僕:「これから仕事ですよ。」
運:「エエッ!。てっきり仕事帰りに乗られたのかと思って。じゃぁ、お仕事がんばってくださいね。」
だって。でも気を使ってもらっちゃってありがとう。

05:10対応終了して開放される。冷え込んでいる中、電車を乗り継いで6:40帰宅。
この時期5時半には走行可能な明るさになっているのに気づく。
これから寝るか、そのまま自転車で走りに出るか迷った挙句、朝食を食べてから出発することにした。寒い北風が吹いているので冬の格好です。

8:30出発。多摩川CR~羽村
P50_20090329_103728 羽村の堰を渡る
羽村のさくら祭りで普段は鍵のかかっている堰の上の通路が開放されていました。めったに通ることができないので記念に渡っておきます。堰の支柱の上流側になにか白線のマークがあるのに気づきました。



P50_20090329_103718 拡大してみたところ、過去の洪水時の最高水位のマークでした。一番上は平成19年9月7日、一昨年の台風による洪水でした。福生南公園がえぐられて長期間立ち入り不能となったときのものです。最下段の45.9.1は狛江で堤防決壊が起こり、住宅が多摩川に流されたときの水位です。
こうしてみると、一昨年の洪水は大惨事一歩手前だったのですね。

~奥多摩街道~青梅~R411~日向和田~梅郷
青梅あたりまで来てようやく日差しがでて寒さがいくぶん和らぎだしました。梅郷の散り終わった梅林で太陽光線を浴びて温まっていると、今朝の続きの仕事電話が入りました。また現場行くのかと思いましたが、なんとか月曜対応ということで難を逃れます。
~都45~都251~梅ヶ谷峠~都31~林道横沢小机線
Map20090329 林道横沢小机線
都道31号線を五日市駅に向かって下ると左手に金木星の里を過ぎた少し先に入り口があります。
道は砂利の多いダートです。




P50_20090329_123410 林道横沢小机線入り口
この林道は終始ダートで途中からはガレガレとなりました。タイヤを新しくしたばかりでサイドカットなどしてはもったいないですから峠までは自転車を押しました。




P50_20090329_125300 里山
峠を下り森を抜けると景色が一変して里山の風景が広がります。横沢入里山と呼ばれる保全地域です。風景に癒されますね。




P50_20090329_131016 大悲願寺ねこ
里山地区をぬけて大悲願寺のさくら並木で休憩中またもや仕事電話。里山の風景や自転車走行でストレス抜いても次々とストレスが補給されてきます。そこにねこ登場。癒されますね。




P50_20090329_135722 羽村の堰から永田橋に向かう途中の公園内の道は以前ダートと砂利だったのですが、今回通ってみると舗装されていました。
狛江のダートは何とかならんのでしょうか?





~都165~永田橋~多摩川CRで16:10帰宅。

帰路の多摩川CRは眠気との戦いでした。睡眠不足ではさっぱりスピードも乗りません。
帰宅後数時間爆睡しました。

走行時間:5h56m、距離:116.6km、AV.19.6km/h

|

« 皮むき | トップページ | 2009吉田拓郎ツアー8 諦めが肝心 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/44505646

この記事へのトラックバック一覧です: 横沢小机林道:

« 皮むき | トップページ | 2009吉田拓郎ツアー8 諦めが肝心 »