« ドンベイ峠 | トップページ | 駿河湾から箱根を越えて相模湾へ »

2009年8月26日 (水)

富士川にそって

8月22日(土) 2日目
5:30起床。昨夜は雨音がしていたが今朝は止んでどんよりとした曇り空。今日は勝沼から川沿いに静岡県富士宮まで下るコースです。勝沼YHが標高550m、富士宮で120mくらいなので430mほどの下り基調。昨日のような1500m近い峠越えもないので案外らくちんなコースかもしれません。。
6:10勝沼ぶどう郷YH出発。フルーツライン~県34
P50_20090822_064004 勝沼のぶどう
フルーツライン沿いには両側にぶどう畑が延々続きます。
近寄るとほのかに甘いにおいが・・。粒の大きいぶどうはもう少しの我慢です。




~白井河原橋~R140~7:45道の駅とよとみ休憩(27km)~農道~県3~市川大門市街地周回。
白井河原橋付近まで来ると地形は平坦部も現れて果樹園から水田地帯に変わります。
P50_20090822_090558 市川大門ねこ
市川大門は古い町並みが残っています。狭い路地に入り込んでのんびり家並み見物ポタをしていると塀の上のねこに遭遇。写真を撮ろうとしてねこに向かってにゃーにゃーと話しかけると家の中から「ねこがないてるよー」って子供の声がしたのであわてて自転車を加速。そしたらねこもびっくりしたようでぱらぱらと駆けていきます。

P50_20090822_091142 市川大門
この場所では「ウォー!」と叫ぶようです。






P50_20090822_092636 富士川のはじまり
富士川大橋の上から上流方向左が釜無川、右が笛吹川。この橋の下流で2つの川は合流して富士川となり駿河湾まで流れて行きます。ここは甲府盆地内に降った雨水が流れ出す唯一の出口です。



P50_20090822_094346 身延線市川大門駅
駅舎の屋根が中国の寺院ぽく跳ね上がっています。
大きな駅舎ですが無人駅です。右側は公民館の建物で棟続きになっています。この後も身延線の駅に立ち寄って行きましたが、そのほとんどが無人駅で自動券売機もありません。でも駅舎は最近建て替えられたのか木造の味のある駅舎は見当たらず、鉄筋コンクリート造りが多かったのは残念です。

9:50市川大門出発~県4~県9~割石峠~峡南橋~左岸沿いの道~県405~左岸沿いの道~県411~飯富橋~R52~R300~富山橋~県9~身延~県10~R469~13:20稲子昼食~県398~県10
飯富橋から富山橋の区間だけ左岸に道が無く右岸を走りました。
P50_20090822_102102 割石峠(340mくらい)
鰍沢駅を過ぎると県道9号線は富士川から離れて割石峠を越えます。こちらは新トンネルの上に残っている旧トンネルです。
山梨県の峡南地域を流れる富士川は両側が山に挟まれているため堤防というものがほとんどありません。川沿いに走るといってもお気楽なCRではなく一般道です。右岸には国道52号線が通っていますがトラック、ダンプが多いので左岸の県道、市道をたどりました。
道は川に沿ってとはいえ、川の浸食による崖地では川からそれて山の中を走ることになるので予想外に何度も上り下りの繰り返しです。

P50_20090822_113146 長屋門
右岸から左岸に渡った波高島駅近くのR300沿いです。ここからはずっと左岸を走り続けることが出来ました。





P50_20090822_123840 身延線内船駅
白鳥和也氏著「素晴らしき自転車の旅~サイクルツーリングのすすめ~」の終章に我が旅のエッセイという章があります。この章の書き始めにこの駅の情景が綴られています。氏は静岡から山梨方面に僕と逆方向に旅している途中の昼下がりに到着して待合室で休憩を取られています。
文章を読んだときは無人の古い小さな駅舎を思い浮かべていたのですが現実は鉄筋コンクリート造りの立派な駅でした。想像していた姿にギャップがありすぎてちょっとがっかり。

P50_20090822_132054 静岡県入り
山梨県南部町の十島駅を過ぎ標高差100mほどの尾根を登り切ると静岡県との県境に達しました。山梨県も意外と南の方まであるもので、この付近は小田原と同じくらいの緯度になります。




P50_20090822_133324 やきそば1
静岡県に入って最初に現れた稲子地区の道端に小さな食堂があったので遅い昼食です。
富士宮が近いので焼きそば450円
窓もドアも開けっ放しで風通しが良く暑いんですけど川風が気持ちよいのです。へたにクーラー利かされちゃってるのよりカラダにやさしいです。

~14:10芝川駅休憩(113km)。富士宮まで10kmそこそこの表示がありました。時間に余裕が出来たので、近くにある桜峠を越えるオプションツアーを実施します。
芝川~県75~R469~桜峠~稲子~県398
P50_20090822_142506 稲刈り
県道75沿いの田では早くも稲刈りです。






P50_20090822_150036 桜峠(360mくらい)
芝川からは標高差300mほどあります。峠道は国道469号線です。でも国道とは名ばかりで峠区間は1車線道路のくねくね道となります。交通量もほとんど無いので落ち着いて峠越え出来ます。



峠区間を下りきって富士川方面に進むと、さっき焼きそばを食べた稲子地区に出ました。二時間くらいしか経っていないのになぜか懐かしい感じがします。
~15:30芝川駅に戻ります。
芝川~県25~富士宮市街~16:30焼きそば休憩
P50_20090822_161748 浅間神社
富士宮にある浅間神社の総本山
神社脇に湧玉池というのがあり、冷たい水がこんこんと湧き出しています。




P50_20090822_164334 やきそば2
本場!富士宮市内の焼きそば。今日2食目です。今日の宿も素泊まりなのでちょっと早いですが夕食です。
どうもここでは焼きそばはおやつ代わりになっているのかもしれません。野菜だけ入れた素焼きそばは300円。これは贅沢なイカ、豚肉、タマゴの全部乗せで500円です。


~県76~茶畑の道~17:40ホステル・ふもとの家着。
P50_20090822_172840 ふもとの家YH近く
お宿は茶畑の中の細い道を辿って行きます。電話で予約したときも暗くなってからではたどり着けませんよと釘を刺されていましたが走ってみて納得です。かろうじて小さな案内板を辿って宿に到着できました。夜は街灯も無いので初めての人は絶対に迷います。


川に沿ったコースだったのにずいぶん坂道を登った気がします。右岸のR52も結構アップダウンしているように見えました。同じアップダウンするなら交通量の少ない左岸を走ったほうが良いですよ。

走行時間:8h10m、距離:152.0km、AV.18.5km/h

|

« ドンベイ峠 | トップページ | 駿河湾から箱根を越えて相模湾へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/46014294

この記事へのトラックバック一覧です: 富士川にそって:

« ドンベイ峠 | トップページ | 駿河湾から箱根を越えて相模湾へ »