« 梅郷から狭山丘陵 | トップページ | 自転車のち図書館 »

2010年2月 7日 (日)

橋上の横風

6:00起床。昨日ほど冷え込んではいないが季節風が吹いています。部屋から出る踏ん切りがつかないまま気温が上昇するのを待っていると風がうなりを立てて吹くようになってしまいました。
風向きは昨日と同じく北西なので多摩川上流に向かうのは考えたくない。かといって下流に進めば帰路は向かい風だし・・・。

11:30出発。多摩川CRで多摩水道橋~多摩川原橋間周回して12:40帰宅

多摩水道橋の上は強烈な横風でした。しかも橋の欄干と太いアーチが風を乱していて風が吹き抜けるところと遮るところが交互にあるので非常に危険。まるで酔払い運転のように左右にフラフラです。ママチャリのおばさんは自転車を降りて押していましたが、正しい選択だと思います。乗車姿勢の高い自転車の方が風圧を受けますから転倒事故など起こしやすいでしょう。
多摩川原橋も横風ですがこちらは橋の欄干だけなので一定風圧を受けるだけで危険度は低いです。

CR上も想像したとおり風が強くて楽しくないのでスーパーで買い物をしてお終いです。

走行時間:0h47m、距離:15.6km、AV.19.7km/h

夕方、愛媛の「はるみ」が到着。
P50_20100207_171544 小玉はるみ9kg
92個入っていました。
房を包む皮がとても薄くて濃厚な甘さがあります。
「清見」と「ポンカン」を掛け合わせた品種。ちなみに清見は温州みかんの「宮川早生」と「トロビタオレンジ」を掛け合わせたものだそうですから
はるみ=ポンカン×(宮川早生×トロビタオレンジ)/2
ということでしょうか。

|

« 梅郷から狭山丘陵 | トップページ | 自転車のち図書館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/47499016

この記事へのトラックバック一覧です: 橋上の横風:

« 梅郷から狭山丘陵 | トップページ | 自転車のち図書館 »