« 柳沢峠を越えて桃を食べよう | トップページ | 三国峠越え »

2010年7月22日 (木)

大弛峠から夢の庭園へ

7月18日(日) 2日目
4:10起床。標高550mほどの道の駅では未明になると気温も下がりシュラフに入っていない状態ではちょっと寒いくらいでした。南東方向に開けた丘の上からは朝焼けに燃える富士山が見られるかと期待していましたが明け方は低い雲が広がっていて拝むことは出来ません。今日は悪路走行がありどんなアクシデントが発生するかわかりませんので少しでも時間のバッファを確保すべくサクサクと出発準備を始めます。
不覚だったのは朝の食料を調達しておかなかったことです。道の駅の近くの山崎ショップは24時間営業ではなく、早朝はオープンしていないのでした。持参した魚肉ソーセージ2本と缶紅茶で済ませました。これで非常食は飴玉だけです。
Map201007181 これから標高2360mの大弛峠まで高度差1800mを越える長い上りに備えて500mlのペットボトル2本に水を汲んで出発準備完了。近くのバイクキャンパーはまだ熟睡中です。





5:00道の駅はなかげの郷まきおか出発。市道~県210~5:40クリスタルライン入り口(5.9km)
P50_20100718_054450 出発してここまでが大弛にむかう最初の関門です。両側にはぶどう棚が広がりますが木陰の無い直線のきつい上り坂が続きます。いつの間にか雲も消えて強い朝日が右側から照射してきてもう汗だくです。やがて鳥之口橋で琴川を渡ると林道杣口線となります。



P50_20100718_063720 クリスタルライン(林道杣口線)は最近県道219号線に昇格したようです。ここからは勾配が緩み涼しい空気に満たされた樹林帯の中の道に変わります。これまでの吹き出した汗もちょっと落ち着きました。数分に1台ペースで車が追い抜いていきます。たぶん登山者の車でしょう。



~6:50鳥居峠(14.8km)~柳平
P50_20100718_065142 鳥居峠
峠という感じはしませんがここをピークに一旦柳平まで50mほど下ります。
峠に達すると前面に琴川ダム湖と右手には柳平の集落がみえます。集落までこのコースで唯一の下り坂ですので味わって下ります。


P50_20100718_065404 峠広場から柳平方面の展望
右手に柳平に下るクリスタルラインが見えます。左手の水は琴川ダム湖。正面の山のてっぺんに五丈岩が見えます。





P50_20100718_065950 牧丘第一小学校柳平分校
ここは日本一標高の高いところにある小学校らしいです。






P50_20100718_070320 小学校の先にはキャンプ場があります。
草地でよさげですが朝日がびしびし当たってテントの中は暑そうです。食料の確保さえうまくできればここをベースにいろいろと走れそう。
ここ柳平で標高1470mくらい。道の駅から900mほど登ってきたわけでここで道半ばです。この集落で缶飲料の自販機の存在を期待していたのですがどこにもありません。水の残りはあと500mlのペットボトル1本です。
柳平~林道川上牧丘線~
P50_20100718_070738 川上牧丘林道入り口に大弛までの距離を示すキロポストがあり14kmを示しています。柳平から上川牧丘線の最初の2kmあたりまでが勾配がきつく第2の関門です。





P50_20100718_072706 そこを過ぎるとカラマツ林の中の平坦とも思える区間が5kmほど続きます。体への負荷も減り気温も下がって快適な区間です。残り7kmの標識あたりから再び真面目な上りが始まります。と同時にアブの群れに追跡されます。スピードが出れば簡単に振り切れるのですが上り坂ではそれはムリ。休憩で停車しようものならあっという間に取り巻かれむき出しの足や腕にたかってきます。水を飲むのにも常に動いていないといけませんので休憩になりません。

P50_20100718_083956 残り5kmあたりからは標高も2000mを越えてきて、自覚は無いものの空気が薄くなってきたせいか呼吸がちょっと速くなって来ました。しかしそのつらさ以上に林道から見える中央アルプスの山並みや緑に覆われた金峰山の稜線やモノリスのように山頂にそびえる五丈岩などの風景が慰めてくれます。



P50_20100718_090454 峠まぢか
泣きたくなるほどの真っ青な空です。頭上は青を通り越して群青です。
残り1kmを切ると林道の左側には登山者が乗ってきた車の路駐列が始まります。ここまで車で来れるのだから登山は簡単ですよね。

9:10大弛峠着(31.1km)
P50_20100718_091000 大弛峠
リアル時間で4時間10分、走行時間で3時間31分かかりました。平均時速8.8km/h・・・。
ここは太平洋側と日本海側を分ける中央分水嶺の峠です。山梨側は富士川で静岡県へ、長野側は信濃川で新潟まで流れていきます。


P50_20100718_091434 せっかくここまで来たのですからすぐ下ってしまうのはもったいないです。大弛に自転車を置いて夢の庭園まで山登りします。
まずは大弛小屋で休憩。
軽食、喫茶のサービスをしていて、新しく作られたメニューがありました。



P50_20100718_091448山小屋のメニュー
非常食も無くなった現在の僕にとってコーヒー1杯300円よりはカップラーメン300円のほうがはるかに価値があります。外でじっとしていると虫の攻撃を受けるので山小屋の中で食べることにします。時間が半端なのか休憩している人は少なかったです。先に山小屋で休憩していた登山者は犬同伴で犬の背中に犬用のリュックを背負わせて山登りのようです。犬もいい迷惑ですね。
山小屋の中は狭いながらもテーブル席が4つ並び写真や周辺の山の記事が壁に張ってあります。奥は宿泊できる広間になっているようです。カップラーメンのスープまで一滴残らず完食して山小屋を出発。
P50_20100718_094802 夢の庭園までは木道や階段が整備されていて普通の運動靴でも大丈夫です。最初は樹林帯の中ですが夢の庭園周辺は樹木も低くなり白っぽい巨岩が散在する見晴らしのよい場所となります。




P50_20100718_094852 しばらく岩の上に立って雄大に広がる風景を眺めます。
こちらは長野県側の風景です。峠から下る林道の茶色い道や遠くには微かに浅間方面まで見えます。





1 南から西方向のパノラマです。
ずっと眺めていたいところですが今日の道中のまだ半ば。先に進まなくてはなりません。登山道を峠に戻り、ガレガレの長野県側に下る準備をします。
つづく・・・。

|

« 柳沢峠を越えて桃を食べよう | トップページ | 三国峠越え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/48940933

この記事へのトラックバック一覧です: 大弛峠から夢の庭園へ:

« 柳沢峠を越えて桃を食べよう | トップページ | 三国峠越え »