« 2011年のまとめ | トップページ | 陣馬山に登る »

2012年1月 5日 (木)

帰省Uターン

1月1日(日)
7:30起床。薄曇りの朝。夜の間中晴れて冷え込み明け方になって雲が広がる最悪なパターン。初日の出の時刻を過ぎていても滲んだような太陽が地平線上低くあるだけでさっぱり暖かくなっていきません。屋敷林の中に落ちている枯れ枝を拾い集めてしばし焚き火をして暖をとります。パチパチと爆ぜる音をたてて乾燥した枯れ枝が燃えます。枯葉などをかけると煙ってしまって服や髪の毛が燻製されます。

午後になっても雲がかかったまま。少しは気温が上がったので自転車で暖まることにして今年の初乗りに出発。
13:30出発。利根川CR~利根大堰~緑のヘルシーロード~騎西領用水沿い~騎西~県305~加須市街~農道~県84~農道で16:00帰宅。
帰宅すると大きな地震があったとのこと。自転車で走っていたので全然気づきませんでした。自転車のおかげで怖い思いをしなくて済んでラッキー。
走行時間:2h20m、距離:50.5km、AV.21.6km/h


1月2日(月)
7:00起床。曇っています。明け方前まで静かに晴れて冷え込んだ後で曇った最悪なパターン。日差しがないものですからさっぱり気温が上がりません。今日は羽生から自宅に戻ります。雑煮の朝食を食べて体を温め荷物を整理しフロントバックを装着して出発準備OK。
Map20120102_2 今日のコース
正月明けはいつも羽生から江戸川を経由して自宅に戻る
コースです。箱根駅伝を見たいのですがグッと我慢して走るのです。




8:10出発。利根川CR~9:30関宿(35.0km)休憩
P50_20120102_093114 千葉県の最北端
関宿の江戸川分流点は千葉県の最北端の地です。それにしても利根川CR区間の寒かったこと!。ギヤを軽くして一生懸命ペダルを回して血流を良くしても末端部のつま先は1トンの重りに潰されたような痛さ、耳はそげ落ちたような痛さ。栗橋から茨城県側の左岸CRを走ると一層寒くなりました。冷え込み方が全然違うのね。太陽の光がないので関宿城公園で暖ったかカフェオレで傷んだ箇所を修復しました。
9:40関宿出発~江戸川CR~12:10葛西臨海公園休憩(100.1km)。
葛西臨海公園まで弱いながらも追い風に押されて100kmを3時間50分で走破。平均時速は26.1km/hです。追い風効果は大きいのです。不思議なことにあれほど痛かったつま先や耳がいつの間にか何事もなかったように治っています。
P50_20120102_122712 葛西臨海公園ねこ
都内に入ってようやく日差しが出るようになりました。冬はノラたちには厳しい季節です。





P50_20120102_122716 葛西臨海公園ねこ
みんな目ヤニ・ハナタレ状態です。





12:30出発。荒川河口橋~R357に並行する道~晴海通り~築地~都50~海岸通り~芝浦~旧海岸通り~昭和島~14:00羽田(130.4km)
羽田に着くと強烈な北風が吹き始めました。河川敷グラウンドからは土埃がもうもうと巻き上がります。この風の中を多摩川CRで遡るのは楽しくないので大田区、世田谷区、狛江市の市街地の細道をつないで走ることにしました。
P50_20120102_145306 大田区丸子あたり
民家の玄関脇になぜか蒸気機関車D51のプレートと動輪が置いてありました。





~多摩川に沿った市街地の道で16:10帰宅。

走行時間:7h10m、距離:167.1km、AV.23.3km/h


1月3日(火)
6:50起床。晴れてはいるものの南の空にキレの悪い雲がたなびいています。その雲は日が昇るにつれて急速に広がり朝日が部屋に差し込む前にどんより曇空となる最悪なパターン。アメダスの日照を見ると少し北に行けば晴れているのですがここが冷え込んだままなので出発もできず今日は箱根駅伝をTV観戦することに。日差しが出たのは10時半過ぎてから。たまには走らない休日があってもいいよねと軟弱者の1日を過ごす。

|

« 2011年のまとめ | トップページ | 陣馬山に登る »

コメント

おかえりなさい♪しいたけさん。どうぞ今年もよろしくお願いします。
初ライド本当に寒かったでしょう。私は家にいてベランダに出るだけで、冷たい空気と強い北風に瞬殺されていました。
なにもしない休日は必要ですよ。軟弱者ではありません!毎週末100km以上のロングライドしてるんですから、休息日は絶対に必要です。
外猫さんは自由ですね。私の猫は完全に室内‥私自身と一緒になってしまいました。寒さにも北風にも負けない、外猫さんや、しいたけさんが本当にうらやましい。私も去年はそうだったのに!


投稿: ソフィ | 2012年1月 6日 (金) 23時06分

ソフィさん、こんにちは。今年もいっぱい走ってストレス発散です。
実は3日は自転車<ハコネ駅伝なマインドだったのです。僕的には駅伝2日目のほうが見所が多いのです。優勝争いはもちろんですが時間制限による繰上げスタートで襷を渡す相手のいないランナーに感情移入したり、来年の出場権が得られるシード権争いなどです。個人レースでは体調が悪ければ棄権してしまうのに襷を引き継ぐために走ることを止めない駅伝というレースの不思議さ。いかにも日本人好みなスポーツなのです。
ソフィーさん、体を大切に。あとひと月もすれば梅の花も咲きますよ。

投稿: しいたけ | 2012年1月 7日 (土) 19時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/53657391

この記事へのトラックバック一覧です: 帰省Uターン:

« 2011年のまとめ | トップページ | 陣馬山に登る »