« 千倉、畑林道 | トップページ | ツーリング中のタイヤ交換 »

2011年7月13日 (水)

内房海沿いを走る

7月10日(日) 3日目
4:40起床。日出直後なのに強烈な朝日が差し込んでいます。関東地方は昨日9日に梅雨明け発表。真っ青な空が広がっています。いくら日焼け止めを塗っても日に焼かれそうです。今日はフェリーを使わず陸走で自宅を目指します。
P50_20110710_052800 5:20宿を出発して近くのコンビニでパンと牛乳を買い込んで岩井の海岸で朝食を食べます。朝方は南風も弱く静かな波静かな浜辺です。正面にはうっすら富士山も。





P50_20110710_053308 岩井海岸ねこ
ノラと思われるねこ登場。パンをちぎって投げてやるとパクッと食いつきました。3回目投げるとパンをくわえたまま後ろの藪の中に入っていきました。しばらくすると戻ってきたのでまたパンをあげると同じようにくわえたまま藪に入っていきます。どうやら子猫に運んでいるようです。シッポがふわふわです。


5:50岩井海岸出発。
Map20110710 今日のコース
R127~R465~8:00富津岬(44.3km)~県90~木更津~県87~袖ヶ浦の海沿い~R16~長浦~県24~R357~11:30ラーメン休憩~R357~美浜区の海沿い~県15~R14~江戸川CR~15:00葛西臨海公園(160.0km)
朝のうちはまだ涼しく日影部分も多いので苦しむことはありません。でも両腕には玉の汗が出ます。いくら風を受けても蒸発してくれません。

P50_20110710_062132 閉じられたトンネル
R127旧道のトンネルですがトンネルがコンクリート板によって7割ほどフタされています。





R127は上総湊を過ぎると海沿いを離れ木更津までいくつかの丘陵越えとなります。進路も東向きとなり正面から太陽を浴びて焦げそうになったので引き返してR465で富津岬方面に迂回します。
P50_20110710_075436 富津岬
何も岬の先端まで行かなくても良いのですが自転車乗りは特異点に立ってみたくなる習性があるのです。





P50_20110710_091224 海に続く電柱
富津岬から北は埋め立て地の工業地帯のイメージがあります。確かに君津あたりは巨大な製鉄会社やコンビナート、火力発電所などが続きますが小櫃川河口あたりの袖ヶ浦あたりは海岸沿いをのんびり走れます。



P50_20110710_092252 海に続く橋脚
昔はここから川崎港間にフェリーがあったのに。この橋は自転車乗りにとっては意味の無いものです。





袖ヶ浦の海沿いの道を進むと袖ヶ浦海浜公園に入り込みました。ジュース休憩して先に進むと埋立地で行き止まりでした。ガックシ。
市原あたりからは強烈な日射と路面からの照り返しとの戦いとなりました。信号で止まるときは電柱の影さえも利用します。クーラーを効かせて隣に停車した車からの熱気が憎らしいかぎりです。
船橋からのR457は走りたくないので1本内陸のR14(千葉街道)を使いました。片側1車線ですが交通量、車の速度ともに控えめで何とか走れます。ただ、東京湾から段々と離れるので江戸川の市川橋に出てから江戸川CRで南下するときの向かい風にはヘタレました。
P50_20110710_151610 北の空にそびえる積乱雲
荒川河口橋上から見えた積乱雲です。後で調べると足利や佐野あたりの雲が見えていたようです。

 



~R457歩道~晴海通り~海岸通り~平和島~昭和島~16:50羽田(189.4km)~多摩川CRで18:10帰宅。
途中からはジュース休憩、ガリガリ君休憩の繰り返しで思った以上に時間がかかりました。

走行時間:9h55m、距離:215.0km、AV.21.6km/h

|

« 千倉、畑林道 | トップページ | ツーリング中のタイヤ交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/52184670

この記事へのトラックバック一覧です: 内房海沿いを走る:

« 千倉、畑林道 | トップページ | ツーリング中のタイヤ交換 »