« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月28日 (日)

暖かい海沿いへ

6:10起床。快晴の朝です。今日は気温が上昇する予報。都内の紅葉を見に行くか、鋸山林道で神戸岩の紅葉を見に行くか、甲武トンネルから和田峠を周回するかいくつかプランはありました。アメダスの風を見ると朝6時で三浦半島や房総南部は南西風が入り込んで15℃以上もあります。一方内陸からの冷たい空気が流れ出している八王子や府中は5℃前後。これはあまりの仕打ち。せっかくなので暖かい海沿いに走りに行くことにしました。
Map20101128 今日のコース
相模川沿いの県道、県道に並行する道を結んで湘南方面に向かい、海岸で日向ぼっこして休憩後藤沢から境川CRを使って北上。




7:40出発。多摩川CR~都3~都57~淵野辺~R16に並行する道~相模大野~県51~県40~厚木駅前~県43~県46に並行する道~寒川神社~今宿~R1~11:00大磯休憩
厚木あたりまで進むと南西の風が吹いていて急に空気がぬるくなりました。汗をかき始めたのでウインドブレーカと手袋を外して身軽な姿となります。
P50_20101128_100814 寒川神社
神社は参拝客でにぎわっていたので、社の周囲を一周して先に進みました。東側には背の高い生垣があり風を遮ってポカポカでした。




P50_20101128_110704 大磯の海岸
ちょっと早いですが海岸でパンの昼食。気温は高く寒さは無いのですが思いのほか南西風が強く砂が飛びます。
強風なので江の島に渡ってねこを見に行くのはやめました。




大磯~R134~藤沢~R467~遊行寺~境川CR~大和の段丘崖
P50_20101128_130830 境川ねこ
日溜りで門柱に寄りかかってリラックス中です。これが仕事なんだから飼い猫は楽だわ。





寄り道ほとんど無しでここまで走ってきたので時間に余裕があります。大和市側の境川と段丘面上の坂道を拾いながら上流方向に帰ります。
P50_20101128_131508 大和の急坂
段丘崖を直登するような道は傾斜がきつくなります。段丘面上まで往復してみましたが、この狭さで対面通行で交通量が多いので余計つらく感じます。




P50_20101128_132250 これで10%の坂
段丘崖を斜めに上っていく坂です。見かけほどには勾配は緩く、これで10%の標識がありました。
15本くらい坂道を上ったり下ったりして急坂の勾配標識を捜索しましたが今日は20%超を発見できず。



~境川CR~都57~都3~多摩水道橋~多摩川CRで多摩川原橋折り返して15:50帰宅。

走行時間:6h49m、距離:148.7km、AV.21.8km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月27日 (土)

川島の白鳥

5:50起床。晴れていますがまだ夜明け前で暗い状態。昨夜の雨で濡れた路面もすっかり乾いています。今日は狭山市に住んでいる友人から自転車修理の依頼を受けたので出張修理に向います。

6:30出発。多摩川CR~都19~都12~ひばりが丘~県36~志木~羽根倉橋~荒川CR~入間川CR~出丸冠水橋~川島町~9:30越辺川白鳥飛来地
Map20101127 今日のコース
11時の約束なので川島の白鳥を見てから狭山に向いました。荒川CRでは弱いながらも上流方向からの向かい風。昼過ぎには東風に変っていたので荒川に戻るのはやめて狭山の茶畑を通過して多摩川に出ました。でも結局多摩川CRは向かい風でした。



P50_20101127_093620 川島の白鳥
今日は39羽いました。白鳥は立っている川岸スレスレをスイスイと泳いでいます。この写真の6羽は家族かもしれません。真っ白なのが親鳥、少しグレーっぽいのが今年の若鳥です。




P50_20101127_095230 上陸した白鳥
しばらく見ていると河川敷に上陸を始めました。首を長く伸ばして僕を警戒しているようです。水面から出るとずいぶん大きいのです。




P50_20101127_095328 草を食べる白鳥
みんなそろって河川敷に生えているススキなどの葉をついばんでいました。水草だけでは足らないようです。しばらく食べた後川に戻り水を飲んでいました。
日中時間帯では、なかなか飛翔する姿は見られないものです。



10:00越辺川白鳥飛来地出発~坂戸市内~県256~小袖川沿い~霞ヶ関駅前~県114~八瀬大橋~入間川CR~11:00狭山で自転車修理作業。
P50_20101127_101520 自転車に擦り寄る川島ねこ
ねこの性格の違いは極端です。自転車を停めると逃げるやつがいるかと思うと、走りよってきて体をすり寄せてくるやつもいます。この子はちょっと鼻水たらしてたので顔をすり寄せるのは勘弁して欲しかった。



修理対象の自転車は6段変速のシティーサイクルでした。後輪スプロケット側のスポークが1本折れてさらにパンクしています。車輪はクイックレバー方式ではなくナット固定だったので外すのも大変。スポーツ車のメンテナンスのしやすさが良く分ります。

パンクの原因はスポークがチューブに刺さったのかと想像していましたが、タイヤ磨耗によりチューブ露出し路面と接したことによるパンクでした。即、ホームセンターにタイヤ買出しです。タイヤは27×1 3/8。チューブ付きしか売っていなかったのでそれを購入してもらいました。これによりパッチ修理の巧の技は不発に終わりました。戻ってタイヤ交換して後輪復活です。

問題はスポークの交換だったのですが、スプロケットの外し方が分りません。シマノのクイックレバー方式であれば工具を持っているのですがナット固定だとロックリングを緩める特殊工具が別に存在するのでしょうか。ニップルを調整してフレ取りをして走行可能な状態にするところで作業終了です。

一応修理完了の祝勝会でうどんをご馳走になり修理目的の半分は達成しました。

13:30狭山出発。入間川CR~豊水橋~県195~仏子~入間の茶畑の道~新奥多摩街道~羽村~多摩川CRで16:30帰宅。

走行時間:6h29m、距離:146.2km、AV.22.5km/h

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月26日 (金)

道路勾配

道路の勾配は%で表現されます。
10%であれば、100m進むと10m上る(下る)ことになります。
Koubai_2 各勾配がどれくらいの傾きなのかを単純な図にしてみました。左から右に20進んだときに上にいくつ進むかです。
図の上から5、10、15、20、25%です。
ちなみに角度で表現すると、それぞれ2.9、5.7、8.5、11.3、14.0度になります。
10%の傾きは図に描くと全然大したこと無いですね。ちょっと信じられないですけど、これが実際自転車で走るととんでもなくつらいのです。1km続いたら汗びっしょりでコンビニ休憩が必要です。こんなちょっとした傾きでペダリングの負荷が極端に重くなるのが不思議でたまらないのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月23日 (火)

今日も三毛ねこに会った

7:00起床。朝まで雨の予報だったので久しぶりに朝寝坊しました。雨はほとんど止んでいますが北風に乗って細かい雨が舞っています。午前中は諦めて久しぶりの図書館通いです。
11時過ぎると日差しも出てきて路面も乾いてきました。強めの北風が吹いていましたが気温が上がっているので軽く走っておくことにします。

12:30出発。多摩川CR~府中四谷橋~浅川CR~多摩川右岸CR~立日橋~多摩川CRで拝島橋折り返し16:00帰宅。
P50_20101123_130902 今日は府中市の多摩川マラソン大会がおこなわれていてCR上は大勢のランナーが走っていました。
自転車は徐行です。午後はハーフマラソンがスタートしたので多摩川原橋上流から石田大橋までの区間ランナーだらけです。府中四谷橋から右岸に迂回しました。



P50_20101123_140202 立川三毛ねこ
今日も三毛ねこ発見。
三毛ねこはメスがほとんどで、オスは貴重品なのだそうです。三毛ねこを見つけたらお尻を確認しましょう。




P50_20101123_140030 立川ねこ
茶トラなんだけど微妙に黒が混じっています。灰をかぶって汚れているようです。が、性格は良かったです。





走行時間:3h12m、距離:71.7km、AV.22.4km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

28%の坂を見た

5:50起床。洗いたての毛布は肌触りも良く快適な睡眠を誘います。目覚めてもなかなか布団から出られません。今朝も晴れてはいますがキレの悪い雲がたなびいてあまり日差しに恵まれないような感じです。当初は明日も休んで4連休として晩秋キャンプツーリングを計画していたのですが天気が続きません。今年の秋はキャンプもお泊りツーリングも出来なかったですね。
7:00出発。多摩川CR~浅川CR~高尾~町田街道~県48~R413~県513~県64~宮ヶ瀬湖~県60~厚木~三川緑地
Map20101121 今日のコース
宮ヶ瀬湖から南下して江ノ島経由の走行を考えていましたが、思いのほか走りが重くてとても日没までに帰れそうも無かったので厚木から北上して帰途に着きました。




P50_20101121_105100 宮ヶ瀬湖畔
宮ヶ瀬湖でもう11時近くになってしまいました。雲間からの日差しで紅葉の山と湖面の青緑のコントラストがきれい。





P50_20101121_121920 相模川ねこ
相模三川公園のベンチでおにぎり休憩。ふと河川敷に目をやるとねこが丸くなっているのを発見。近づくと三毛ねこでした。昨日に続き2日連続で三毛にめぐり合えました。
三毛は性格がよろしい。



三川公園~座間~県51~上鶴間の急坂
P50_20101121_132044 28%坂の上
境川が台地を削り取って作った段丘崖の坂道です。今回は下って味わいました。坂の長さは100mもありませんが、下る途中から傾斜が増して坂の下の方ほど急坂です。路面はタコの吸盤舗装になっています。



P50_20101121_132358 28%坂の下
坂ノ下の部分を横から見ています。ブロック塀や住宅の下の法面のコンクリートのラインは水平ですからかなりの角度です。下の20mだけだと30%はあるでしょう。




Map201011211_3 鶴間の28%坂の位置
鶴園小学校前という信号のある交差点から境川方面に進むとあります。GPSロガーの軌跡はこの付近でずいぶんずれてしまっています。




P50_20101121_132736 14.6%坂
周辺には何本か急坂が見られました。標識のある坂は少ないのですが、ここは14.6%坂。ブロック塀となす角度を見るともっとありそうですが28%坂よりも10%も緩いんです。




境川CR~町田~都47~尾根緑道~都20~大栗川遊歩道~関戸橋~多摩川CRで15:50帰宅。
雲が広がってしまったので16時前なのにもう街灯が点燈する薄暗さ。今日の日没は16:30なので16:15頃には丹沢の山に日は落ちてしまいます。

走行時間:7h30m、距離:154.6km、AV.20.5km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月20日 (土)

冬篭りの準備

6:30起床。予報では朝は曇りのはずでしたが青空が広がっています。遠くへ走りに行きたいところですが今日は冬の支度をします。
とはいえ朝早くから掃除機かけては近所迷惑なので、体を温めるのを兼ねてちょっと走ってきます。
7:50出発。多摩川CRで是政橋折り返し9:20帰宅。
部屋の大掃除、ホットカーペットを敷いて冬支度。毛布を背負って自転車でランドリーまで洗濯、乾燥待ち時間で多摩川原橋周回。ついでに床屋に行って髪をバッサリ。ヘルメットがきつくなっていたのがこれでブカブカに戻ります。
P50_20101120_140716 多摩川ねこ
茶色ぶち。






P50_20101120_141018 多摩川ねこ
これは最近珍しい三毛ねこ。性格もよろしい。






P50_20101120_140736 多摩川ねこ
この柄はいけませんねぇ。目つきもあやしい。






全てが終わり14:50多摩川CRで立川往復して16:10帰宅。
あとは年賀状を書けば今年は終わりです。

走行時間:4h19m、距離:99.7km、AV.23.1km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

諏訪森下

6:30起床。朝が遅くなるにつれ起床時間も遅くなってきました。今朝は昨日よりも本気度のある曇り空で7時過ぎても薄暗い朝です。冷え込みもなく風も弱く走るには悪くないコンディションですが気が乗らないまま9時過ぎまでウダウダ。
9:30出発。多摩川CR~浅川CR~高尾~都47~都48~川尻~R413~県510~小倉橋~相模川散策路~諏訪森下~大嶋坂~
Map20101114 相模川の小倉橋下流にある大きな中州「諏訪森下」を訪ねて見ました。






P50_20101114_113104 小倉橋
何年か振りで渡ってみましたがこんなに狭い橋だったとは。車は交互通行です。





P50_20101114_113334 相模川散策路
旧小倉橋の脇を左折すると川に沿った散策路となります。左手は標高差60mくらいの河岸段丘崖です。このままずっと相模川沿いに下れるのかと期待しましたが甘かったです。




P50_20101114_114032 新旧小倉橋
諏訪森下から見える2つの小倉橋です。旧小倉橋と比べ新小倉橋は大きいですね。両岸の段丘面上を直接つないでいます。
諏訪森下は相模川の大きな中洲で橋がかけられていて渡ることが出来ます。中州には田んぼが開かれていて最後の脱穀がおこなわれていました。


相模川散策路は相模川自然の村から大嶋坂という坂道で段丘面上に上らされました。この付近の段丘崖の標高差は60mくらいあるので侮れません。一度上がってしまったらもう下るのはイヤになってしまい帰途に着きます。
県48~田名あたり~県63~橋本五差路~境川~鑓水~市道~大田平橋~小栗川遊歩道~多摩川合流点
P50_20101114_133622 大栗川と多摩川合流点
八王子に入ったあとはなるべく上り返しの無いコースということで大栗川遊歩道に出てのんびりと川くだりです。





P50_20101114_141152 桜の紅葉
立川運動公園の桜の葉です。今年はきれいに赤くなりました。






立川折り返し~多摩川CRで15:30帰宅。
走行時間:5h22m、距離:116.9km、AV.21.7km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月13日 (土)

藤野佐野川地区の茶畑

6:00起床。高い空に雲が広がり薄暗い朝。昨日の人間ドックで飲んだバリウムの排出に努力し出発時刻がどんどん遅くなっていきます。

7:30出発。多摩川CR~浅川CR~陣馬街道に沿った道~県521~醍醐林道~醍醐峠~和田峠
Map20101113 今日のコース
浅川CRで八王子の陣馬街道を和田峠方面に走る予定でしたが陣馬街道が予想以上にダンプ走行が見られたためビビッて陣馬街道に並行する細道を辿りました。秋山街道との交差点を過ぎると交通量は激減し、ようやく色づいた山を見ながらの走りが出来るようになりました。


Map201011131 プロフィール
醍醐林道の上りは久しぶりでしたが、こんなにきつかったかなという印象です。特に林道の前半はペダルが重かったです。体力の半分以上はここで消耗しました。

P50_20101113_112324 醍醐峠付近
車が通らないので落ち葉が大量に降り積っていました。最高点は標高750mくらいで和田峠よりも60mほど高い位置です。





和田峠~県521~陣馬自然公園センター休~佐野川茶畑
P50_20101113_113324 和田への下り
富士山ビューポイント付近です。今日は黄砂でかすんでいる割には富士山のシルエットがうっすら見えました。





Map201011132 和田に下ったあと佐野川の茶畑を見に行きました。
陣馬自然公園センターで休憩した後ちょっと戻って「やさか茶屋」のところの細道に入り込むと佐野川に沿った谷に入り込みます。この谷の日当たりの良い斜面に茶畑がいっぱいあります。




P50_20101113_115220 佐野川地区入り口
佐野川に沿った谷が見渡せます。左手上のほうにも茶畑のようなものが見えます。多分そこが登里集落。





P50_20101113_120054 茶畑1
茶畑景観ポイントの案内があったので自転車を止めて撮影。山の上のほうまで切り開かれて茶畑になっています。





P50_20101113_120546 茶畑2
谷の奥地、鎌沢集落内にある茶畑です。






P50_20101113_121204 茶畑3
最奥の登里に向う途中の茶畑です。茶の畝は等高線に沿って作られています。写っている道路は結構な急坂でした。醍醐林道で脚を使い果たしているため途中で自転車を止め、後は歩きです。登里まであと100m上らなくてはならないので今回はここで撤収します。


P50_20101113_121550 茶畑4
鎌沢の集落の上に熊野神社がありました。その鳥居のあたりから見下ろした風景です。直下に停めてある自転車があります。





佐野川地区~県522~R20~藤野コンビニ休~R20~大垂水峠~高尾~浅川CR~多摩川CRで16:00帰宅。

走行時間:6h53m、距離:140.5km、AV.20.4km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月12日 (金)

人間ドックに向う途中パンクした

6:00起床。今日は会社を休んで人間ドックに行きます。せっかく休むのでクリニックまでは自転車で行きます。受付時間は8:30~9:00なのですが、少しでも走りたいので早めの出発です。
6:40出発。多摩川CR~
問診表や検体を持参する必要があるのでデイパックを背負って走行するので背中に汗をかかないように押さえ気味の走行です。それでも20分も走ると背中が蒸れた状態となりました。着ていたウインドブレーカを脱いでも背中に密着する部分はダメですね。

府中の森を過ぎる頃から何となく自転車が重く感じられるようになりました。段差舗装を通過するときも23Cタイヤに似つかわしくないフワフワ感が・・・。後輪がスローパンクしていました。
関戸橋まで何とかたどり着き、橋のたもとの陽だまりででパンク修理です。早めの出発が功を奏し時刻はまだ7:20くらいなので余裕です。
パンクの原因は小さなガラス片の突き刺さりでした。タイヤをチェックすると意外と多くのガラス片や金属片がめり込んでいます。
せっかくタイヤを外したのでめり込んでいる小片を抜き取りました。そのままにしておくと、もしかしたら走行するに従い段々タイヤの中に入り込んでチューブに達してパンクするかもしれません。
20分ほどかけてのんびりパッチ修理を完了し上流に向います。
平日朝の多摩川CRは自転車通勤のロードバイクが結構走ってるんですね。朝の通勤は時間との勝負。始業時刻が決まっていますから少しでも機動力を高めて時間を稼ぐために行き着く最後の装備はロードバイクなのでしょう。
結局パンク修理で時間を失ったため寄り道は出来なくなり真っ直ぐクリニックに向かい8:20到着。

12:20クリニック出発。奥多摩街道~昭島~多摩川CRで13:40帰宅。

P50_20101112_152836 せっかく良い天気なので15:00から是政橋まで周回、16:20帰宅.。
今年の桜は例年より赤く紅葉しているようです。
遠くの風景が白っぽくなっているのは季節外れの黄砂のせいかもしれません。



走行時間:3h55m、距離:88.4km、AV.22.5km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

仙川源流

5:50起床。曇っていて薄暗いし、昨日の疲れがあってなかなか動き出せません。
9:40出発。多摩川CR~二子玉川~野川~仙川遊歩道~祖師谷~三鷹~武蔵野~小金井~仙川上流端
Map20101107 今日のコース
二子玉川で多摩川に合流する野川の支流である仙川を野川との合流点から源流を目指します。調子の出ない日に走るにはもってこいのコースです。
仙川の長さ20.9kmある一級河川です。



P50_20101107_102346 野川との合流点(標高11m)
左から右に野川が流れ正面から仙川が流れ込んできます。
合流点では段差を流れ落ちるため泡だっています。





P50_20101107_103524 旧長崎家住宅
世田谷区立岡本公園民家園に寄り道。保存されている茅葺の古民家です。庭には畑が作られていて農家の雰囲気を再現しています。




P50_20101107_114720 人見街道野川宿橋の仙川(標高53m)
ここまでは川沿いの遊歩道を辿ることが出来ます。橋の上流側は急に川幅が3分の1ほどに狭まり川というより排水溝的な姿に変化する場所です。
右下の丸いところから水が湧水のように湧き出していました。自然の湧水かと思ったらここから1.7km下流で取水した水をわざわざポンプでここまで送り上げて放流しているそうです。定常的に水流が見られるようにするための仕組みですが、年間320万円の維持費がかかっています。
P50_20101107_124018 三鷹市下連雀あたり(標高55m)
野川宿橋から上流はずっとこんな感じの姿です。水はありますが流れていません。建物の隙間をぬって流れるようになるので川に沿って走ることはほとんどできません。時々暗渠になるので姿を見失い周辺を行ったり来たりして意外と走行距離が増えます。このあと仙川は武蔵境駅の東で中央線をくぐります。いつも荒川から多摩川に戻るとき走っていたコースとクロスしていました。川の存在は知っていましたが、これが仙川だったとは。

P50_20101107_132310 武蔵野市仙川水辺公園(標高62m)
ここだけはコンクリートから開放された仙川の姿が見られます。公園整備時に復元されたんですね。ここを流れている水は隣に立っている団地に降った雨水300トンを地下水槽に溜めて放流しているそうです。



P50_20101107_140302 小金井市貫井北町あたり(標高66m)
水の姿はなく単なるコンクリートの溝となってしまいました。その先は丸いトンネルで地中に潜っています。実はそこが仙川の源流だったのです。




P50_20101107_140424 仙川上流端(標高68m)
上の写真でトンネルになっていた場所です。ここが仙川の始まりと定義されています。場所は小金井市貫井北町三丁目の新小金井街道です。川の延長線上を見ると住宅地となっていて川の姿はありません。その先の延長線上には学校と情報通信研究機構の敷地となっていますので、もしかしたらその中に湧水などあるのかもしれません。周囲を探索しましたが谷地形が認められるだけでした。

上流端の標識では「せんかわ(Senkawa)」となっていますが、スタートの野川合流点では「せんがわ(Sengawa)」と濁っています。これは下流部では生活廃水で水が濁っていたためでしょうか???
~都248~府中街道~是政橋~多摩川CRで15:20帰宅。
P50_20101107_145948 うろこ雲
いつの間にか天気は良くなっていて多摩川CRでは午後の日差しを受けてポカポカ陽気。上空をうろこ雲が流れていきます。





走行時間:4h41m、走行距離:79.6km、AV.16.9km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

飯能の山道を上下する

5:50起床。快晴の朝。まだ日出前なので朝食を取って出発準備。11月に入ってようやく秋雨シーズンが明けたようです。その代わり朝方は冷え込むようになりましたが・・・。これで多摩川も川霧のシーズンに入りましたね。
6:40出発。今日は飯能の山道を走ります。出発して10分ほど走って昨日準備しておいた地図を忘れたことに気づきました。ここで戻ったら20分のロスとなるので諦めて進みます。先日のデジカメ忘れもあったし、忘れ物しやすくなったなぁ。
Map201011061 今日のコース
多摩川CR~昭島~都29~福生~羽村市街地~都181~都44~笹仁田峠~市道~成木~都221~山王峠~原市場~9:40倉掛峠~県350~双沢林道~10:30子の権現(64.8km)。




Map201011062 プロフィール
最高点は子の権現入り口の610mくらい



Map20101106 飯能の山道拡大
山道の上りはきついですが好きでやっているので問題ありません。厳しかったのはR299の区間。土曜日でもダンプ、トレーラーの走行割合が多くヒヤヒヤものでした。
トレーラーが後ろに迫りブレーキをかける「プシュー」という音を聞くと「ジャマダー」といわれているようで気が悪いっす。


P50_20101106_100050 子の権現に向う途中
山村ののんびりした風景です。日当たりが良いのでとても暖かです。





P50_20101106_102252 子の権現まで300m
この標識の先に見えているコーナーから次のヘアピンの先までが今日一番の大仕事でした。





P50_20101106_102750 子の権現入り口
参道の入り口の両側にはみやげ物を売っている茶店もあります。
反対側の林道からはマイクロバスも登ってきて参拝の団体さんも来ていました。後ろのスギは樹齢800年の二本スギ。1本は枯れたのか3mほどの高さの幹が残っています。


P50_20101106_104014 子の権現
茅葺屋根は庫裏、手前は本堂
庫裏にあるお守りやお札の販売所にはねこが店番していました。写真撮ろうとしたら団体のおばちゃんが来てワーワーキャーキャーねこちゃんいるいるなんて騒ぐから奥に行ってしまいました。


P50_20101106_103852 鐘を撞く
本堂の裏を登っていくと真っ赤なもみじの小道でした。日差しを受けたもみじが間接照明のように地面が赤く照らされていました。
奥には鐘楼があり、鐘を撞いても良いそうなので人生で初めて一発「グゥオーン」と。こんなでかい音が出るとは思いませんでした。

11:00子の権現出発~林道~県395~R299~11:40東吾野駅休憩~12:00平坂飛村林道~
P50_20101106_123446 平坂飛村林道ピーク
東吾野駅から駅裏に回りこみ小学校方向に進むと林道入り口となります。全面舗装で路面も良好。最初は高麗川の谷に沿って杉林の中を何度もアップダウンしながら標高を上げていきます。時々木々の隙間から下のほうを走るR299が見えます。ピークは標高400mほど。峠名を記すものはありませんでした。


県350~12:50原市場名栗林道~
P50_20101106_130908 原市場名栗林道
林道に入り込むとき、ここを走っていたら時間的に日暮れまでに帰れないんじゃないかと頭をよぎりました。
尾根を回りこんで標高を上げると北東~南東方向の見晴らしの良いコースになります。



県53~県70~市道~大河原~県28~東青梅~新奥多摩街道~羽村~多摩川CRで16:30帰宅。
もうひたすら走るだけです。名栗から小沢峠越えが距離的には近いのですが150mほどの標高差を越えるのがイヤで飯能まで川沿いに逃げました。結局、飯能と青梅までの上り返しで獲得標高差は大差無いんですけどね。
P50_20101106_162638 日没
今日の日没は16:42でした。多摩水道橋に戻ってきたとき16:28なのに太陽は富士山の左側の裾野に沈んでいきました。日没は地平線下に太陽の上端が沈む時刻なので、実際は西の地平線上2~3度くらいの高さまで丹沢がそびえているため太陽が山の端に消えるのは15分くらい早いのです。


走行時間:8h14m、走行距離:172.3km、AV.20.9km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

忘れ物を取りに帰省

5:50起床。ちょっと冷え込んだ朝。今日は、先日羽生に帰ったとき置き忘れてきたデジカメの回収に向います。アメダスの風を見ると埼玉県方面は早くも北西風が吹き始めています。日が高くなるともっと強まる可能性があるので少しでも早く出発しなくてはいけません。今日の日没は16:45。日中の時間はたったの10時間40分しかありません。
今シーズン初手袋&初ウインドブレーカを着て早く体が温まるようにします。

6:20出発。多摩川CR~都19~都12~ひばりが丘~県36~志木~羽根倉橋~
Map20101103 羽倉橋上では上流方向からかなりの風を受けます。この先、吹きさらしの荒川CRを北上するのはちょっと精神的に弱気になり、市街地を風除けにして羽生を目指します。
荒川左岸沿い~指扇~県57~荒川沿い~北本~県164~
鴻巣を過ぎると市街地は姿を消し風除け作戦の継続が困難になります。広大な田畑の中の吹きさらしを体を小さくして風に向って進みます。

県308~県32~11:00羽生着。
デジカメの回収に成功。すぐ出発したかったのですが、せっかく来たんだからとインスタントラーメンをご馳走になります。
11:30羽生出発。羽生市街~昭和橋~利根川CR~12:00利根大堰。
P50_20101103_120224 行田市の利根大堰
羽生から利根川CRも向かい風。堰に設けられている魚道を見学していきます。今年も鮭の遡上が始まっているそうです。





P50_20101103_120928 鮭遡上数
去年が圧倒的に多かったんですね。見に来る時間帯によって鮭の姿が見られない場合があるようです。
去年は早朝に来て魚道でジャンプする鮭を見ることが出来ました。



12:10利根大堰出発~県128~12:40熊谷~荒川CR~羽根倉橋~志木~県36~ひばりが丘~都12~都9~15:50多摩川到達
熊谷まで進んでいては日没に間に合わない不安がよぎりましたが、帰路の荒川CRは往路の借りを返す追い風です。予想通り快調な追い風走行となりました。
川越線を越えたあたりで西の空に大きな煙の輪が見えました。今日は入間基地の航空祭でブルーインパルスの展示飛行がおこなわれているのでした。
P50_20101103_163014 明るいうちに帰宅
予定よりも早く多摩川に戻ってこれたので是政橋まで周回してクールダウンして帰宅します。
熊谷から3時間10分で多摩川到達は上出来でした。追い風サマサマです。



多摩川CRで是政橋周回して16:40帰宅。
走行時間:8h23m、距離:200.2km、AV.23.8km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火)

幅寄せしてきた車はコイツだ

10月31日13時15分頃、都道12号線(武蔵境通り)の神代植物公園入り口付近を多摩川に向って自転車で走行中、車に思いっきり幅寄せされました。
僕は路側帯の白線上を時速25km/hほどで直進していると、ぶわぁーって感じで右側10cmも離れていない所を通過しクラクションを鳴らして行きました。
Img20101031_131617 深大寺入り口の信号で追いついて写真に撮りました。
ナンバーがばっちり写ってますね。
川崎330は・212
このあともハンドルを左に切って走行を妨害する有様。
負けるのは自転車なのでここはやむなく歩道に退避しました。
こういう車には注意したいところですが、いかんせん後方から仕掛けてくるので不意打ちとなります。
皆様もお気をつけください。
(嫌がらせで幅寄せを行った場合は暴行罪に問われるそうです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »