« 忘れ物を取りに帰省 | トップページ | 仙川源流 »

2010年11月 6日 (土)

飯能の山道を上下する

5:50起床。快晴の朝。まだ日出前なので朝食を取って出発準備。11月に入ってようやく秋雨シーズンが明けたようです。その代わり朝方は冷え込むようになりましたが・・・。これで多摩川も川霧のシーズンに入りましたね。
6:40出発。今日は飯能の山道を走ります。出発して10分ほど走って昨日準備しておいた地図を忘れたことに気づきました。ここで戻ったら20分のロスとなるので諦めて進みます。先日のデジカメ忘れもあったし、忘れ物しやすくなったなぁ。
Map201011061 今日のコース
多摩川CR~昭島~都29~福生~羽村市街地~都181~都44~笹仁田峠~市道~成木~都221~山王峠~原市場~9:40倉掛峠~県350~双沢林道~10:30子の権現(64.8km)。




Map201011062 プロフィール
最高点は子の権現入り口の610mくらい



Map20101106 飯能の山道拡大
山道の上りはきついですが好きでやっているので問題ありません。厳しかったのはR299の区間。土曜日でもダンプ、トレーラーの走行割合が多くヒヤヒヤものでした。
トレーラーが後ろに迫りブレーキをかける「プシュー」という音を聞くと「ジャマダー」といわれているようで気が悪いっす。


P50_20101106_100050 子の権現に向う途中
山村ののんびりした風景です。日当たりが良いのでとても暖かです。





P50_20101106_102252 子の権現まで300m
この標識の先に見えているコーナーから次のヘアピンの先までが今日一番の大仕事でした。





P50_20101106_102750 子の権現入り口
参道の入り口の両側にはみやげ物を売っている茶店もあります。
反対側の林道からはマイクロバスも登ってきて参拝の団体さんも来ていました。後ろのスギは樹齢800年の二本スギ。1本は枯れたのか3mほどの高さの幹が残っています。


P50_20101106_104014 子の権現
茅葺屋根は庫裏、手前は本堂
庫裏にあるお守りやお札の販売所にはねこが店番していました。写真撮ろうとしたら団体のおばちゃんが来てワーワーキャーキャーねこちゃんいるいるなんて騒ぐから奥に行ってしまいました。


P50_20101106_103852 鐘を撞く
本堂の裏を登っていくと真っ赤なもみじの小道でした。日差しを受けたもみじが間接照明のように地面が赤く照らされていました。
奥には鐘楼があり、鐘を撞いても良いそうなので人生で初めて一発「グゥオーン」と。こんなでかい音が出るとは思いませんでした。

11:00子の権現出発~林道~県395~R299~11:40東吾野駅休憩~12:00平坂飛村林道~
P50_20101106_123446 平坂飛村林道ピーク
東吾野駅から駅裏に回りこみ小学校方向に進むと林道入り口となります。全面舗装で路面も良好。最初は高麗川の谷に沿って杉林の中を何度もアップダウンしながら標高を上げていきます。時々木々の隙間から下のほうを走るR299が見えます。ピークは標高400mほど。峠名を記すものはありませんでした。


県350~12:50原市場名栗林道~
P50_20101106_130908 原市場名栗林道
林道に入り込むとき、ここを走っていたら時間的に日暮れまでに帰れないんじゃないかと頭をよぎりました。
尾根を回りこんで標高を上げると北東~南東方向の見晴らしの良いコースになります。



県53~県70~市道~大河原~県28~東青梅~新奥多摩街道~羽村~多摩川CRで16:30帰宅。
もうひたすら走るだけです。名栗から小沢峠越えが距離的には近いのですが150mほどの標高差を越えるのがイヤで飯能まで川沿いに逃げました。結局、飯能と青梅までの上り返しで獲得標高差は大差無いんですけどね。
P50_20101106_162638 日没
今日の日没は16:42でした。多摩水道橋に戻ってきたとき16:28なのに太陽は富士山の左側の裾野に沈んでいきました。日没は地平線下に太陽の上端が沈む時刻なので、実際は西の地平線上2~3度くらいの高さまで丹沢がそびえているため太陽が山の端に消えるのは15分くらい早いのです。


走行時間:8h14m、走行距離:172.3km、AV.20.9km/h

|

« 忘れ物を取りに帰省 | トップページ | 仙川源流 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/49955873

この記事へのトラックバック一覧です: 飯能の山道を上下する:

« 忘れ物を取りに帰省 | トップページ | 仙川源流 »