« 岡本太郎の「ダンス」をみる | トップページ | プーリーを交換する »

2012年3月17日 (土)

プーリーを買った

自転車のリアディレイラーのガイドプーリーが外れ、その後プーリーの固定ボルトが緩む状態が続いています。頻繁に締め直さないと外れてしまいます。幸い週末天気が悪いのと休日出勤状態が続いているためロングライドできないので大事に至ってはいません。
リアディレイラーの交換も検討していたのですがディレイラーの構成を図示したシマノの絵を見ていてハッと気づかされました。
Photo_2 ハッと気づかされた図
リアディレイラーを構成している部品を図示しているシマノのPDFの一部です。プーリーが外れて後戻りして路上に発見して回収し取り付けた話は書きましたが、その時の写真を見るとプーリー両側の丸いカバーはありましたが赤矢印で示したプーリーの軸がありません。
ということは、プーリーを固定しているボルトは直接プーリーの回転による摩擦を受けているわけです。固定ボルトは時計回りに回して締めています。一方チェーンは下から上に通過していくのでプーリーは半時計回りに回転します。つまりペダルを回せば回すだけ固定ボルトを緩める方向に力が働いていたのです。あぁ恐ろしや~。

このことから今回の修理はプーリーの交換で済むのではないかとの結論に達し新品を購入してきました。
P50_20120314_214424 シマノのプーリー
テンションプーリーもガイドプーリーと同じ回転を続けてきたので一緒に交換することにしてテンションプーリー(左)とガイドプーリー(右)のセットを937円で購入しました。ベアリング化されていない摩擦の大きいい庶民用です。やはりプーリーの軸となるものが存在しその内側に固定ボルトが通るので緩むことがないのです。
ちなみにテンションプーリーには取り付け時の回転方向が指定されていて歯の形状がガイドプーリーと異なっていました。ガイドプーリーはどっち向きでも良いようです。

|

« 岡本太郎の「ダンス」をみる | トップページ | プーリーを交換する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/54223954

この記事へのトラックバック一覧です: プーリーを買った:

« 岡本太郎の「ダンス」をみる | トップページ | プーリーを交換する »