« 秩父経由 | トップページ | 達磨杉峠越え »

2012年1月 2日 (月)

帰省走行

12月29日(木)
フロントキャリアを取り付けフロントバッグを装着して出発準備完了。
Map20111229 今日のコース
予定通り秩父経由の羽生行きです。
7:40出発。多摩川CR~羽村~新奥多摩街道~東青梅~都28~吹上峠~都193~松ノ木TN~都53~小沢峠~名栗~11:20山伏峠(72.1km)



Map201112291 プロフィール
県82の秩父盆地の出口にある金尾の尾根越えは伏兵です。

 


P50_20111229_092342 羽村のどんど焼き小屋
今年も4基立派などんど焼き小屋が完成していました。いつも成人の日の朝燃やされます。



 

P50_20111229_101850 小沢峠
峠手前の上りがきつく汗ばみます。トンネルを抜けると名栗への下りで暖まった体が一気に冷やされます。





P50_20111229_111842 山伏峠
沢に沿った上り始めはきついですがぐねぐね区間に入るとペースが落ち着きます。やはりここでも体が暖まり汗をかき横瀬への下り区間で凍りつきました。




~R299~12:00秩父~県72~皆野~県82~寄居
峠から下りR299に合流。そこから道の駅あしがくぼの間は道路の中央にポールが立てられており追い抜く車が大きくよけてくれないため緊張の連続です。特にダンプやセメント運搬の大型車の巨大なタイヤがすぐ右を回転していくのは恐怖。抜かれる前の押しの風圧、抜かれた後の引きの風圧。路側帯は30cmも無く白線は意地悪なガタガタペイント。
秩父市街地到着は12時となってしまったため豚みそ丼は予定通りパスして先に進みます。
P50_20111229_125814 長瀞の対岸の道
長瀞から先のR140も狭いし交通量が多いので対岸の県82を利用。長瀞トンネルは遊歩道に迂回します。対岸は長瀞の石畳が見下ろせる場所です。




P50_20111229_133342 寄居の酒屋さん
享保13年とは1728年。283年前です。






~R140~14:30熊谷(135.0km)~県128~15:10利根大堰(148.9km)~利根川CR~16:00羽生着。
P50_20111229_154402 利根川CRで家まであと8km
太陽の光もすっかり赤みを帯びて影が長くなりました。今日は空っ風も吹かず絶好の帰省日よりでした。





走行時間:7h25m、距離:164.5km、AV.22.2km/h

|

« 秩父経由 | トップページ | 達磨杉峠越え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/53639148

この記事へのトラックバック一覧です: 帰省走行:

« 秩父経由 | トップページ | 達磨杉峠越え »