« 雨に追われて旅を終える | トップページ | 雨をかわして走る »

2011年8月31日 (水)

スピードメータの電池が切れた

今日帰宅して机の上をふと見ると、スピードメータの画面に時計が表示されていません。
最近液晶文字が薄くなったかなと思っていましたがとうとう電池が切れたようです。このスピードメータ(キャットアイCC-RD200)は2008年8月23日使用開始以降、付属した電池を使用し続けたのでちょうど3年使えたことになります。
P50_20110831_212222 画面の消えたCC-RD200とボタン電池CR1620
製品仕様では電池寿命約2年となっています。その使用条件が1日1時間ですから
 365日×1時間×2年=730時間
僕の2008年8月23日から先週までの走行時間は
 2226時間!
実に仕様の3倍持ったわけです。
ツーリング中に切れなくて良かった。

|

« 雨に追われて旅を終える | トップページ | 雨をかわして走る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/52615514

この記事へのトラックバック一覧です: スピードメータの電池が切れた:

« 雨に追われて旅を終える | トップページ | 雨をかわして走る »