« 入間川のち夜の「若い時計台」 | トップページ | 深夜にみかんを運搬する »

2012年2月19日 (日)

プーリーが外れたこと

6:10目覚めました。昨日は夜間走行までしてしまったのでなんとなく疲れが抜け切れていない感じ。久しぶりに冷え込んだ朝で天気は晴れていますが朝焼けの南の空にキレの悪い雲がただよう展開。季節風が弱まると日出とともに朝日を邪魔する雲がすぐ湧きます。朝日が差してくるまで部屋でおとなしくしています。
今日はまず後ろブレーキパッドの交換から。昨夜走っていてブレーキングすると少しガリガリ系の音がしていたので摩耗が限界に来ていた模様。
P50_20120219_094050 新旧ブレーキパッド
上が取り外したブレーキパッドです。摩耗限界を示す3つの溝が見えなくなってブレーキ面がペッタンコな状態になっていました。新品を取り付けパッドの左右の間隔を調整して終了。新品にした時はブレーキの引きの感覚が変わるのでいつもの感覚で引くと急ブレーキになってしまいます。少し慣れるために近所に買い物走行して午前中は過ぎていきました。

昼食後、今日こそはたい焼きを食べようと12:30出発。多摩川CRに向かう途中で急にスプロケット側でチェーンのコマ飛びが連続で発生。ペダルを回すごとにガガガガッと空転する状況となり走れなくなりました。止まって調べるとリアディレイラーに2つあるプーリーのうち上側のプーリーが無くなっていました。
上プーリーはギアのシフトチェンジに合わせてチェーンを該当するスプロケットに案内する役目を負っています。それが失われるとチェーン位置の案内役がいなくなるのでスプロケットとずれてしまいコマ飛びしてしまいます。
出発して1kmも進まないうちにトラブルが発生したのは不幸中の幸いでした。昨日の夜間走行中やキャンプツーリング中に発生していたらと思うとゾッとします。
P50_20120219_133820 分解清掃したプーリー
ゆっくりと来た道を家までたどって落下しているはずのプーリーを捜索します。と、あった!。車道に落ちていました。落ちていた位置が走行する車のタイヤとタイヤの間であったため踏まれることもなく無事でした。
拾い上げて自宅に戻りディレイラー修理です。まずはオイルで汚れているプーリーをディグリーザできれいにしてあげます。プーリーの歯数は11。よく考えると割り切れないですよね。360/11=32.72727272・・・・。どうやって作っているのでしょう。
それにしてもずいぶん摩耗していますね。フロントギア52Tでペダルを1回転させると11Tのプーリーは4.727回転します。ケイデンス80rpmの場合1分間に378.2回転。仮に年間120日ペダルを80rpmで6時間回したとすると1年間の回転数は16,336,512回転。僕はそんな生活を7年続けているわけで1億回転以上しているのです。よく壊れませんね。

指を真っ黒にしてプーリーを元の位置に固定。今日は何としてもたい焼きを食べに行くのだ。
14:10出発。多摩川CRで多摩大橋折り返し17:00帰宅。
P50_20120219_152152 久しぶりのたい焼き
たいやき屋さんの前を通過したのが15:10過ぎ。店の前に幟が出て営業していました。一旦多摩大橋まで行って折り返してたいやき屋さんへ。今日は珍しくおやじさんが焼いていました。お昼をしっかり食べていたので意気込んで来た割には1個だけの購入。風の弱い土手の斜面で食べました。


走行時間:3h06m、距離:66.2km、AV.21.3km/h

|

« 入間川のち夜の「若い時計台」 | トップページ | 深夜にみかんを運搬する »

コメント

こんにちは。しいたけさん。今日は暖かですね。春が近いと感じられる日差しに少し嬉しくなります。
しいたけさんは、気象や風読みに詳しいだけでなく、自転車の分解、修理も自分でしちゃうんですね。すごいんだなー。
プーリーって、本当にたくさんの回数回転してるんですよね。人の心臓は1日約10万回脈をうっています。プーリーも心臓も壊れない丈夫なものなんですね♪

投稿: ソフィ | 2012年2月24日 (金) 11時57分

2月は光で春を感じる時期ですね。朝起きたら朝日がすでに差していたり日暮れが遅くなってきます。自転車に乗っていられる時間も伸びてだんだん遠くまで走れるようになります。
今年は寒さで梅の花がなかなか咲きませんが今週末はほころんでいるでしょうか。
心臓が1日10万回脈打つなんておっしゃるから壊れて止まるんじゃないかと心配で脈拍が上がりました。

投稿: しいたけ | 2012年2月25日 (土) 01時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/54020585

この記事へのトラックバック一覧です: プーリーが外れたこと:

« 入間川のち夜の「若い時計台」 | トップページ | 深夜にみかんを運搬する »