« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月29日 (日)

自転車修理にいく

6:30起床。曇っています。夜中のうちに曇ってくれたおかげで冷え込みはそれほどでもなく初めて役に立った曇空です。あとはさっさとどいてくれれば良いのですが北の空には青空が見えているのでまもなく日差しも出るでしょう。
今日は、昨年末から依頼されていた自転車出張修理に行きます。目的地は入間川のほとりなので季節風が強まる前に少しでも北上すべくいつもより早出します。
7:30出発。多摩川CR~是政橋~府中街道~県4~所沢~県6~県50~狭山~新富士見橋~入間川CRで10:10作業場着。
Map20120129 今日のコース
出発して多摩川CRに出ると既に北風が強まっていました。荒川CRに出たのではモロに向かい風なので市街地を北上することにして府中街道で所沢を目指したのです。




P50_20120129_093522 入間川到達
狭山の崖を下り降りて新富士見橋に出ると秩父奥多摩方面の山並みがクリアに見えました。先週の雪で白っぽい姿です。





修理依頼は後輪のブレーキ調整でした。ブレーキレバーを引いて戻しても渋くてブレーキシューが閉じたまま。ブレーキワイヤーのブーツ部分にオイルをスプレーして摩擦をなくすと復活しました。少しホイールにフレがあったのでニップル回し調整して試走。早く終わったなぁと思っていると何とフリー側のスポークが折れていたのです。
スポークの買出しをしてから修理続行。後輪を外して、普通は携帯しないボスフリー抜きを今日に限って持参していたのでスプロケットを外し2本交換。再びフレ取りしていよいよ試走というところで後輪エア抜け。リムテープが裂けてニップルの角でチューブを痛めていました。急遽チューブにパッチ修理してパンクも治り当初目的だったブレーキの効きも復活してやれやれのお疲れ様。

14:55一家総出のお見送りを受け作業場出発。入間川CR~狭山~県50~県6~所沢~県4~府中街道~恋ヶ窪~都134~都133~府中街道~是政橋~多摩川CRで17:00帰宅。
P50_20120129_165758 多摩川到達
帰路は日没までの時間が迫っていたので来た道を戻るコースにしました。幸い強い北風が背中を押し続けてくれたので多摩水通橋までたどり着くと17時ギリギリ。日没時刻は17:05なのですが西に山があるので太陽は隠れてしまって西の空いっぱいにオレンジ色が滲み出していました。


走行時間:4h13m、距離:89.9km、AV.21.3km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月28日 (土)

荒川-湾岸-多摩川周回

6:30出発。冷え込んだ寒い朝です。快晴のようですがベールのような薄雲が広がっています。今週から日没時刻が17時台に入りちょっと長く走れるようになってきました。今年になって江ノ島に行っていないのでそろそろ時期なのですが、一日中北風の予報で南に行くと帰り向かい風で辛いので諦め。平地コースの荒川~湾岸~多摩川の周回コースを走ります。
8:00出発。今シーズンの冬は良く冷えた冬でこの時間でも大概氷点の気温です。走り初めの指先とつま先の痛さはたまりません。多摩川CR~都19~都12~ひばりが丘~県36~志木~10:00羽根倉橋(40.8km)~荒川CR~12:00葛西臨海公園(86.5km)
P50_20120128_120030 葛西臨海公園ねこ
日差したっぷりなので光の当たる面は暖かですがその裏側は冷え冷えです。荒川の堤防の北斜面にはまだ雪が白く残っていたりします。




~荒川河口橋~R357に並行する道~晴海通り
P50_20120128_124540 江東区東雲のキリン
実物大でしょうか。病院の入口にいました。






~築地~都50~海岸通り~芝浦~旧海岸通り~昭和島~14:00羽田(119.2km)
P50_20120128_140138 羽田の窓際ねこ
2階の出窓の日当たりの良い場所で一人暖を取るねこ。ねこは時刻により変わる暖かいところ移動して一日をすごす。





~多摩川CRで多摩河原橋まで周回して16:20帰宅。
羽田からは向かい風で失速。雲が出て日差しがなくなり冷たい風で体が冷えました。

走行時間:7h22m、距離:158.8km、AV.21.5km/h

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)

岡本太郎の「月の顔」を見る

6:50起床。今朝もどんより雲が広がって霧雨が舞っています。厳冬期に3日連続の悪天というのはあまり記憶がありません。朝の冷え込みは雪にならない程度なのでどうってことないのですが日中の気温が上がらないのは応えます。レーダーを見ると伊豆諸島から東京湾、房総、茨城県にかけて南北に立った雨雲の帯があり南から北に流れています。西に広がってくる様子はないのですが路面は濡れたままで晴れそうもないし午前中は散歩がてら歩いて見に行ける岡本太郎作品を鑑賞に行きました。
P50_20120122_122042 月の顔
川崎市多摩区の区役所1階ロビーの北側玄関前に鎮座しています。1981年、太郎70歳の時の作品です。案内には川崎市制80周年記念事業とありました。正面からは満月のように丸い月です。太陽に顔があるように月にも同じような顔を持っています。



P50_20120122_122108 西側から見た顔
西から見ると下弦の月です。






P50_20120122_122138 東側から見た顔
東から見ると上弦の月です。






一旦帰宅してホットカーペットに張り付いて昼寝していると14:30過ぎて窓から薄日が差し始めました。路面も乾いてきたので体を動かしに出ます。
15:00出発。多摩川CRで多摩水道橋~多摩河原橋間を2周回して16:40帰宅。
P50_20120122_162906 多摩水通橋からの夕日
ようやく今回の悪天も回復に向かったようです。薄雲を通しての弱々しい夕日ですが赤みがかった光が温かみを感じさせてくれます。それ以上に1時間ほどの自転車走行で体温は上昇し血行が良くなり元気になりました。もう、週末二日とも雨なんてダメよ。


走行時間:1h31m、距離:34.0km、AV.22.4km/h

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

美しが丘西へ

7:30起床。久しぶりに寝坊しました。一向に明るくならず目が覚めませんでした。空は曇っています。夜冷えるだけ冷えて曇ってしまっては全然気温が上がりません。9時を過ぎてもやっと0℃の気温では動き出せません。
自転車で走るには遅い時間の出発となったので、今日は吉田拓郎の「今度はいったい何回目の引越しになるんだろう」という拓郎の引越しの歌を辿る旅を1年ぶりに実行です。
12:10出発。多摩川CRで多摩河原橋~多摩水通橋周回~向ヶ丘遊園~菅生~横浜市青葉区美しが丘西
Map20120115 今日のコース
横浜市青葉区あたりは丘陵地帯のど真ん中。アップダウンの連続で1本道を間違うとコースを修正するのにとても苦労するのです。




歌の6番で
♪~やり直しは新しい たまプラーザから始まる
   田園線を見送り 俺は東京へ
   高速は東名 川崎から
   渋谷までわずか ラッシュを避け
   白い壁沿いに まどろむ影
   永遠はあるか 永遠は見えずに ~♪
拓郎35歳。目黒区碑文谷から横浜市青葉区の新築一戸建てに引越し。
P50_20120115_134252 美しが丘の邸宅の門
白い門が1981年~1986年まで住んでいた家です。TBSで放送された「情熱大陸 吉田拓郎『引越しの詩』」で空撮で紹介されていた家です。独特の形をしていたのでgoogleマップの空中写真から探し出しました。周囲は高級住宅地。こんなところで写真を撮っているのは非常に怪しい。


P50_20120115_134302 定礎1981
門の隅に建築年が刻まれています。アルバム「無人島で」、「マラソン」、「情熱」、「FOREVER YOUNG」、「俺が愛した馬鹿」がこの門を通って発表されたわけです。


 

これで目的は達成され帰途につきます。帰路は多摩川に出るのに丘陵地帯を横断していくのが大変そうだったので鶴見川に出て下流に進み第一京浜国道で多摩川に復帰しました。
~市が尾~鶴見川CR~R15~六郷橋~多摩川CRで16:40帰宅。
P50_20120115_143406 日産スタジアムあたりの鶴見川
日産スタジアム付近の鶴見川は全然風景が変わらないですね。広大な遊水地になっているようです。





走行時間:3h55m、距離:83.3km、AV.21.2km/h

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月14日 (土)

滝本駅前激坂

6:50起床。晴れていますが南の空にキレの悪い雲がたなびいています。神奈川南部は午前中日差しが少なそうです。一日北風のようなので南には行かず奥多摩方面にします。
8:40出発。多摩川CR~羽村~新奥多摩街道~青梅~R411~御岳橋~都45~都201~12:00滝本駅(59.9km)。
Map20120114 御岳駅あたり
時間があれば滝本から御獄神社まで山道を登山しようかと考えていたのですが・・。





Map201201141 プロフィール
鋭いピークは御岳駅から滝本駅に向かう都道201号線




P50_20120114_114654 御獄神社の鳥居
御岳山と御獄神社は「美しい日本の歴史的風土準100選」というものに選ばれているそうです。江ノ島も準100選に入っているらしい。準というのは準優勝の準だから準の付かない100選もあるらしい。



P50_20120114_115902 滝本駅手前の激坂
鳥居をくぐると道は次第に傾斜がきつくなります。吸盤舗装に変わって15%の傾斜標識がありそこから先は一段と辛くなります。滝本駅手前はアップアップです。自転車が止まっていられるのは看板をストッパーにしているから。



P50_20120114_120044 滝本駅
御岳登山鉄道の麓の駅です。標高407m。僕一人がハアハアしていました。時刻は既に12:00。頂上までの所要時間を尋ねると1時間とのことだったので登山は諦め。




P50_20120114_121606 御嶽山に向かうケーブルカー
すごく平行四辺形な車両です。車両の一番前の床面は一番後ろの天井よりも高いです。山頂の御岳山駅まで標高差423mを6分で上ります。料金は片道570円。最急勾配は25度10分と言いますから47%の坂です。



12:15ケーブルカーの出発を見送って滝本駅出発~都201~都45~奥多摩大橋~川井~R411~青渭通り
P50_20120114_123208 青渭通り入口
御岳の郵便局あたから青渭通りに入ります。正面に見えている狭い坂道が青渭通りです。右はR411





P50_20120114_123756 青渭通り沿い
青梅線に沿った一段高い所を走ります。R411よりも日当たりと見晴らし最高です。





P50_20120114_124648 茅葺きのお寺
川井駅の裏にある茅葺きのお寺です。山懐に入ってしまうと季節風の影響はなくなり風も弱くポカポカです。





~軍畑大橋~都45~神代橋~R411~青梅~新奥多摩街道~羽村~多摩川CRで15:40帰宅。
帰路の多摩川CRは東寄りの風に変化して向かい風。しかも昭島あたりから雲がかかって陽が陰り薄ら寒い天気に変わっていました。

走行時間:5h57m、距離:126.8km、AV.21.3km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月13日 (金)

カラダ測定2012/01/13

6:30起床。快晴の朝。今日は人間ドックの日なので会社をサボって自転車でクリニックまで行きます。検査のため食事もできず空腹の状態で一番冷え込んだ時間に出発です。
7:00出発。気温はマイナス4℃くらい。長距離ではないのでTシャツにフリースにウィンドブレーカを羽織って走りました。やっぱり寒いのは耳と指先とつま先ですね。背中はバッグを背負っているので汗をかくくらいです。多摩川CRで8:00クリニック着。
体重は去年の4月、家にあった体組成計が壊れて以来の測定になります。
1/13の計測値です。カッコ内は2011/4/10の値。
①体重               :63.6kg     (65.3kg)
②BMI                :20.6        (21.4)
③基礎代謝         :?Kcal  (1551Kcal)
④体脂肪率         :13.1%      (17.4%)
⑤内臓脂肪レベル:?          ( 6)
⑥骨格筋率         :?%       (33.9%)
⑦体年齢            :?歳      (38歳)
身長は2010/11/12の値と比べて2mm伸びました。2mmは誤差でしょうと言われるかもしれませんがこれまでの計測値を比較するといい年して確実に成長しているのです。
  2008/03/14  174.4cm
  2008/12/25  174.7cm
  2010/01/08  175.7cm
  2010/11/12  175.7cm
  2012/01/13  175.9cm
計測は同じクリニックの同じ身長計で行なっているので過去4年で1.5cmの成長は誤差ではないと信じているのです。
問診の時、僕の体がみかんの食べ過ぎで黄色くなっているのをお医者さんが指摘するかなと期待していたのですが何の反応も示さず少しガッカリ。
12:30クリニック出発。奥多摩街道~拝島橋~多摩川CRで14:30帰宅。
あまりに良い天気だったので夕方、多摩水通橋~多摩河原橋間を2周回。

走行時間:3h40m、距離:82.8km、AV.22.5km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

阿蘇神社詣

6:30起床。快晴の朝です。いつもの通りの寒さです。毎日同じような天気、気温が続いて変化がありません。もうカサカサに乾いてしまって、たまには雨でも欲しいところです。
出発しようとすると後輪のタイヤが柔らかです。スローパンクしたようなので久しぶりのパンク修理です。後輪タイヤは交換してから初めてのパンクだったのでチューブがタイヤの裏面にに癒着してしまって剥がすのに一苦労。原因はタイヤ内側との擦れによるピンホールでした。パッチを貼って修理完了。ここでタイヤをリムにはめる順番をバルブ位置の反対側からで挑戦してみました。最後にバルブ位置を入れるのは難しいのではないかという先入観があったのですが意外と簡単に入りました。
出鼻をくじかれて既に10時を過ぎてしまいどこに行こうかなという状態だったので初詣を兼ねて多摩川CR上流終点の阿蘇神社に向かうことにしました。
10:20出発。多摩川右岸CR~是政橋~多摩川CR~羽村~阿蘇神社折り返し
P50_20120109_122802 多摩川CR上流端
羽村の堰の上流にあるCRを遡ると阿蘇神社の最初の鳥居の位置でCRはおしまい。ここからは土手上の参道です。





P50_20120109_123134 阿蘇神社
土手道が尽きたところに阿蘇神社境内に上る階段が現れます。神社は多摩川の下流方向をむいて立っています。神社の右手にも鳥居があってそちらからも参拝できるのですが土手道が自転車乗りにとっては正道なのです。「今年も安全運転で頑張ります」と誓いを立ててきました。


P50_20120109_131100 東京の名湧水57選
昭島市の龍津寺の段丘崖下にある湧水です。まるっとした鯉が泳いでいました。東京の湧水は宅地造成などにより枯渇する一方のようです。100選ではなく57選という半端な数は選ばれるべき湧水数が減ってしまったということなのでしょう。



~羽村~多摩川CR~府中四ツ谷橋~浅川CR~一番橋~浅川左岸CR~多摩川右岸CR~都169~多摩大橋~多摩川CRで15:40帰宅。
今日はたい焼き屋さん閉まっていました。日曜日しか営業しないのかな。
走行時間:4h49m、距離:102.2km、AV.21.2km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 8日 (日)

岡本太郎の「呼ぶ赤い手、青い手」を見る

6:40起床。冷え込んで曇っています。予報は晴れなのでいつものキレの悪い雲が覆っているものと思われます。しばらく待っていると北から雲が切れ始め日差しが出てきたので出かけることに。
9:20出発。都3~都57~図師~県155~鶴見川源流折り返し
Map20120108 今日のルート
出発が遅れたので岡本太郎作品鑑賞ツアーです。目的地は相模原の西門商店街にある「呼ぶ赤い手、青い手」





P50_20120108_103458 バス停
図師から鶴見川源流に向かい県155を遡っていくと急に道が細くなった先の大泉寺というバス停に強いオーラを発する待合所があります。




P50_20120108_104500 鶴見川源流
湧水のある池が源流として小さな公園になっています。現在木道などの整備工事で6月まで池に近づけません。池から流れ出した湧水が小川になって流れていきます。水温が高いためか水草が青々としています。どれだけ暖かいのか水に手をつけると暖かくはありませんでしたが冷たくもありませんでした。


県155~図師~県57~淵野辺~西門~「呼ぶ赤い手、青い手」鑑賞
P50_20120108_111820 青い手
1981年制作。青い手は左手です。人差し指が長いのが特徴。もちろん手のひらには顔があります。





P50_20120108_112404 赤い手
赤い手は右手。中指がいちばんながいのです。赤い手と青い手の顔は同じように笑っています。





P50_20120108_112636 呼ぶ赤い手、青い手
西門商店街の通りを挟んで南向きに手が立っています。到着が早すぎてビルの影で撮影にはイマイチの光線。改めて撮影に来ようかな。




~R16沿い~R413沿い~県48~町田街道~高尾~浅川CR~ひよどり山道路~県169~R16~拝島橋~たい焼き休憩
P50_20120108_135116 今日は買えた
ここのたい焼き屋さんは日曜日しかやっていないのかな。昨日買えなかったので今日は2個購入して土手のひだまりでいただきました。




~多摩川CRで15:10帰宅。

走行時間:5h03m、距離:100.7km、AV.19.9km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土)

陣馬山に登る

6:30起床。今朝も晴れています。意外と暖かな朝で屋根に霜が降りていません。南の空にはキレの悪い雲が漂うように広がっています。今日も広がってくるのかと心配しましたが初めのうち少し太陽の邪魔をしただけで部屋の中は朝日がいっぱいになりました。
8:10出発。多摩川CR~浅川CR~R20~10:40大垂水峠~藤野コンビニ休憩~吉野小前~沢井川沿いの道~県522~県521~12:10和田峠(76.6km)
Map201201071 八王子~陣馬山~八王子区間のプロフィール




P50_20120107_104240 大垂水峠
昨年に引き続き年の初めの峠は大垂水峠となりました。上り始めにある気温表示板は2度をでしたが峠付近のほうが気温は高いようです。谷に沿って冷気が溜まっているためでしょう。

 


P50_20120107_113450 和田峠まで5km
県522と県521の交差点。この5kmの表示案内を見るたびに「嘘だろう」とつぶやきます。今日こそその距離を計測するのじゃ。この地点で70.4km




P50_20120107_114800 和田の風景
和田の集落内は所々斜面に茶畑があります。車もほとんど通らず静かに走れる区間。





Map20120107 和田峠と陣馬山
峠から八王子側のGPSの記録が大きくずれました。深い谷と樹林帯で複数の衛星の電波が受けられなくなったものと思われます。




P50_20120107_124444 和田峠と茶屋
峠の茶屋は開いていましたが駐車場はガラガラで閑散としていました。そしてここでの距離は76.6km。6.2kmありました。やはり5kmの表示はガセだったのです。
時刻は12:10を少し回ったくらいなので計画通り陣馬山山頂を目指します。


~登山道で陣馬山山頂往復。
P50_20120107_122402 陣馬山への登山道
陣馬山へ登るのは2010年9月以来です。あの時は暑くて山頂の茶屋でかき氷を食べたのを思い出します。





P50_20120107_122928 陣馬山山頂
山頂にある茶屋は全て営業中で色とりどりの登山ウェアに身を包んだ山男や山ガールがお昼を食べていました。僕も負けじと買い込んだおにぎり1個を立ったままペロリと食べて帰途につきます。
富士山が綺麗に見えていたので写してみたのですが家に帰って見たらボケボケのピンボケでした。ガックシ。

12:45和田峠出発。陣馬街道~浅川CR~落合橋~豊田駅~日野~都169~多摩大橋~多摩川CRで15:40帰宅。
和田峠から陣馬高原下までの区間の寒かったこと!。山頂より寒いのです。寒さで足が勝手にカクカク震えが来ます。陣馬高原下のバス停にある日当たりのよいトイレの壁が暖まっていたのでペタッと張り付いて体温を上昇させました。
おにぎり1個では家までもたなそうなので今年1回目のたい焼きを食べようと思いつきました。浅川CRの落合橋から日野を横切って多摩大橋に出て公園脇のたい焼き屋さんを目指したのですが・・・、たい焼き屋さんはお休みでした。ガックシ。

走行時間:6h28m、距離:139.4km、AV.21.5km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 5日 (木)

帰省Uターン

1月1日(日)
7:30起床。薄曇りの朝。夜の間中晴れて冷え込み明け方になって雲が広がる最悪なパターン。初日の出の時刻を過ぎていても滲んだような太陽が地平線上低くあるだけでさっぱり暖かくなっていきません。屋敷林の中に落ちている枯れ枝を拾い集めてしばし焚き火をして暖をとります。パチパチと爆ぜる音をたてて乾燥した枯れ枝が燃えます。枯葉などをかけると煙ってしまって服や髪の毛が燻製されます。

午後になっても雲がかかったまま。少しは気温が上がったので自転車で暖まることにして今年の初乗りに出発。
13:30出発。利根川CR~利根大堰~緑のヘルシーロード~騎西領用水沿い~騎西~県305~加須市街~農道~県84~農道で16:00帰宅。
帰宅すると大きな地震があったとのこと。自転車で走っていたので全然気づきませんでした。自転車のおかげで怖い思いをしなくて済んでラッキー。
走行時間:2h20m、距離:50.5km、AV.21.6km/h


1月2日(月)
7:00起床。曇っています。明け方前まで静かに晴れて冷え込んだ後で曇った最悪なパターン。日差しがないものですからさっぱり気温が上がりません。今日は羽生から自宅に戻ります。雑煮の朝食を食べて体を温め荷物を整理しフロントバックを装着して出発準備OK。
Map20120102_2 今日のコース
正月明けはいつも羽生から江戸川を経由して自宅に戻る
コースです。箱根駅伝を見たいのですがグッと我慢して走るのです。




8:10出発。利根川CR~9:30関宿(35.0km)休憩
P50_20120102_093114 千葉県の最北端
関宿の江戸川分流点は千葉県の最北端の地です。それにしても利根川CR区間の寒かったこと!。ギヤを軽くして一生懸命ペダルを回して血流を良くしても末端部のつま先は1トンの重りに潰されたような痛さ、耳はそげ落ちたような痛さ。栗橋から茨城県側の左岸CRを走ると一層寒くなりました。冷え込み方が全然違うのね。太陽の光がないので関宿城公園で暖ったかカフェオレで傷んだ箇所を修復しました。
9:40関宿出発~江戸川CR~12:10葛西臨海公園休憩(100.1km)。
葛西臨海公園まで弱いながらも追い風に押されて100kmを3時間50分で走破。平均時速は26.1km/hです。追い風効果は大きいのです。不思議なことにあれほど痛かったつま先や耳がいつの間にか何事もなかったように治っています。
P50_20120102_122712 葛西臨海公園ねこ
都内に入ってようやく日差しが出るようになりました。冬はノラたちには厳しい季節です。





P50_20120102_122716 葛西臨海公園ねこ
みんな目ヤニ・ハナタレ状態です。





12:30出発。荒川河口橋~R357に並行する道~晴海通り~築地~都50~海岸通り~芝浦~旧海岸通り~昭和島~14:00羽田(130.4km)
羽田に着くと強烈な北風が吹き始めました。河川敷グラウンドからは土埃がもうもうと巻き上がります。この風の中を多摩川CRで遡るのは楽しくないので大田区、世田谷区、狛江市の市街地の細道をつないで走ることにしました。
P50_20120102_145306 大田区丸子あたり
民家の玄関脇になぜか蒸気機関車D51のプレートと動輪が置いてありました。





~多摩川に沿った市街地の道で16:10帰宅。

走行時間:7h10m、距離:167.1km、AV.23.3km/h


1月3日(火)
6:50起床。晴れてはいるものの南の空にキレの悪い雲がたなびいています。その雲は日が昇るにつれて急速に広がり朝日が部屋に差し込む前にどんより曇空となる最悪なパターン。アメダスの日照を見ると少し北に行けば晴れているのですがここが冷え込んだままなので出発もできず今日は箱根駅伝をTV観戦することに。日差しが出たのは10時半過ぎてから。たまには走らない休日があってもいいよねと軟弱者の1日を過ごす。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 4日 (水)

2011年のまとめ

2011年の自転車生活のまとめです。

・走行距離             :15754km(2010年より279km多い)
 これまでの最高記録2008年の15793kmにわずか39km及びませんでした。11月の悪天が悔やまれます。
・走行時間             :729h54m(2010年より1h33m少ない)
・平均時速             :21.6km/h
・走行日数             :128日 (2010年より7日多い)
 単純に1日の平均走行距離 走行距離/走行日数=123.1km
・日最長走行距離    :236.9km 6月12日
・日走行距離別回数 :
                             300~         0回
                             200~299    8回
                             160~199   35回
・通過した最高点     :2093m(7/16大河原峠)
・パンク回数:11回 前輪7回、後輪4回
 7/23以来年末まで5ヶ月間、6996km走行間パンクが発生していません。僕の自転車生活において画期的なことです。
・履き潰したタイヤ   :5本
・コケた回数           :0回
・キャンプツーリング :4本
・テント泊数           :15泊
・お泊りツーリング  :4本
・宿泊数                :6泊
・電車輪行             :0回
・フェリー輪行         :5回
 清水港フェリー     :土肥   →清水  1回
 東京湾フェリー     :久里浜→金谷  2回
 佐渡汽船            :直江津→小木  1回
 佐渡汽船            :両津   →新潟  1回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火)

達磨杉峠越え

12月30日(金)
7:00起床。快晴の寒い朝。既に空っ風が吹き始めています。気温が上昇するの待って出発します。
Map20111230 今日のコース
桐生・足利・佐野・栃木の北に広がる低山地には多くの峠が存在します。機会を見て訪ねているのですがまだ走り残していた達磨杉峠が目標です。




Map201112301 プロフィール




 
8:20羽生出発。利根川CR~昭和橋~館林~多々良沼
P50_20111230_093412多々良沼ねこ
白鳥を見に行ったのですが沼の中程に集まっていて遠くてよく写りませんでしたのでねこを撮影しました。石垣の前のひだまりで朝日を受けながらのん気に毛づくろい中をそばによるとゴロンと横になりおさわりOKモードに入りました。少し遊んでいきます。



P50_20111230_093832 白鳥飛来数
午前と午後の白鳥数が記録されていました。今朝は72羽で今シーズン最多です。日によって、時間帯によってずいぶん数が変動しています。ここにいないときはどこに飛んで行っているのでしょう。



~県278~県152~R293~田中橋~足利~県67~県219~11:20松田川ダム(48.9km)~長石林道~12:00達磨杉峠(53.2km)
P50_20111230_095238 ウマがいた
矢場川沿いの道を走っていると対岸の畑の中にウマがいました。野放しで柵もなく完全に自由な状態です。





P50_20111230_110712 達磨杉峠が見える
松田川沿いの県219から正面を見ると山の上の方にガードレールと峠のような切り込みが見えました。真ん中の低くなっているところの切れ込みが達磨杉峠です。




P50_20111230_112350 松田川ダム
ダムサイトの下はキャンプ場になっていました。冬期間は休業中。この写真を撮ったあと風で自転車が倒れました。





P50_20111230_113512 長石林道
峠への取り付きは冷え込んだ暗い杉林の中を上ります。






P50_20111230_115158 峠の下あたり
杉林を抜けると伐採されて見晴らしのよい区間となります。日差したっぷりで標高が上がっても暖かです。風のゴーゴーという音が聞こえますが山懐に入り込んでいるので影響ありません。




P50_20111230_120252 峠へのぐねぐね道
峠の直下から上ってきた道を振り返ります。見晴らしが効いて良い感じのぐねぐねが美しいカーブを描いています。





P50_20111230_120558 達磨杉峠(510mくらい)
峠部は尾根の切通となります。飛駒への下りは足利側よりもゆるい下りでした。





~12:20老越路峠~県66~飛駒~近沢林道~12:50近沢峠(62.9km)
P50_20111230_121714 老越路峠(390mくらい)
達磨杉峠から長石林道を下ると県66と合流します。その合流点が老越路峠です。切通しで見晴らしはありませんので写真を撮って飛駒へ下ります。




P50_20111230_123614 近沢トンネルにつながる道
飛駒から近沢林道で峠を目指します。集落を離れると新しい道が林道と分岐していたのでそちらへ。林道はこの道の右側の暗い林間の谷沿いを通っています。




P50_20111230_124136 近沢トンネル
交通量のない2車線の道路のまま近沢トンネルに到着。飛駒からの標高差は150mほど。立派なポータルです。林道はこのトンネルの手前で走ってきた新しい道路を横切りこのポータルの上を超えていきます。もちろん自転車は林道へ。



P50_20111230_125206 近沢峠(455mくらい)
トンネルからの標高差は110mほど。トンネルが開通したため交通量が減り林道は落ち葉が沢山散っていました。
反対側へ下ると峠の名前でもある近沢集落です。

近沢からは少し北にある牛の沢出原林道の峠越えもありますが15時から餅をつくとのことだったのでここで帰途につきます。

~県201~田沼~県16~県270~佐野~県7~館林~R122~昭和橋~利根川CRで15:10帰宅。
帰路は北西の強風に対して進路は南となり追い風ではあるものの右からの横風成分が多く煽られながらの走行でした。

走行時間:5h57m、距離:115.6km、AV.19.4km/h

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 2日 (月)

帰省走行

12月29日(木)
フロントキャリアを取り付けフロントバッグを装着して出発準備完了。
Map20111229 今日のコース
予定通り秩父経由の羽生行きです。
7:40出発。多摩川CR~羽村~新奥多摩街道~東青梅~都28~吹上峠~都193~松ノ木TN~都53~小沢峠~名栗~11:20山伏峠(72.1km)



Map201112291 プロフィール
県82の秩父盆地の出口にある金尾の尾根越えは伏兵です。

 


P50_20111229_092342 羽村のどんど焼き小屋
今年も4基立派などんど焼き小屋が完成していました。いつも成人の日の朝燃やされます。



 

P50_20111229_101850 小沢峠
峠手前の上りがきつく汗ばみます。トンネルを抜けると名栗への下りで暖まった体が一気に冷やされます。





P50_20111229_111842 山伏峠
沢に沿った上り始めはきついですがぐねぐね区間に入るとペースが落ち着きます。やはりここでも体が暖まり汗をかき横瀬への下り区間で凍りつきました。




~R299~12:00秩父~県72~皆野~県82~寄居
峠から下りR299に合流。そこから道の駅あしがくぼの間は道路の中央にポールが立てられており追い抜く車が大きくよけてくれないため緊張の連続です。特にダンプやセメント運搬の大型車の巨大なタイヤがすぐ右を回転していくのは恐怖。抜かれる前の押しの風圧、抜かれた後の引きの風圧。路側帯は30cmも無く白線は意地悪なガタガタペイント。
秩父市街地到着は12時となってしまったため豚みそ丼は予定通りパスして先に進みます。
P50_20111229_125814 長瀞の対岸の道
長瀞から先のR140も狭いし交通量が多いので対岸の県82を利用。長瀞トンネルは遊歩道に迂回します。対岸は長瀞の石畳が見下ろせる場所です。




P50_20111229_133342 寄居の酒屋さん
享保13年とは1728年。283年前です。






~R140~14:30熊谷(135.0km)~県128~15:10利根大堰(148.9km)~利根川CR~16:00羽生着。
P50_20111229_154402 利根川CRで家まであと8km
太陽の光もすっかり赤みを帯びて影が長くなりました。今日は空っ風も吹かず絶好の帰省日よりでした。





走行時間:7h25m、距離:164.5km、AV.22.2km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »