« 東京国際フォーラムA経由 | トップページ | 2009吉田拓郎ツアー16 大阪中止 »

2009年7月 5日 (日)

大峠越え

4:00起床。夕方にわか雨という天気予報が気にかかるが雲が多めであまり暑くならない感じなので大峠を越えてくることにする。暦はすでに7月に入っており、今日を逃すと次回いつ挑戦できるか分からない。

4:40出発。多摩川CR~府中四谷橋~浅川CR~6:50高尾(40km)~R20~大垂水峠~9:00猿橋(81km)~県505~R139~深城ダム~10:00真木小金沢林道(98km)~11:55大峠(113.5km)
まずは猿橋を目指します。多摩川から浅川のCR区間は意外と朝の川風のせいかスピードが乗らず高尾まで時間を食いました。R20は日曜の早朝なので大型車がほとんど通らずストレス無く走れます。猿橋にはほぼ予定通り9時に到着。水補給とおにぎりを仕入れます。ここから先大峠を越えてR20に戻るまでコンビニはありません。
Map20090705 大峠越えのコース
猿橋までR20で行き、松姫峠方面へR139で進んでから深城ダムの先で真木小金沢林道に入って大峠を目指します。





P50_20090705_090308 県505
猿橋からR139に抜ける近道です。






P50_20090705_095416 深城ダム
ダムの堤高は87mあります。いつきても放水口から水が流れ出しています。





P50_20090705_095840 葛野川を渡る
R139から橋を左折していよいよ未知の領域に進みます。
案内板で「左大月17km」が×されていますが、この下のほうにあるトンネルが閉鎖されているためです。以前、松姫峠からの下りはこっちを通って行ったのですが。
渡って右に行くと小金沢公園と言うのがありトイレが利用できます。水は飲めたかどうか??

P50_20090705_100032 林道ゲートクローズ!
小金沢トンネルを抜けて林道に入るのですが何とクローズされています。諦めて松姫峠を越えて帰ろうかとも思いましたがゲートの下がユルユルなので自転車を寝そべらせて通過し進入します。今日は日曜で工事はやっていないだろうしいざとなれば引き返せばよろしい。
ここの標高は650mほどなので、猿橋から340m登り、峠まであと900mくらい登ります。
P50_20090705_101602 工事現場
斜面に土砂崩落防止の工事を行なっているようです。想像通り工事はお休み。無事通過することができました。





P50_20090705_101900 切り通し
路面にはパラパラと落石が転がっています。とがった形状をしているので変な角度で踏んでサイドカットしないように注意します。





P50_20090705_102446 開けている場所は路面もきれいなのですが木に覆われた場所では枯れ枝、コケが生えていて下るときは要注意でしょう。登る分には関係無しです。





P50_20090705_111512 林道ゲート2クローズ!!
シオジの森ゲートと呼ばれているらしいです。しかしここもゲートの下がユルユルなので自転車を寝そべらせて通過します。





P50_20090705_113820 大峠が見える
葛野川の深い谷沿いから離れて石小屋沢に沿って走るようになると風景が開けて大峠の鞍部が見えるようになります。真ん中の一番低くなっているところが大峠です。もうここまで来れば引き返すことも無いでしょう。



P50_20090705_115452 林道ゲート3クローズ!!!
このゲートが最高点でした。深城のゲートから15.5キロを2時間かかりました。ふーぅ。
右脇が甘いのでそこから向こう側に抜けます。
結局、真木小金沢林道は大峠から深城ダム間が落石防止工事のため通行止めになっているようです。


P50_20090705_115820 大峠(1560m)
念願の写真撮影を終え、苦労して持ってきたおにぎりを食べます。ウマ~!!。しかし南西方向の山から黒雲が流れてきて怪しげな雰囲気。12:10早々に峠を後にします。さすがに1500m超から下ると寒さを感じます。真木側は車も登ってくるので注意しながら下ります。


~真木小金沢林道~県510P50_20090705_122840~12:40R20真木交差点(130km)
峠からの下りは急坂の連続でした。下っても下っても坂道は続きます。真木地区の民家が現れる頃になっても傾斜は一向にゆるくなりません。田んぼが鋸の歯のように1枚1枚がギザギザに見えていますが道が下っているせいです。こっち側から登るのはかなり辛そうです。



P50_20090705_123924 12:40真木交差点
県道510を下りきるとR20との交点です。距離計によると大峠から16.5キロ、標高差1150mを30分のダウンヒルでした。
右に行くとたった27キロで甲州市です。そろそろ桃が食べ頃ではないでしょうか。



~R20~13:00猿橋休憩(138km)~R20~14:05相模湖駅休憩(164km)~大垂水峠~15:05浅川CR(178km)~多摩川CRで17:00帰宅。

今日は天気が今ひとつで峠からの下りで富士山を見ることはできませんでしたが長年の懸案だった大峠を越えることができて何より。

走行時間:10h41m、距離:220.1km、AV.20.6km/h

|

« 東京国際フォーラムA経由 | トップページ | 2009吉田拓郎ツアー16 大阪中止 »

コメント

お疲れ様でした。行っちゃいましたね〜、大峠。
舗装されていても真木小金沢林道は、やっぱり山深いようですね。
大峠を越えてきたのに、甲州市まで立った27キロ、なんて言ってしまうshiitakeさん、走力の器がでっかいです。

P.S. 土曜日、僕も歌舞伎座の前を通過してます。またまたニアミスですね。

投稿: jyuzo | 2009年7月 6日 (月) 22時03分

葛野川沿いの真木小金沢林道はまさに秘境でした。
林道入り口のトンネルを越えると人工物はガードレールと標識とアスファルトだけになりました。
二度ほどサルにも出くわしました。たぶん自分の周囲2キロ以内には人間は存在せずサルしかいなかったのではないでしょうか。
この林道の難点はすぐ通行止めになってしまうことでしょうか。ゲートが開いているときに堂々と走りたいです。

投稿: しいたけ | 2009年7月 6日 (月) 23時09分

お住まいが(恐らく)我が家と然程遠くないとして、この峠が名実共に西部方面日帰り最高最遠の峠なのでしょうね。
松姫がもう少し余裕でクリア出来るようになってからの宿題にします。(汗笑

投稿: 齋藤電鉄ryu | 2012年9月 6日 (木) 13時45分

まさに僕にとって持ち合わせている航続力と上昇限度一杯いっぱいの位置にある峠です。柳沢峠もそれなりの距離と高度ですが国道であり人が通りますから何かあってもサルベージされます。しかし真木小金沢林道は閉ざされた世界であり何かあっても自分の力で解決しなければならない、いわゆる”アウェイ”です。

投稿: しいたけ | 2012年9月 6日 (木) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/45551198

この記事へのトラックバック一覧です: 大峠越え:

« 東京国際フォーラムA経由 | トップページ | 2009吉田拓郎ツアー16 大阪中止 »