« ビーナスラインでキャリア外れる | トップページ | 霧の渋峠越え »

2010年9月25日 (土)

秋の姨捨の棚田

9月20日(月) 3日目
4:40起床。雲が広がっているのかまだ真っ暗。たまーにR152を通る車のロードノイズを聞くと雨に濡れているようです。軒下にテント張っておいて正解でした。コンビニで朝食を仕入れてゆっくり食べます。雨が止むまでは動くことが出来ません。
P50_20100920_062358 雨止み待ち中
とはいえ、いつまでもテントを張っておくわけにはいかないのでさっさと撤収。6時には全ての準備完了ですが出発は見合わせです。
今日は、まずリアキャリアの修理をおこなう必要があるため上田を目指すことにします。
なぜ走行中にボルトが外れて落下したのか?。これまでのツーリングでボルトが緩むなんてことはありませんでした。
キャリアを取り付けたのはツーリングの1週間前でした。付ける順番はステー部を借止めしてエンド部2箇所を固定後ステー部を固定します。借止め時はナットを手で回せる程度に緩く固定しておきます。その後の本締めを忘れていたとしか思えません。本締めをする直前に蚊に襲われてしまったのかも知れません。そうか、蚊の責任か。

雨は8時過ぎにようやく止みました。
8:50道の駅ながと出発。R152~丸子でボルト購入してキャリア固定。
P50_20100920_090144 上田に10時に着けば良いのでのんびり走ります。路面も道路の端はまだウエットなので20km/h以下の走行です。道は千曲川に向って緩い下りなのでほとんど力をいれずにペダルを回しても進んでいきます。自転車は上田の手前にある丸子の市街地に入って行きます。



P50_20100920_103448 丸子のデイツー
国道脇に巨大なホームセンター、ケーヨーデイツーを発見しました。今回の修理はボルトさえ手に入れば自転車屋さんに頼む必要の無いものなのでここで部品探しすることにします。開店は9:30。15分ほど待って開店と同時に入りました。



P50_20100920_094906 修理部品購入
ボルト、ナット、ワッシャーが4セット入って148円でした。
今の僕には1セットでも十分なのです。





P50_20100920_140554 キャリア固定
ボルト長30mmは長すぎました。25mmにしておけばよかったですね。ボルトを固定するネジの締め込み量が多くなりました。これで修理完了。力いっぱい走ることが出来るようになりました。
修理が済んでホッとしたのか腹が減ったので敷地内にあったマックで朝マックしながら今日の行程を検討します。


Map201009201 今日のコース 姨捨の棚田まで
朝方の雨と自転車修理と朝マックですでに午前中は無いに等しい状況です。予定ではいくつかの峠越えをして千曲高原にある大池キャンプ場が目的地だったのですが、今日姨捨の棚田を訪れ、その後予定に無かった渋峠越えを目指して登り口の山ノ内まで進むことにしました。


10:30丸子出発。R152~大屋~10:50海野宿
P50_20100920_105942 海野宿
せっかくここまで来たのですから海野宿まで寄り道しました。なんか毎年訪れている気がしますが、いつ来ても変らないところがいいですね。




P50_20100920_110258 海野宿ねこ
憐れ海野宿ねこは紐につながれてカメの上にあがる自由しか与えられていません。





~R18~千曲川CR~平和橋~県340~13:00姨捨棚田(52.4km)でしばし鑑賞。
P50_20100920_130536 姨捨棚田
棚田の半分くらいは稲刈りが終わっていました。この風景を見に来た観光客があちこち散策していました。





P50_20100920_130844 姨捨棚田
あぜに腰掛けて風景をオカズに持参したおにぎりを食べました。実にのどかで癒されます。





P50_20100920_134008 姨捨棚田
田毎の月と呼ばれるあたりです。
春の水の張られた田んぼも良いですが、秋の実りの色づいた棚田が緑の畦で縁取られ優雅な曲線を浮かび上がらせているのも美しい風景です。



Map201009202 今日のコース 姨捨の棚田以降
ほとんど千曲川に沿って走ります。長野や小布施や須坂の町はパスします。





13:50姨捨出発~県340~千曲川CR~落合橋~左岸土手上の道と県343
千曲川CRは今年ゴールデンウィークに小布施から上田まで走ったコースです。今回は逆方向に走ります。後は夕方までに山ノ内の温泉に着けば良いので楽勝でしょう。
P50_20100920_154116 リンゴ畑で迷う
千曲川左岸は所々で堤防工事をしていて迂回させられました。小布施あたりと思われますが迂回路を見失いリンゴ畑の細道をくるくる回っていました。




~中野~県29~R292~17:00湯田中で温泉(106.0km)~18:40道の駅北信州やまのうち着。
千曲川から中野市街地を通ってR292で湯田中までは予想外の上りでした
P50_20100920_170518 湯田中温泉郷
外湯といって地元の人や宿泊客だけが使える共同浴場が何箇所かあります。何も知らない僕はここで温泉に入ろうとして着替えを出して、いざドアをオープン!の段階になってドアに鍵がかかっているのに気づきました。ショックでした・・・。もう気分は首まで温泉に浸かったも同然だったもので、着替えをしまって立ち去るまでかなりの時間を要したように感じています。

P50_20100920_172808 今日の温泉
気を取り直して温泉宿を訪ね、日帰り入浴を依頼しました。ここは湯香荘の温泉です。500円でした。誰も入っていないので失礼して写真を1枚。
昨日の道の駅にあったやすらぎ乃湯の芋洗い状態とうって変わって温泉満喫じゃ。でもお湯が熱くて長く入れません。


P50_20100921_052332 こんな所に張りました
R292の道の駅北信州やまのうちの駐車場です。道の駅の建物は下り車線側にあり、上り車線側はトイレだけ。ただ併設してコンビニがありました。
R292は渋峠に向けてすでにかなりの勾配の上り坂となっており、そこに作られた道の駅の駐車場も全体が傾斜しています。テントは傾斜に沿って頭が上になるように立てました。ある意味寝やすかったです。

走行時間:6h12m、距離:111.5km、AV.18.0km/h

|

« ビーナスラインでキャリア外れる | トップページ | 霧の渋峠越え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/49554936

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の姨捨の棚田:

« ビーナスラインでキャリア外れる | トップページ | 霧の渋峠越え »