« 立春!払沢の滝凍結 | トップページ | 岡本太郎の「若い時計台」を見る »

2012年2月 5日 (日)

大磯あたりまで

6:30起床。起きた時は快晴でした。朝食を食べているとキレの悪い雲が南の空に漂い始めました。冬型がすっかり緩んで移動性高気圧に覆われています。上空の強い寒気は抜け北風はおさまり朝の冷え込みも大したことはありません。日差しが出れば気温が上昇するパターンなのですがこの雲はいけません。
北風がないと読んで久しぶりに湘南方面に走りに行きます。
7:30出発。多摩川CR~都3~都57~境川CR~遊行寺~R467~R134~10:30江ノ島休憩(62.9km)
P50_20120205_103542 どんより江ノ島
出発して鶴川あたりで雲の下に入りました。そのあとはずっと日差しなしで江ノ島に到着。今日は駐車場待ちの車の列もなく閑散とした雰囲気でした。




P50_20120205_104206 だるまねこ
防波堤の上で日向ぼっこしようと思っていたのにこの曇り空では寒くて仕方ありません。江ノ島ねこと少し遊んでいたら体がすっかり冷えてしまいました。これは走って温まるしかない。




江ノ島~R134~11:40大磯休憩。
Map20120205 境川から大磯あたり
相模川を渡り平塚に入るとR134は工事区間で狭くなります。去年の秋からずっと続いています。





P50_20120205_121308 大磯の愛宕神社下の切通し
丘陵を垂直に切りとって通した道です。両側とも高さ10m近い標高差があります。右の崖の上には愛宕神社があります。街灯の先にある階段で上がることができます。この階段は大正14年に作られたというプレートがありましたので切通しは明治時代に作られたのでしょうか。


12:10大磯出発~R134~R467~遊行寺~境川CR~境川遊水地公園休憩~境川CR~県57~都3~多摩川CRで16:20帰宅。
P50_20120205_130518 腰越の万福寺
江の電の線路の先に山門へ続く階段があります。その階段の二段目までは踏切の遮断機の内側です。狭い。





帰路、町田駅辺りまで戻ってくるとやっと日差しが出てきましたがもう西に傾いた太陽はろくに暖かくありません。今日は寒いというよりは風が冷たい一日でした。
走行時間:7h03m、距離:160.5km、AV.22.7km/h

|

« 立春!払沢の滝凍結 | トップページ | 岡本太郎の「若い時計台」を見る »

コメント

だるま猫さん寒そうです。この猫さんと遊べたのでしょうか?私は外猫さんにあやしまれるようで相手にしてもらえません。
江ノ島は曇りだったんですね。私は高い標高からの展望を求めて1300mの武甲山登山してきました。お天気は晴れだったのですがアイゼン装備の冬山登山となりました。
自転車で2000mの峠は、まだまだ先ですね‥。
来週は、しいたけさんを見習って自転車しようかな♪

投稿: ソフィ | 2012年2月 6日 (月) 10時26分

のらに接近するには追いかけてはダメで、一定の距離に近づいてからしゃがむことです。のらが集団でいる場合は世話を焼いてくれる人がいるので、性格にもよりますがのらの方から近づいてくることが多いです。
ソフィさんは雪山でしたか。埼玉や東京の平野から武甲山が見えますから頂上からも関東平野が見えたのでは?

投稿: しいたけ | 2012年2月 6日 (月) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/53909749

この記事へのトラックバック一覧です: 大磯あたりまで:

« 立春!払沢の滝凍結 | トップページ | 岡本太郎の「若い時計台」を見る »