« 今日も玉川上水へ | トップページ | 多摩川入間川荒川上流周回 »

2009年12月 6日 (日)

川霧発生

4:40起床。晴れているようです。アメダスの情報を見ると風は弱く八王子で5℃台まで冷え込んでいます。おまけに湿度が高くて路面がまだ乾いていません。これだけの条件がそろえば絶対発生していると確信しいそいそと出発準備。
5:10出発。今日の日出は6:37頃。まだ外は真っ暗闇で下弦よりちょっと太目の月が明るく輝いています。多摩川CRに出て上流を目指します。路面が濡れているのでライトの光が良く見えずゆっくり走行です。この暗さでもうCR上では朝の散歩している人がいるのに驚きです。
P50_20091206_055902 是政橋上の朝焼け
西を向いて走っているので空はいつまでたっても暗いままですが、時々方向が変わると東の空が赤く染まっているのを眺めることが出来ます。刻々と空の色が変化してとてもきれいです。




P50_20091206_061056 府中四谷のコンビニ前
府中四谷橋を過ぎたあたりから川原を覆う川霧が漂いはじめました。





P50_20091206_063102 多摩大橋手前の川原を埋める川霧
この付近が一番濃い霧のできるポイントです。






P50_20091206_063440 今朝は霧の厚みも十分です。
対岸のビルの上のほうだけが見えていて洪水に飲み込まれているようです。





P50_20091206_064312 昇りたての太陽が霧をオレンジ色に染めます。
川原におりてみました。このポイントは絶好の撮影ポイントらしく日出をじっとまつカメラマンがいっぱいです。





P50_20091206_065020 多摩大橋を覆う川霧
霧の厚みは水面から土手のちょっと上の高さまであります。橋まですっぽり覆われていますがその上はクリアです。川沿いに冷えた空気が上流から流れてきた中に霧ができています。その上には比較的暖かな空気があるので逆転層となり霧は上昇できずに地表を漂います。


P50_20091206_071540  R16拝島橋上流の多摩川谷を覆う川霧
高いところにのぼると霧の分布が良く分かります。
太陽が昇って気温が上昇すればあっという間に霧は薄れてしまいます。




ひとしきり川霧鑑賞を終え今日の目的は達成されました。

早起きで時間も十分、天気も上々なので気合を入れて久しぶりに走り込むことにします。
拝島橋~多摩川CR~羽村~青梅~R411~梅郷~梅ヶ谷峠~都251~都31~五日市駅~都33~10:30甲武トンネル~上野原~R20~相模湖~R412~R413~青野原~県64~13:00鳥屋。
ここから宮ヶ瀬湖へ向かうつもりだったのですが、想像以上に足が売り切れていることに気づきました。1ヶ月間のサボりは大きいですね。ここから帰途につくことにします。
鳥屋~県513~R413~県48~町田街道~浅川CR~多摩川CRで15:40帰宅。
P50_20091206_102952 甲武トンネル
1ヶ月ぶりの山道でした。ずいぶん体力が落ちていることに驚きます。





P50_20091206_103642 甲武トンネルの先のビューポイント
トンネルを抜けて下った2つ目のコーナーにガードレールで仕切られた休憩所があり、そこから富士山が見られます。





走行時間:8h32m、距離:180.7km、AV.21.1km/h

|

« 今日も玉川上水へ | トップページ | 多摩川入間川荒川上流周回 »

コメント

この寒さの中、早朝の出走お疲れ様です。
shiitakeさんが予想していた通り見事な川霧でしたね〜

朝焼けと川霧....このところ寝坊助の僕はお目にかかってないです(^_^;

投稿: jyuzo | 2009年12月 8日 (火) 23時48分

jyuzoさん、寒くなってきましたね。
今年は川霧見れずじまいかと思っていましたが、タイミング良く休日に発生してくれました。
いつもの多摩川CRコースが別世界に変わる貴重なシーンです。
雨上がりの翌朝狙ってください。

投稿: しいたけ | 2009年12月 9日 (水) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/46954119

この記事へのトラックバック一覧です: 川霧発生:

« 今日も玉川上水へ | トップページ | 多摩川入間川荒川上流周回 »