« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月29日 (水)

新緑の松姫峠

5:30起床。今日も寝坊してしまった。快晴であるがひんやりとした朝。でも予報では日中気温があがるらしい。宮ヶ瀬からヤビツ峠に行くか、先日諦めてしまった松姫峠リベンジするか、あいだを取って甲武トンネルから和田峠をこえるか、いくつかプランが浮かんだがやっぱり松姫峠に行くことにした。
6:10出発。多摩川CR~羽村~新奥多摩街道~R411~9:40奥多摩湖
P50_20090429_091304 青梅街道に素彫りのトンネル
これは白丸トンネルの旧道部分にある旧白丸トンネルです。以前は何かの資材置き場になっていて通行不可能だったのですが、最近整備されて車止めが設けられていたので進入してみました。そこには予想もしなかった素彫りのトンネルがありました。トンネルは10mくらいしかありませんがとても良い感じです。


~深山橋~R139~10:40小菅村~11:40松姫峠(98km)
P50_20090429_104432 小菅村の鯉幟
毎年恒例ですが村の谷をわたる鯉幟です。






峠区間ではおそろいのジャージを着た自転車のグループに次々とぶっちぎられついつい大人げなくオーバーペースです。
P50_20090429_113924 なんでここに車止めるかな?
松姫峠到着。しかしいつもの峠の碑との記念写真は撮れません(泣;)。
仕方ないので峠から見える山並みをおかずにしておにぎり昼食です。



P50_20090429_114332 いつもの絶景
峠から大月側に少し下ったビューポイントです。嫌になるほど下のほうに舗装路が見えています。下る途中、登ってくる自転車とずいぶんすれ違いました。こっちから登るのは辛そうだなぁといつも思う場所です。
今日は寒気も緩み日差しいっぱいで凍えることなく下ることができました。

松姫峠~R139~県505~13:00猿橋
P50_20090429_115622 峠部分と松姫トンネルが見えています。トンネルは大月側の1895mの掘削が終了。小菅側では小永田トンネルの掘削が終了。今後小菅側の掘削を行い平成24年度に供用開始の予定らしいです。




P50_20090429_123440 下りの途中でよさげな場所があったので自転車を止めて残っていたおにぎりを食べました。ただでさえ交通量の少ない国道139から少し入り込むと実に静かでのんびりします。





~R20~旧甲州街道(県30)~上野原~R20~14:30相模湖(151km)
猿橋から延々と交通量の多いR20を走ってもおもしろくないので旧道にそれました。
P50_20090429_130010 猿橋のトイレ
いつもここのトイレを利用するのですが、小便器が異常に低くて困惑します。隣に人が来ると丸見えです。自信の無い僕はいつも気配を読んでチャチャっと済ませます。




P50_20090429_133114 恋塚(甲州街道の一里塚)
今日は時間と体力に余裕があったのでR20で鳥沢駅を過ぎたあたりから旧甲州街道(県30)に入ります。取り付きからここまでが結構な登りですが、この先が峠(犬目峠540mくらい)であとはずっと下りとなり、車も少なく快適な走りができます。



P50_20090429_133848 田植え
ずいぶん急な棚田です。水が張られ稲が植えられた田んぼでは大量のオタマジャクシがウニョウニョ泳ぎ回っています。





P50_20090429_135032 鳥沢から上野原の間の県道30号線には3つの甲州街道宿場があります。あまり古い建物は残っていませんが、雰囲気は残っています。





~大垂水峠~高尾~浅川CR~多摩川CRで17:00帰宅。
帰宅後ツーリングに備えてホイール交換、タイヤを700×28Cに交換、キャリア取り付けでキャンプツーリング仕様に変身。

走行時間:9h20m、距離:201.9km、AV.21.6km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日)

風強かった

6:30起床。晴れているが路面がまだ濡れているのでしばし部屋でまったり。そのうちに南西の強風がビュービュー吹き始めてしまった。路面は乾いたものの、この強風ではCR上は走りにくくて仕方ない。とは言え、昨日とうって変わって上天気であり気温も上がってさわやかな気候なので走らないのはもったいない。
ということで近所を自転車散策に出発。
P50_20090426_114134 等覚院
境内のつつじが良い感じです。昼前だったので散策に来た人たちでにぎわっていました。





等覚院から生田緑地に向かいます。川崎側は多摩川CRから少し奥にはいると河岸段丘が侵食された丘陵地帯になるので何かと上り下りが激しく、狭い道を車に注意しながらの走行になり気を使います。
P50_20090426_121602 生田緑地の菖蒲園
緑地の緑も勢いを増してもう初夏の風情です。手前の菖蒲園ではけろろけろろとカエルが鳴いています。一匹が鳴き始めると合わせるように一斉に合唱が始まります。かなりの数が生息しているようですがその姿は全然見えません。
すぐ近くには民家園があり、大好きな茅葺の民家が移築されて展示されています。入園料500円ですが年間パスポート1000円を買えば何回でも入れるので今度購入しようなどと思う。
去年も同じようなコース走って同じ様なこと書いていたなぁ。

走行時間:3h00m、距離:64.8km、AV.21.5km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月25日 (土)

キャンプツーリング計画

朝から雨で完全休養日です。
こんな日にはゴールデンウィークのキャンプツーリング計画を練るのが一番。
Map20090425 2つのプランを検討中です。
案1:太平洋岸から福島県に入って会津地方を周って来る5泊6日の旅。
案2:碓氷峠を越えて信州に入り、志賀草津道路の渋峠を越えて帰って来る4泊5日の旅。

5月初旬2000m超の峠越えは寒さで固まりそうな気がするので案1の方がよさげですが、果たして6日間天気が持つのでしょうか。
出発まで週間天気予報に一喜一憂することになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月24日 (金)

新緑の鋸山林道

5:30起床。思いっきり寝坊した。今日はやっと代休が取れて会社はお休み。これを利用して松姫峠を越えようともくろんだのだが、1時間の寝坊で諦めた。
でも明日は雨予報なので峠を目指して走っておかねばならない。午前中は日差しがあるらしいので1年ぶりの鋸山林道に行くことにする。鋸山林道は去年の秋以降斜面崩壊で通行止めだったので、復旧しているのかわからなかったけれどその様子も見てこよう。

6:10出発。一旦多摩川CRに出たものの、寒さで手が冷たくて手袋を取りに戻る。
多摩川CR~羽村~新奥多摩街道~R411~奥多摩~鋸山林道~大ダワ~神戸岩~都205~11:50本宿たちばなやでラーメン~都33~五日市~都7~都165~永田橋~多摩川CRで16:20帰宅。
P50_20090424_094526 2週間ほど前まではピンクや黄色が広がっていましたが今は明るい緑が一気に広がってきました。奥多摩の多摩川沿いは新緑に染まっています。





P50_20090424_102752 崩壊現場1
奥多摩側から4.5キロ過ぎに崩落場所がありました。車両通行止めですがすでに復旧していて自転車は問題なく通過できます。路面には四角い落石が転がっているので踏まないように進みます。



P50_20090424_103658 だいぶ登ってきました。幸い青空が広がり日差しもあり見晴らし最高です。






P50_20090424_104442 崩壊現場2
奥多摩側から6キロ過ぎに2箇所目の崩落現場がありました。ガードレールは付け替えられていますが左の斜面はまだ防護ネットが取り付けられていないので路面上は落石で埋まっています。自転車を降りて通過します。



P50_20090424_105050 大ダワ到着。
登りが終わり運動強度が下がると寒さが滲みてきます。ウインドブレーカを持ってこなかったのでこの後の下りは寒さで固まりました。




P50_20090424_112650 檜原村側はしっかり通行止めのバリアがありました。脇が甘いので自転車はOKです。
ということで、鋸山林道は自転車であれば通行可能でした。





P50_20090424_112940_2 神戸岩の新緑
真っ暗トンネルを抜けると暗闇で開いた瞳孔に新緑の緑がまぶしいほど鮮やかに見えます。ここはもみじの新緑で
薄い葉っぱが太陽の光をすかして明るい雰囲気です。でもカラダはすっかり冷え切ってガチガチ。走っても走っても全然体が温まりません。本宿にある「たちばなや」に飛び込んで熱いラーメンを食べて少し復活しました。
この後は曇ってしまい気温は上がらず東よりの向かい風をずっと受け続けてやっと帰り着きました。
帰宅後、今日は松姫に行けなくて正解だったなぁと一人納得。

走行時間:7h20m、距離:148.8km、AV.20.2km/h

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

ラジオ録音

若い頃、ラジオの録音といえばカセットテープであった。
でも、最長のカセットテープは120分。しかも途中でリバースしなければならない。

そこで考えたのがラジオ音声をHDDレコーダに入力させて録音(画)する方法。
でも音源だけを取り出すのにDVDに焼いてパソコンに取り込むなどの手間がかかっていた。

先日の吉田拓郎オールナイトニッポンGOLDは平日の3時間番組。
ラジオ録音で会社を早引けする人なんかいないでしょう。
P50_20090421_224246 そこで急遽これを購入
SANYOのICR-RS110MというICレコーダ。
ICレコーダにFMとAMのチューナを内蔵しているのでラジオが聴けてさらにラジオのタイマー録音ができます。録音したデータはMP3形式の音声ファイルでマイクロSDカードに保存され、パソコンとUSB接続すればパソコンにすぐファイルを取り込めます。
これならテープのリバースなんか気にせず長時間連続録音が可能なのです。
電源はエネループが付属しているのでデジカメと互換なのもGOOD。

さらに音声入力でカセットテープやレコードの音源をMP3にすることもできます。
カセットテープで持っている「たくろうオン・ステージ第二集」もこれでデジタル化してギガビートのライブラリに追加することができます。

こういう機械がもっと昔からあったら深夜放送の音源をいっぱい残しておくことができたのになぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

青梅丘陵ハイキング

5:30起床。今日も晴れて絶好の自転車日和。でも今日は目的地を決めていなかったので少しウダウダしてしまいました。とりあえず布団を干して部屋を換気してちょっと掃除したりして気分を変えます。
8:50出発。多摩川CR~羽村~新奥多摩街道~東青梅~鉄道公園~青梅丘陵ハイキングコース散策~東青梅~新奥多摩街道~羽村~多摩川CRで15:40帰宅。
P50_20090419_095644 出発して1時間しかたっていないのに早くも休憩してパンとコーヒー牛乳で補給しました。結局どこに行くということも無く、とりあえず多摩川CR的な走りで気合が入っていません。セブンイレブン前の土手に腰を下ろすとすかさず雀がやってきました。コンビニの白い袋に反応して何か貰おうとしています。まるでハトのような根性の持ち主です。


P50_20090419_100622 CRわきの土手に腰を下ろして食べていると、後ろのCR上を「シャー」というチェーン音を立てて自転車が疾走していきます。低い位置から見ると結構迫力あります。





P50_20090419_114412 青梅丘陵ハイキングコース手前に自転車を止め、ハイキングコースを散策することにします。芽生えたばかりの新緑はまさに「もえ木色」です。さくらが終わってからの木々は日々変身していきます。




P50_20090419_114952 ハイキングコースは急坂も無く尾根上を辿ります。所々青梅市街地を見渡すポイントがあり、多摩川対岸の丘陵も新緑のパッチワークになっています。





P50_20090419_115846 青梅坂トンネルの上にある旧峠
尾根上を通るハイキングコースになぜか橋が架けてあります。下に降りてわかったのですが、ここは小木曽街道の青梅坂トンネルの上にあたり、トンネルができる前の峠の切り通しだったのです。



走行時間:5h04m、距離:105.4km、AV.20.7km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)

2009吉田拓郎ツアー11 遅ればせながら

遅ればせながらようやくニューアルバム「午前中に・・・」を手に入れることができました。
P50_20090418_183510 NHKホールの追加公演チケット先行受付応募ハガキも無事入手でき、ようやくスタートラインに立てました。
さっそくハガキに記入して切手を貼って明日投函する準備万端です。

ハガキによると、追加公演は収録されるそうで、たぶんDVD化されるのでしょう。また出費させられるのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三浦半島周回

5:30起床。昨日の雨はたいしたことなく路面はすでに乾いている。天気予報は北の風のち南の風と言っているので、今日は南に走りに行って追い風をいただくことにした。

6:30出発。多摩川CR~六郷橋~R15~横浜~R357~八景島~R16~横須賀~R16~県209~浦賀~県210~久里浜~R134~県215~12:30三崎漁港(114km)~県26~R134~荒崎寄り道~15:00江ノ島(157km)~R467~境川CR~都57~津久井道~多摩川CRで17:50帰宅。
P50_20090418_072250 多摩川CRの新幹線橋梁の下流側土手はうす紫の花で埋めつくされていました。数年前はこんな花咲いていなかったのですが、どこかの帰化植物でしょうか。相変わらず花の名前は詳しくありません。




P50_20090418_082638 山下公園前のイチョウの並木も一斉に若葉が吹き出してきました。横浜港は開港150年で今日は巨大蜘蛛ロボットが徘徊したらしいです。





P50_20090418_105942 三浦半島も先端の方に行くとこんなものを干しているところがありました。コンブでしょうか?

ネットで調べたら「三浦の早煮こんぶ」だそうです。




P50_20090418_114946 三浦海岸
三崎でマグロが目的だったのですが、どうにも腹が減ってここでコンビニで食料調達。海を眺めながら食べてしまいました。
左手の岬の先端の煙突は久里浜の火力発電所。対岸の正面に見える高い山はたぶん鋸山。



P50_20090418_122744 自転車乗り人気店
店の前に20台くらいのロードが整然と駐輪されています。自転車乗りに占拠され「現在満員です」の張り紙が出ていました。さっき食べたばかりなので三崎のマグロはパスして先に進みます。




P50_20090418_132438 荒崎海岸
R134を左にそれ荒崎に寄ってみました。海岸に露出した地層がシマシマ模様を描いています。三浦半島南部や房総半島南部にはシマシマがいっぱいあります。




P50_20090418_145614 江ノ島ねこ
せっかく江ノ島に来たので猫に会って行きます。でもなんでこんなに不機嫌な顔なの?

江ノ島に渡る橋の上は駐車場待ちの車が渋滞していました。車は停めるところが無いと大変ですな。


走行時間:9h03m、距離:213.9km、AV.23.6km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月16日 (木)

柳沢峠越え

4月12日(日) 2日目
5:00起床。同室者の立てるイビキとヘリコプターの音で目覚める。山火事はまだ続いているようだ。荷物をまとめ、気持ちよくイビキを立てている人の邪魔をしないよう静かに部屋を出る。外はうす曇でそんなに冷え込んでいない。
自転車に荷物をつけていると、ユースに宿泊していた年配の方から声をかけられる。その人も昔は自転車に乗っていたそうだが、今はジョギングが趣味らしい。今日は勝沼ぶどう郷マラソン大会が開催され、それに出場するそうだ。

5:40勝沼ぶどう郷ユース出発。宿どまりでこの早さのチェックアウトはちょいと異常かなと思いつつ~広域農道~県38~6:05塩山駅(5km)
P50_20090412_054628 山火事継続中
強い東風はおさまっていますが煙がたなびいています。
ユース付近は標高550mほどあり、周囲はぶどう畑が広がります。桃はもう少し標高の低いところで栽培されています。やっぱり桃は一宮、ぶどうは勝沼ですね。



P50_20090412_060642 塩山駅
ユースには素泊まりだったので、柳沢峠登坂に備えて朝食をとるため駅前まで下ります。コンビニを見つけて朝ごはんです。





Map20090412 塩山から裂石までのルート
塩山付近で標高400mちょっと。ここから裂石900mくらいを経由して柳沢峠1472mまではひたすら1070mほど上りが続きます。





~県201~6:50慈雲寺~7:50裂石(16km)
P50_20090412_065054 慈雲寺のイトザクラ
このさくらは甲州市の天然記念物に指定されています。残念ながら花はすでに終わっていて微かにピンク色を残していました。





P50_20090412_070436 白い花はスモモ?
標高が上がってくると桃のピンクの花からスモモの白い花に変わってきます。
今回はR411を使わずに並行して走る県201を上ります。国道ではずっと先まで直線の上り坂が続くので精神衛生上よろしくありません。民家の間を走り適度にカーブがあって見通せない県道の方が辛さが和らぐからです。

P50_20090412_074842 裂石
標高約900弱でここまで500m登ってきました。県201とR411の交差点角のある番屋茶屋の自販機で紅茶系を購入して一服です。ここまでの上りは直登するようなきつい傾斜が数箇所あって意外と消耗させられました。でも気分的には半分終わった感じです。


~R411~9:00柳沢峠(26km)
P50_20090412_085536 R411の登り
R411に入ってさらに峠を目指します。裂石から先のR411は新しく取り付けられた橋やトンネルで道幅も広く傾斜も一定となり意外と走りやすい区間です。登るほどに谷間の上に富士山の姿が浮かび上がってきます。
この時間に峠から下ってくるロードの人とすれ違いました。いったいどこから走ってきたのでしょう?

P50_20090412_090032 柳沢峠(1472m)
今年もこの峠まで来ることができました。塩山駅から21km、標高差1070mをリアル時間で約3時間かかりました。
この峠の標識は本当の峠まであと200mほど手前の裂石側にあります。峠はバイクの人たちに占拠されていたので
休憩無しで奥多摩方面に下りました。さすがに標高1400m以上では、下りに入ると寒さを感じ、持参したウインドブレーカが初めて役に立ちました。
柳沢峠~R411~9:45丹波山村(44km)~10:35奥多摩湖(60km)~青梅~奥多摩街道~12:15羽村(95km)~多摩川CR
P50_20090412_094902 丹波山小学校のさくら
柳沢峠から丹波山村中心部までは下り一方です。信号機も無くノンストップで長い下りを堪能できます。





P50_20090412_103748 奥多摩湖の大盛焼きそば
奥多摩湖畔で栄養補給します。ふたが閉まらないほど山盛りの焼きそばです。げっぷ!。





P50_20090412_121804 羽村のチューリップ畑
羽村の堰の上流にあるチューリップ畑は一斉に花が開いて赤黄ピンクのしましま絨毯です。





P50_20090412_132244 立川運動公園裏のさくら
ここのさくらの盛りは週末に合わなかったので良い写真が撮れずじまいです。でもこんな状態でもシートを広げて花見している人たちでいっぱい。
甲州に行けば桃が盛りなのにねー。



P50_20090412_141200 最後の休憩
まだ14時過ぎなのに家の近くまで戻ってきてしまいました。もっと塩山あたりでゆっくりしてくればよかったと後悔しつつ走りきった充実感を感じています。




P50_20090412_143534 地元は梨も花盛り
梨の果樹園は真っ白な花が満開。この週末、走り続けてきましたがどこに行っても里は花盛りでほんとに良い季節。桃の花見ツーリングは毎年の定番コースに組み入れることにしましょう。
見に行く時期としては多摩川沿いのさくらが満開を過ぎて散り始めた頃が良いようです。甲府盆地内でもう一泊したかったなー。

~多摩川CRで15:00帰宅

走行時間:7h31m、距離:143.2km、AV.19.0km/h

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009吉田拓郎ツアー10 午前中に・・・

15日に発売された吉田拓郎のアルバム「午前中に・・・」ですが、大阪出張から夜東京に戻ってからレコード店に行きました。

ところが、どこに行っても売り切れ!なのです。
今日は時間の都合で3店舗しか回れなかったのですが横浜と新宿どちらも売り切れでした。追加公演の応募ハガキ目当てで買い占めている人が居るのでしょうか。

これでは追加公演応募ハガキの入手無理なんじゃないのかな。
ピンチです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

桃の里

鳥坂峠を越えるといよいよ甲府盆地に入ります。
鳥坂峠からの下りは急坂で一気に甲府盆地に落ち込んでいきます。
Map200904112 盆地内の標高400mくらいまで下った後、甲府盆地の東側斜面を等高線に沿ってなるべく上り下りの無いコースを選んで桃畑の中を走ります。





鳥坂峠~県36~14:00南竹居あたり(154km)~広域農道~県34~14:40釈迦堂遺跡近くの桃畑休憩
P50_20090411_133312 標高500m以上ではさくらがまだ盛りで咲き誇っていました。







P50_20090411_135902 南竹居あたり
菜の花の黄色と葉の緑、桃の花のピンクが斜面に沿って広がります。色の取り合わせが何とも春っぽいですね。実際は気温が25度近くまで上がっているので暑くて仕方なかったのですが。




P50_20090411_140758 水仙と桃の花
等高線に沿った桃畑内の細い道を標高を落とさないようにのんびり走ります。走っても走っても桃の花がスクロールしていきます。





P50_20090411_141550 高台から見下ろした桃畑
ずーっと先、笛吹川まで桃畑が続きピンクの絨毯が広がっています。みんな桃・桃・桃。桃農家の人たちが植えた桃。
桃畑の中では農家の人たちが長い竿の先にタワシ見たいなのが付いたもので花の受粉作業をしていました。これだけの花が一斉に咲いてしまうと、蜂や蝶などの自然の力では受粉させ切れないのでしょう。自転車で訪れたヒマジンの僕は、単純にきれいだな~と言う感覚しか持ちませんが、短い開花期間にたくさんの花を受粉させる作業は時間に追われるとても大変な作業なんでしょうね。

P50_20090411_144718 桃畑
宿に早く着きすぎるので時間調整のため中央高速釈迦堂パーキングの上のほうに広がる桃畑で少しまったり。30分以上ボーっとしていました。
桃が実るのにはあと3ヶ月の時間がかかるのですね。またそのときに食べに来ようと思う。


~中央道沿いの道~県34~県38~勝沼ぶどう郷駅~16:10勝沼ぶどう郷YH着(171km)。
P50_20090411_153510 山火事発生中
中央高速沿いの道を走っていると正面の山の背後から山火事の煙が山麓にたなびいています。強い東風で延焼中の模様。これから行く宿の方向なのでちょっと心配です。




P50_20090411_161110 勝沼ぶどう郷ユース
今日の宿到着です。予定よりも早めの到着です。ユースホステルですが一般のおじさんでも泊まれます。チェックインして宿代3960円を支払います。部屋はベッドの4人の相部屋です。明日も早朝出発するつもりなので、他の人に迷惑にならないよう出口に一番近いベッドをキープします。
まだ日も高いので近くの勝沼ぶどうの丘にある「天空の湯」に行くことにします。ユースで600円が300円になる割引券をもらって自転車で向かいます。
P50_20090411_164324 テレビ中継車登場
山火事はすぐ後ろの山腹が燃えていたのでした。
ユースの前にNHKの中継車が来てアンテナ展開中。
上空には消火活動のヘリコプターが数機、水をくみ上げては山火事の現場に往復を繰り返していて騒々しい状態です。

「天空の湯」は露天風呂からの甲府盆地の眺めが最高でした。適度な湯温なのでのぼせる事も無くずっと入ったまま風景を眺めていられます。
風呂上りに駅前の食堂で夕飯にしようとしたのですが、なぜかこの週末は臨時休業の張り紙が・・。長湯したのでもう日没時刻だし、ほかに食堂も見当たらず仕方なく斜面を下って食事場所を捜索します。今日はいっぱい走ったので肉系を食べたかったのですが「ほうとう」屋しか出てきません。そのうち真っ暗になってしまい、いい加減精神的にきつくなってきたので次に見つかった場所に入る決意を固めます。
P50_20090411_185318 何を飲んでいるのか?
そして入ったところがここ。お一人様は座敷に上がらせてもらえずカウンターです。目の前には各種一升ビンがずらっと並びコップには透明な液体が・・・。
もちろん水です(^^)



P50_20090411_185354 ほうとう
結局これです。山梨はこれしかないのです。馬刺しなんてのもあったのですが、結局これです。肉全然入ってません。ヘルシーすぎるなぁ。

食後、斜面を下った分を上り返しさせられ、せっかく温泉でさっぱりしたのにまた汗をかいてしまいユースのお風呂で汗を流しましたとさ。

走行時間:9h32m、距離:184.9km、AV.19.4km/h

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

桃源郷ツーリング

4月11日(土) 1日目
4:00起床。今日から一泊二日で甲府盆地の桃の花見ツーリングです。相変わらず自宅からの自走パターンなので早起きがキモです。さっと朝食を食べ、自転車にフロントバッグを装着。今回は1泊の宿どまりなので着替え程度の軽装です。でもバッグを取り付けるだけでツーリング気分は高まります。天気は晴れで雨の心配も無く走りに集中できそうです。
5:10出発。多摩川CR~浅川CR~6:55八王子(39km)~R20~大垂水峠~7:40相模湖駅休憩(54km)~8:50猿橋(80km)~9:00大月R139交差点~R139~おひめ通り~R137~10:30河口湖駅(108km)~県714~県710~10:45川口湖畔道の駅かつやま(112km)~県21~西湖~R139
P50_20090411_052414 夜明け
この日の日出は5:14。いつの間にかずいぶん早くなっています。日出から10分ほどすると赤い円盤がぽっかりと浮かんで来ました。




P50_20090411_064658 浅川のさくら
八王子の浅川沿いのさくらはまだ花弁を残していました。






P50_20090411_090044 R139交差点
大月市街に向かわずR20をバイパスでトンネルを抜けるとR139との交差点にぶつかります。その先に真っ白い富士山が見えていました。これから富士山目指して走ることになるので、でっかい富士山を拝めるかもしれません。
甲府盆地に入るにはR20で旧笹子峠越えが早いのですが通行止めの可能性があるので迂回ルートです。

P50_20090411_101120 富士見バイパスの富士
ここから見る富士山は宝永火口が見えない角度なので山すそまでスーッと伸びた左右対称のきれいな富士山です。

R139のこの区間の登りは初走行なのですが、去年下ってきたときに感じたほどきつきは無くて助かりました。


~R358~11:40精進湖休憩(128km)~精進湖トンネル~12:10芦川入り口(135km)~県36~13:15鳥坂峠(146km)
Map200904111 富士五湖から芦川に進みます。県36芦川入り口で560m、甲府盆地の入り口鳥坂峠で1020mなので460mの上り返しです。3月の走りこみ不足であまり足に自信がありませんがまだ時刻はお昼なので時間的余裕があります。




P50_20090411_115728 精進湖トンネル
トンネル付近は標高940m。長さ約1060mのトンネル内は片側1車線ですが非常に狭いです。トンネルを抜けると急坂で県道36号線分岐まで380mほど下ります。路面には細い溝が刻まれているので神経を使います。



P50_20090411_120822 芦川入り口
ここから旧芦川村を走ります。県道が1本走っているだけの静かな村です。





P50_20090411_122646 芦川の集落
村の真ん中を芦川が流れています。甲州独特の民家の屋根が銀色に光ってまぶしいです。





P50_20090411_124316 芦川名物
すずらんが有名。街灯もすずらんです。






P50_20090411_125350 芦川の谷
芦川は山に囲まれた山村で、合併前は山梨県の自治体で一番人口の少ない村でした。民家は全てこの谷の底に張り付くように存在しています。




P50_20090411_131836 鳥坂峠(1020m)
トンネル入り口のモニュメントがスズランです。
旧鳥坂トンネルに寄り道してみましたが、完全にコンクリートで入り口をふさがれていました。




P50_20090411_131946 トンネルを抜けた先
甲府盆地がはるか下に広がります。桃の花のピンクはここでは判別できません。ここからいよいよ桃源郷に向かいます。



つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

2009吉田拓郎ツアー9 追加公演

終わったと思ったこのシリーズはまだ継続することになりました。

コンサートツアーチケットが入手できず諦めていましたが、もう一度チャンスがあるようです。
8月3日(月)NHKホール追加公演決定!

4/15(水)発売のニューアルバム「午前中に・・・」のCD購入者限定 
追加公演チケット先行受付(応募による抽選)が行なわれます。

応募締切: 専用応募ハガキにて 2009年5/8(金)まで 

招き猫の力を借りて今度こそと夢見る今日この頃・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

花見を兼ねて自転車通勤

6:00起床。昨夜の雨はぱらつく程度で終わり朝から薄日の差す天気。今日は休日出勤しなければならないがせっかくの花シーズンなので自転車で寄り道しながら行くことに。

7:00出発。多摩川CR~羽田~R131~R15~日比谷通り~皇居~内堀通り~千鳥が淵~靖国神社~目白通り~飯田橋~都8~都435で10:40仕事場着。
P50_20090405_091602 高輪消防署
二本榎出張所のレトロな建物です。昭和8年(1933)落成だそうで、内部の見学もOKらしいです。





P50_20090405_094842 千鳥が淵
さくらの名所はすごい人出。人の流れがとぎれません。お堀を見渡せる鑑賞台は写真撮影の列ができていました。仕事に向かう僕はぱちりと1枚写してあとは走りながら堪能します。




P50_20090405_095732 靖国神社
東京のさくら開花を観測している標準木のある場所です。






P50_20090405_101058 飯田橋の神田川
都心を流れる小さな河川沿いには遊歩道と一緒にさくらが植えられていることが多く、橋を渡るたびに川沿いに続くピンクの帯を眺めることができます。




14:00仕事場出発。明治通り~早稲田通り~小滝橋通り~西新宿~青梅街道~荒玉水道道路~世田谷通り~多摩川CRで15:50帰宅。

走行時間:4h27m、距離:96.3km、AV.21.6km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

拓郎ラジオ出演

自分が忘れないように書いておきます。

「J-POP MAGAZINE」インタビュー
4月11日(土)NAK5 12:00~12:50
4月18日(土)NAK5 12:00~12:50

「吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD」
4月13日(月)ニッポン放送 18:50~??:??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さくらを見て回った

5:15起床。風の弱い朝をむかえる。都心では満開宣言が出されたので今週は花見サイクリング。
5:40出発。多摩川CR~多摩大橋折り返し~多摩川CR~等々力競技場折り返し~9:50帰宅。
P50_20090404_070432 長らく工事中だったあちこちの多摩川土手も4月に入って年度が変わり一旦工事も終息して中途半端な状態で止まっている場所もあります。
立川市の中央線下流側の土手も高くなりましたが天端は未舗装のままです。右に見える細い舗装路が以前の土手上の道です。



P50_20090404_085704 等々力競技場ではフロンターレの試合があるようで、朝早くからNHKの中継車が来て準備中です。入場ゲートの前には徹夜組みのサポーターが横たわっていました。

多摩川沿いのさくらは夜間上流から冷気が流れてくるせいか全般に開花状態が遅めです。立川を過ぎて昭島のくじら公園あたりはほとんど咲いていない状態です。

一旦帰宅して拓郎のコンサートチケット購入に挑戦したが撃沈。しぼんだ心をなんとかラーメンで膨らませて花見サイクリング再開。
11:40出発。多摩川CR~世田谷通り~荒玉水道道路~桜上水~豪徳寺~世田谷代官屋敷~駒沢公園~馬事公苑~砧公園~丸子川沿い~丸子橋~多摩川CR~ガス橋~多摩川CRで16:40帰宅。
P50_20090404_122146 招き猫販売所
豪徳寺山門の隣にある山崎商店。豪徳寺には招福観音という招き猫が本尊の観音堂があります。ここでは奉納用の招き猫を販売しています。




P50_20090404_122654 招き猫奉納
招福観音堂のとなりにあった招福猫奉納所。顔は手書きされているのでちょっとずつ違う顔をしています。





P50_20090404_125748 世田谷代官屋敷
世田谷郷土資料館敷地内にあります。






P50_20090404_135406 東京農大「食と農」の博物館前にいます。







P50_20090404_141016 馬事公苑のさくら
ときどきウマがポクポクと近くを歩いていきます。






P50_20090404_143336 砧公園
花見の人人人・・・でカオスの世界。
そそくさと逃げ出します。





走行時間:6h38m、距離:145.6km、AV.21.9km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009吉田拓郎ツアー8 諦めが肝心

イープラスのサイトは全くつながらず
「多数のユーザーが接続中です。しばらく経ってからのアクセスをお願いいたします。」
状態。

10:13やっと表示されたらすでに 「一般発売・予定枚数終了」

「ぴあ」の電話は全くつながらず、留守番電話状態。
10:16には「予定枚数終了しました」のアナウンス。

2009吉田拓郎ツアーのシリーズは早くも終了となりました。

さくらでも見てこよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »