« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月25日 (月)

一家に一本ケーブルカッター

昨日の出張自転車修理で活躍したケーブルカッターです。
P50_20110425_225326 シマノケーブルカッターTL-CT10(2630円で購入)
2004年7月に購入して昨日までの間に使ったのはたった2回。2008年7月にシフトケーブルが切れて交換したとき以来3年10ヶ月ぶりの活躍でした。シフトワイヤーはカツンと一発できれいに切れます。アウターケーブルもコクッときれいな断面で切れます。切り口が楕円に潰れてしまうところはご愛嬌でニードルを差し込んで丸く修復します。また、シフトワイヤーの切り口がほつれるのを防ぐために止めるキャップもグニッとつぶして固定できます。
活躍したのは7年で2回と非常に出場機会の少ない工具ですが控え選手ではなく立派なレギュラーです。
ケーブル切りたいけど切れないというあなた、出張して切りますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月24日 (日)

お子様自転車の後輪を交換した

4:30起床。昨夜の雨と南風は収まり快晴の朝。今日は自転車出張修理の第3弾の予約が入っているので連休ツーリング前最後の練習走行をかねた走り込みを目論んでいましたが路面はまだ半乾き状態。先週使ったままのキャリアを取り外したりして時間調整。羽田~葛西臨海公園~荒川CR~入間川CRの東回りコースを考えていましたがこのスタートディレイにより諦め、多摩川CR~入間川CRの西回りに変更。

6:00出発。
Map20110424 多摩川CR~是政橋手前でパンク。パッチ修理~羽村チューリップ~新奥多摩街道~東青梅~都28~都53~吹上峠~都193~松ノ木トンネル~都53~小沢峠~有間ダム入り口でパンク。パッチ修理~折り返し~県53~県70~飯能~R299~豊水橋~入間川CR~11:00狭山自転車修理。



P50_20110424_082556 羽村のチューリップ
根がらみ前水田に今年もチューリップが咲きそろいました。でも今年は震災のため早々にチューリップ祭りは中止が決定されてしまい、花だけが静かに咲いていました。




P50_20110424_082700 絨毯のように
こんなに良く咲いているのだからお祭りやればよかったのに。羽村市では地震の影響は無かったはず。単なる自粛ムードの中で中止を決定してしまったのでしょうか。




P50_20110424_082848 山は萌黄のマダラ模様
桜が終わると一気に新緑が燃え出します。丘陵や山腹では芽生えた新緑の淡い緑が新鮮です。





P50_20110424_110150 入間川CR
ここまで2度のパンクに見舞われて30分以上のタイムロス。雨上がりはパンクしやすいのでしょうか。





今日の修理はリアのシフトケーブル交換でした。雨と日光により劣化したアウターケーブルが破れてインナーワイヤーが飛び出したためギヤシフトできなくなってしまったもの。
錆びたワイヤーとアウターケーブルをそっくり交換。そのあとギヤシフトの微調整で終了。これはそんなに難しい修理ではありませんでした。
 しかし、そのあとに待っていたのはお子様自転車の後輪タイヤ交換でした。お子様自転車の造りは堅牢無比。お子様の力任せのハードな使用に絶えられるようがっちり作られています。意味の無いハードブレーキングでタイヤロックし偏磨耗が発生しカーカスが出ていました。ホイール外すのにクイックリリース機構なんてありませんからタイヤ外すの大変。しかもシングルギヤなのでチェーンを外すところから始めなければなりません。大人2人で1時間以上かかりました。
 今日も昼食をご馳走になり休憩後、さらにもう1台のお子様自転車の後輪タイヤ交換。サイズが小さいので中腰仕事が長時間続き腰が悲鳴を上げています。スポーツ自転車のメンテナンス性の良さが良く分ります。

14:50出発~入間川CR~豊水橋~R299沿いの道~県195~都28~東青梅~新奥多摩街道~羽村~多摩川CR~昭島鯛焼き休憩~18:00帰宅。

走行時間:7h00m、距離:161.0km、AV.23.0km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月19日 (火)

一之瀬高原のワナ

4月17日(日)
5:10起床。快晴ですが昨日の暑さは消えてヒンヤリ。昨晩は温泉につかったおかげかそんなに疲労感も残っていません。早朝の出発を伝えておいたのでユースの管理人さんはもう起きていてお見送りしてくださいました。
「今日はどちらまで」と、お決りの問いかけに、つい「塩山から柳沢峠を越えようかと思います」と答えてしまいました。これで今日のコースは決定してしまったようなものです。

5:40石和YH出発。Map20110417
前半のルート
石和温泉街~笛吹川沿い~万力公園~県205~県38~恵林寺~放光寺~フルーツライン~県201~裂石~R411~柳沢峠~一之瀬林道~一之瀬高原~R411~13:30奥多摩湖




Map201104171_2 コースプロフィール




P50_20110417_054948 石和温泉のさくら並木
細い用一直線の水路に沿ってさくら並木があり両側は温泉旅館が並びます。花はすっかり散ってしまっていますが見ごたえありそうな並木です。




P50_20110417_055838 笛吹川沿いの桃畑
石和の街並みを外れるともも畑となり昨日の続きです。もう見飽きたという感じですがどこまでも続きます。





P50_20110417_070434 7:00放光寺近くの水車小屋
巨峰の牧丘の手前です。この付近もまだ桃が優勢です。ぶどう畑はもう少し標高が高くて傾斜のあるところに広がります。





P50_20110417_073138 塩山方面
フルーツラインで標高をキープしたまま塩山方面に。右手に盆地の風景を眺めながら走ります。写真では分りにくいですが笛吹市方面の扇状地の斜面が桃の花でピンクに染まっているのが見えます。富士山も見えているのですがコンデジの描写力には限界があります。


P50_20110417_075340 7:50イトザクラ
裂石まではR411を使わず並行する県道201や脇道を利用します。ここは慈雲寺。イトザクラで有名です。花びらはほとんど散っていますがまだピンク色をしています。




P50_20110417_080810 スモモ
標高を上げるとピンクの桃はまだ蕾のまま。変わって真っ白なスモモの花が満開です。今日も季節の逆回しを楽しみます。このあたりを過ぎ集落が途切れると上りがきつさを増します。柳沢峠越えで一番きつく感じるところです。



P50_20110417_085002 8:40裂石
やっと裂石の番屋茶屋に到着。自販機は冬季販売中止中。お店の中のおかみさんに缶コーヒーを出してもらいました。ヨモギ餅もあるよ~なんてお誘いもありましたがまだ上り半分残っていますのでパス。
裂石を過ぎると高規格なR411となりますので一定のペースで淡々と走れるようになります。

P50_20110417_095630 10:00柳沢峠直前
峠直前にある柳沢峠の看板。峠は正面の道が消えているところ。峠では予想通りバイクがいっぱいいて標高の書いてある峠の碑での撮影は不可能だったのでここで撮影しておいて正解でした。下りに備えて防寒用にフリースを着込みます。



Map201104172 一之瀬高原
柳沢峠到着が予定よりも早かったので少し下ったあと一之瀬高原に立ち寄ることにしました。一之瀬高原への道はR411から2箇所でつながっています。高いほうから入って低い方から出れば大した苦労も無かろうと読みました。



P50_20110417_102240 一之瀬高原へ
柳沢峠から標高差370mほど下った場所から左折して一之瀬高原に向います。写真のポイントは少し入り込んだ高橋集落との分岐点。ここから犬切峠まで200mの上りです。




P50_20110417_104634 10:50多摩川源流
犬切り峠を過ぎて緩い下りとなります。ここは大栗展望台。正面には落葉松尾山や笠取山などの山梨埼玉県境の山並みです。笠取り山西では多摩川と荒川と富士川の分水嶺になっています。



P50_20110417_105836 こんなところも
一之瀬林道は新しく舗装されなおしてあり良好な路面です。でも日影ではこんな場所もありました。標高1300mはまだまだ冬が残っています。




P50_20110417_111542 R411に下る道は通行止め
集落内を通過してあとはR411まで下るだけと思っていたところに予想だにしなかった通行止めが現れました。斜面崩落らしいです。ということはR411に復帰するためには入ってきた道に戻るしかありません。まんまとワナにかかってしまいました。ここは自重して迂回路へ。大人の選択です。


P50_20110417_112054 一之瀬集落
途中民家の脇を通ったとき、子供と遊んでいた飼い犬が僕に気づいて猛烈な勢いで突進してきました。マズイなと思った通りバウワウ!と吠えまくり並走して左足に噛みつこうとします。飼い主には申し訳ないですが鼻面を数回蹴飛ばさせていただきました。それでもめげずに追跡してきましたので見上げた番犬ではあります。
犬の攻撃をかわしてホッとしたのもつかの間。ここから犬切峠までは奥多摩の風張林道を越える激坂区間が待っていました。ここはホントに犬にいじめられる場所です。
P50_20110417_130634 深山橋
この日の奥多摩湖の貯水率は47%。水位が下がって湖面に渡してあったドラム缶橋は寸断されています。深山橋も水面からずいぶん高い位置になりました。




奥多摩湖~青梅~新奥多摩街道~羽村~多摩川CR~16:00鯛焼き休憩~17:20帰宅。
これで3年続けて桃の花ツーリング成功です。

走行時間:8h50m、距離:162.5km、AV.18.4km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月18日 (月)

公開放送をガラス越しに見る

今日の坂崎幸之助と吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLDは東日本大震災 被災地復興支援のスペシャルで5時間近い生放送。放送をしているイマジンスタジオをガラス越しに見ることが出来るそうなので仕事帰りに行ってきました。
P50_20110418_214600整理券
ニッポン放送前に着いたのは20時頃。担当の人が整理券を
配っていました。次は21:30から入場とのことなのでビックカメラに行って時間をつぶします。

21:30整理券の番号順に玄関から入って地下にあるスタジオへの階段を下ります。時間で区切って入れ替え制なのでちょっと進んで止まるを繰り返し、21:45頃ようやくスタジオ前に着いたところでチャリティーの募金箱。僕の気持ちを入れさせていただきました。その先にはイマジンスタジオがあり。何とガラス越し&他人の頭越し僅か2メートルも無い距離に生放送中の拓郎がいます。向かいに坂崎幸之助、左に大竹しのぶ、斜め前に広瀬香美の3人。そしてスタジオ内には抽選で当たった幸運な招待のお客さん。
超近ーい!。これまでナマ拓郎はコンサート会場の後ろの方からしか見たことが無かったのに、こんな近くていいのでしょうか。あれは2007年8月21日サンシティ越谷市民ホールでのコンサート以来となります。
途中CMになり退席したあと戻ってきて生演奏する気配。ハーモニカホルダーを首に下げてギターを抱えなにか軽く吹いています。期待感が高まります。ぜひ歌っている姿を見てみたい。というところで入れ替えの時間となってしまいました。限りなくザンネン!

時間にして15分も無かったでしょうが来た甲斐がありました。
拓郎は実に若々しく元気そうです。これなら今年のコンサート間違い無しですね。

追記:
翌日録音を聞いたら、22時からの全国ネットに入ってすぐ「春を待つ手紙」を弾語りしたんですね。見たかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月17日 (日)

桃の里へ向う

4月16日(土)
4:30起床。前夜、お泊りツーリングへ行くと決めたせいか目覚めばっちりです。気になるのは天気です。外は雨が降った形跡は無く路面は乾いています。さっそくレーダーを見ると伊豆半島から三浦半島、房総南部にかけて雨雲の列があり東北東進。これ以上陸地にかかってきそうもありません。キャリアとフロントバックを取り付け準備出来次第出発です。
Map20110416_4上野原から石和温泉までのルート
出発時刻が早く時間に余裕があったので大月から富士五湖を経由して芦川沿いに下って市川大門で甲府盆地に出て盆地東側の扇状地に広がる桃畑を走ります。




5:40出発。多摩川CR~浅川CR~高尾~R20~大垂水峠~大月~R139~富士吉田~R137~河口湖~県710~西湖~県21~R139~精進湖~R358~県36~甲府盆地
P50_20110416_075822 8:00大垂水峠
大垂水手前の温度計で8時前に16度を表示していました。R20はまだ交通量が少なくマイペースで峠クリアです。





P50_20110416_090018 大月市梁川町あたり
9:10空腹を感じたので鳥沢のコンビニに停車。藤野あたりからすっかり青空になりました。気温が上昇して暑くて仕方ありません。




P50_20110416_123530

12:30西湖
大月から富士吉田に向って上ります。高度が上がるにつれ散っていた桜が花をつけ河口湖ではまだつぼみでした。高度を上げることで季節を逆廻しできるおもしろい時期です。



P50_20110416_133050 13:30永泰寺のさくら
精進湖からR358で芦川の谷に下ると再び季節が早回しで進み上九一色あたりで満開を迎えます。ここは昨年も立ち寄ったところ。すぐ上をR358が通っているのですが死角になっているのでみんな気づかず素通りしていきます。



P50_20110416_134610 芦川沿いの県道36
R358と分岐したあと県道36は交通量がほとんど無くなり自転車天国です。信号も無く川に沿ってゆったりとした下りが続き快走できます。




P50_20110416_141918 14:20甲府盆地に出る
芦川の谷が急に開け市川大門近くの盆地に放り出されるような感じです。そのまま進むと笛吹川まで下ってしまうので少し標高のある広域農道に沿って笛吹市方面に進みます。中央市あたりから斜面や丘の上に桃の果樹園が現れはじめます。



広域農道や畑の細道をつないでのんびり桃の花見をしながら走ります。ただしのんびりとはいえ斜面に沿っているのでアップダウンの連続です。
P50_20110416_153632 桃畑
菜の花と桃の花の相性が大変よろしい。
桃はさくらよりも色が濃いので鮮やかです。





P50_20110416_153700 桃畑
とにかくピンクに覆われます。ほとんど快晴の天気となり夕方までの時間を花見走行に費やします。
甲州市に入ると標高の高いところはぶどう棚に変わっていきます。



P50_20110416_154058自転車と一緒に。
所々で農家の人が受粉と花摘みをしていました。花の咲いている時期に綿棒のお化けみたいな竿を使っています。





笛吹市の桃畑の小道~県34~R411~笛吹橋~17:00石和YH着
P50_20110416_170046 今夜のお宿
昨年も泊まった石和ユースです。非会員なので素泊まり3900円。予約無しで飛び込みで行きました。そしたら何と僕一人らしい。土曜の夜なのにみんなどこに行ってしまったの?。2段ベッドが4つある8人部屋を独占して使わせていただきました。温泉もゆったり時間を気にせず疲労した筋肉をほぐします。風呂上りにロビーでマッタリしていると御主人がコーヒーを入れてくれました。ほかに宿泊客がいないので静かな時間が流れていきます。

宿泊客の書きこんだノートをパラパラと読んでみましたが定年になってまたYHの旅を再開した人が結構いらっしゃるようで決して若者だけの宿ではなくなってきているようです。自転車旅の人、青春18切符旅の人、バイクツーリングの人、ユースホステルを利用する人は旅行ではなく旅を楽しむ人が多いのかもしれません。
柱時計がボンボンと9回鳴ったのでそろそろ寝ることに。また明日も一生懸命走って家に帰らなくてはなりません。

走行時間:9h40m、距離:202.3km、AV.20.9km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月11日 (月)

花を見に行った

6:00起床。晴れています。今日は5ヶ月ぶりの有給休暇を取得してお休みです。午後からにわか雨の予報なので遠出はやめて近所を巡ります。
10:50出発。多摩川CR~深大寺~国立天文台~多摩川CR~立川折り返し~多摩川CRで15:00帰宅。
P50_20110411_105858 用水沿い
近所のさくらはもう散り始めています。用水の水面には花びらのマダラ模様が流れています。





P50_20110411_120702 天文台のさくら
昼時だったので職員の人たちがお弁当を持ってさくらの下でお昼を食べていました。こういう環境で仕事が出来るのはうらやましいですね。




P50_20110411_130246 立川のさくら
運動公園の裏手の小川沿いです。花の下では平日にもかかわらずたくさんの人が花見を楽しんでいました。





花を見て和んで帰宅してウトウトしていたら夕方大きな地震が来てビックリ。寝込みを襲われのんびりした春気分が全部吹き飛びました。

走行時間:3h30m、距離:68.0km、AV.19.4km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月10日 (日)

井上成美記念館にいく

5:20起床。明るい曇り空。いつの間にか日の出時刻は5:15まで早まっていました。数日続いた強い南風は収まり今朝は弱い北東風。昨日は風とパラツク雨で引き篭もってしまったのでその分も取り返すべく長距離走を企てます。
6:00出発。多摩川CR~六郷橋~R15~横浜~R357~八景島~R16~9:40横須賀Map20110410
今日のコース
時計回りに三浦半島を周回します。






P50_20110410_094220 横須賀軍港
海上自衛隊の大きな空母のような艦が停泊していました。艦番号181を調べると護衛艦「ひゅうが」です。ひゅうがの艦首の向うに見えるフラットな艦尾は同型艦の「いせ」かもしれません。




~R16~県209~浦賀~県210~久里浜~R134~県215~市道~11:40剣崎灯台P50_20110410_113824
剣崎灯台
県215から左折してキャベツ畑の中を走っていくと三浦半島の断崖の上に剣崎灯台が立っています。
初点灯の日が刻まれています。英語では1871年3月1日で140年も前です。漢字で書いてある明治4年正月11日は旧暦でしょうか。


Map201104101 横須賀市長井にある井上成美記念館を訪ねます。
井上成美は太平洋戦争中の海軍軍人で米内光政、山本五十六と組んで日独伊3国同盟、日米開戦に反対した条約派の提督。昭和20年5月に海軍大将に昇進。学生の頃阿川弘之の書いた小説を読んでその生き方に感動したことを覚えています。



剣崎灯台~県215~三崎漁港~県26~R134~長井~13:20井上成美記念館
P50_20110410_131154 記念館に向う道
荒崎の最後のバス停から細い路地を上って行きます。途中に何の案内も無いので何度か道を間違えては引き返します。





P50_20110410_131528 休館中だった
ひょっこり道が行き止まりになったところが記念館でした。電柱に休館のお知らせの張り紙が。先の震災により一部損傷してしまったそうです。




P50_20110410_131704 これは!
入り口脇にあった海軍の標識。これは横須賀水道みち沿いに埋められていた標識ではないか。こんなところで再会するとは。





P50_20110410_131712 記念館入り口
何も知らないと女性の名前と間違えるかもしれません。成美と書いて「しげよし」と読みます。
記念館の庭からは南西方向の見晴らしが良く相模湾方面の海が見渡せます。



記念館~R134~14:30江ノ島P50_20110410_143558
江の島ねこ
江の島は2ヶ月ぶりくらいでしょうか。相変わらずねこ天国です。






~R467~境川CR~都57~津久井道~多摩川CRで18:00帰宅。
境川CR走行中前輪の空気が甘くなり3回ほど止まって空気を入れました。スローパンクしているようで空気のもちが次第に悪くなっていきます。何度も空気を入れるのに時間を取られては日没前に帰宅出来ません。境川CRを離れる前に思い切ってパッチ修理をします。原因はガラス片によるチューブカットでした。

走行時間:9:23m、距離:218.7km、AV.23.3km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 9日 (土)

バックアップDVD

昨今の報道を見て、不側の事態に備えてのバックアップの必要性を感じます。
パソコンのハードディスクに溜め込んでいる拓郎モノもディスクが壊れたら失われてしまいます。
P50_20110409_091000 私蔵版オールナイトニッポンGOLD
第1回~第48回までの本編と増刊49回分を収録。
オールナイトニッポンGOLDのCMカットした音源を溜め込んできました。かなりの容量になっています。ハードディスクが壊れたらおしまいなのでDVDにバックアップしました。
不測の事態というのはまさに予想外のことなので想定が出来ないことです。このDVDがパソコンと同じ所にあると同時に失われてしまいます。危険分散のためこのDVDディスクは実家帰ったときにこっそり押入れにでも隠しておこうかと思います。
閑人のすることでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 7日 (木)

一家に一個ボスフリー抜き

先日スポーク修理に行ったナミッキーさんから修理のときに使ったボスフリー抜きを頂きました。この工具は走るコースにあわせてその都度スプロケットを替えるような人なら持っていていいでしょうけれど普通の人はまず使わないですよね。
P50_20110407_210054 TW-FW30
池袋の東急ハンズに1個だけ残っていた最後のものだそうです。なので今も品切れかもしれません。今流行の買いだめされたわけではありません。




P50_20110407_210148 六角の下のギザギザの部分がスプロケットの内側ミゾに噛んでモンキーレンチで反時計回りに回すとスプロケットが緩む仕組みです。スプロケットを取り付けるときは時計回りにまわして締め込みます。
ちなみに僕が使っているロックリング方式のスプロケットはずしと比べたところ、六角の頭の部分、差し込むミゾの直径、幅共に同じでした。違いは真中に穴が無い代わりにクイックリリースの穴に差し込む突起があること。ためしにクイックリリースを外してロックリング部分に差し込んでみるとピッタリ嵌ります。ということはボスフリー抜きでもロックリングは外せるということです。大は小を兼ねるといいますが、フリー外しの工具については

    ボスフリー抜き > ロックリング外し

ということでボスフリー抜きの方がエライということが判明しました。
こいつは良い物を頂いたものです。感謝感謝!。いつでも自転車修理に行きますよ!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 3日 (日)

周回コースを開拓する

5:40起床。どんよりした曇り空。昨日と空気が入れ替わりひんやりした感じ。天気はこのまま曇が続くようで花冷えの一日。おまけに昨日床屋に行って髪をバッサリ切ってしまったので頭が寒くて仕方ありません。午前中は近所に買い物に行ってお終い。
Map20110403 周回コース
雨の降りそうな日や気の乗らない日に遠くまで行かずそれなりに坂のあるコースを用意しておきます。多摩川CRの平坦部分とよみうりランドのある丘陵部分をつないで走るコースで1周の距離は15.9km、最低標高20m、最高標高110m、信号20箇所、踏み切り1ヶ所。今日は3周しましたが踏み切り3回とも引っ掛かりました。

13:00出発。多摩川CRで多摩水道橋~多摩川原橋~都19~都124~よみうりランド~多摩川CRを3周して16:30帰宅。
P50_20110403_144552 よみうりランド坂
京王よみうりランド駅からよみうりランド丘の湯までの上り区間が最大の難所でした。35mから110mまで75mの標高差を狭くて路肩の路面が荒れていて交通量が多い県道を走ります。県道ではなく読売V通りの方が車に悩まされないで済みそうです。
でも同じところを周回するのはあまり楽しくない。


走行時間:3h11m、距離:68.5km、AV.21.5km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 2日 (土)

鶴峠

5:40起床。薄曇の朝。気温は高めです。早くも4月に突入してしまいました。ゴールデンウィークまで1ヶ月。このままでは走りこみ不足でキャンプツーリングで苦戦してしまいます。連休前の4回の週末でいかに強化するかが重要です。
Map20110402 6:30出発。多摩川CR~羽村~新奥多摩街道~青梅~R411~10:05奥多摩湖(74.5km)

R411にあるトンネルは節電のため普段より照明灯の数が少なくなっていて暗めです。



P50_20110402_100634 奥多摩湖
遠くに見える奥多摩周遊道路あたりの高さの山肌には白い雪が見受けられます。





P50_20110402_101242 島出現
放射能汚染の影響か奥多摩湖の取水量を増やしたのでしょうか。近年に無く水位が低くなっています。見慣れない島が姿を現しています。




~R139~白沢川沿い~県18~11:20鶴峠(91.0km)
小菅村に入ってR139から村道で白沢川沿いに進みます。一旦国道から小菅川まで下ったあと上り返しが厳しいです。
P50_20110402_111040 雪出現
村道は県道18号線に合流し鶴峠に向います。小菅村側から上ると、最初の直線で見通せる急勾配の箇所が一番つらいところです。
今日はたまたま下ってきたおねえさんサイクリストに「頑張ってくださ~い!」と応援してもらったので普段でないパワーが出ました。

P50_20110402_111140 鶴峠へ
お姉さんの声援を受けて直線部分をクリアするとぐねぐね道になり勾配は落ち着きます。





P50_20110402_111850 鶴峠
電波塔が見えるとまもなく峠です。途中で買い込んだおにぎりで昼食です。





~県18~西原~腰掛林道~初戸~県18~県33交点~県33の対岸の道~上野原~R20~13:10相模湖駅休憩(125.0km)~R20~千木良~県515~県517~R412~13:45津久井湖(138.3km)
P50_20110402_120428 棡原
道路の上の斜面に作られた畑周辺では水仙が見ごろです。梅もまだ花をいっぱいつけていました。





P50_20110402_134352 各地でさくら祭り中止
ようやくチラホラさくらが開花始めましたが多摩川沿いの府中、昭島、福生、羽村ことごとくさくら祭り中止の立て看板がありました。ここ津久井湖でも同様。
買占めの嵐が去った後はイベント自粛の嵐です。これでは消費が冷え込み経済活動が落ち込んでしまいます。普通に生活する事の方が大事だと思うのですが。
津久井湖~R412~県47~町田街道~高尾~浅川CR~多摩川CRで16:30帰宅。

走行時間:8h41m、距離:191.4km、AV.22.0km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »