« 桃の里へ向う | トップページ | 一之瀬高原のワナ »

2011年4月18日 (月)

公開放送をガラス越しに見る

今日の坂崎幸之助と吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLDは東日本大震災 被災地復興支援のスペシャルで5時間近い生放送。放送をしているイマジンスタジオをガラス越しに見ることが出来るそうなので仕事帰りに行ってきました。
P50_20110418_214600整理券
ニッポン放送前に着いたのは20時頃。担当の人が整理券を
配っていました。次は21:30から入場とのことなのでビックカメラに行って時間をつぶします。

21:30整理券の番号順に玄関から入って地下にあるスタジオへの階段を下ります。時間で区切って入れ替え制なのでちょっと進んで止まるを繰り返し、21:45頃ようやくスタジオ前に着いたところでチャリティーの募金箱。僕の気持ちを入れさせていただきました。その先にはイマジンスタジオがあり。何とガラス越し&他人の頭越し僅か2メートルも無い距離に生放送中の拓郎がいます。向かいに坂崎幸之助、左に大竹しのぶ、斜め前に広瀬香美の3人。そしてスタジオ内には抽選で当たった幸運な招待のお客さん。
超近ーい!。これまでナマ拓郎はコンサート会場の後ろの方からしか見たことが無かったのに、こんな近くていいのでしょうか。あれは2007年8月21日サンシティ越谷市民ホールでのコンサート以来となります。
途中CMになり退席したあと戻ってきて生演奏する気配。ハーモニカホルダーを首に下げてギターを抱えなにか軽く吹いています。期待感が高まります。ぜひ歌っている姿を見てみたい。というところで入れ替えの時間となってしまいました。限りなくザンネン!

時間にして15分も無かったでしょうが来た甲斐がありました。
拓郎は実に若々しく元気そうです。これなら今年のコンサート間違い無しですね。

追記:
翌日録音を聞いたら、22時からの全国ネットに入ってすぐ「春を待つ手紙」を弾語りしたんですね。見たかった。

| |

« 桃の里へ向う | トップページ | 一之瀬高原のワナ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公開放送をガラス越しに見る:

« 桃の里へ向う | トップページ | 一之瀬高原のワナ »