« 岡本太郎の「タロ~」をみる | トップページ | 15時間300km走 »

2012年6月27日 (水)

チェーンリング摩耗

先日、フロントギアからチェーンが内側に脱落してコケましたが、脱落した原因を調べてみるとチェーンリングの摩耗が原因のようです。
P50_20120624_081040 摩耗している
特に赤矢印の歯は背丈が低くなっています。リアを2速に落としてチェーンが内側にタスキになるような状態にしてクランクを回すとこの部分でチェーンが浮き上がって内側に脱落します。




P50_20040328_081406 購入直後のチェーンリング
2004年4月、購入して2週目頃の新車状態のチェーンリングです。上の写真と比べて背の高い歯が並んでいます。
先日のリアディレイラーのプーリーもそうでしたが走ることに夢中でトラブルが起こってから原因を調べると摩耗や劣化で機能を失っていたという状態。いけませんねぇ。


チェーンリングを交換するとなると、今のチェーンリングと同じ規格のものを購入しなくてはなりません。歯数は数えれば分かります。今のは52です。あとは固定するボルト穴のピッチ半径(PCD:Pitch Circle Diameter)が合っていないといけません。この数値は固定ボルトの数と隣り合った固定ボルトの距離を計測することで求まるそうです。
今日帰宅後、メジャーで計測してみると大体75mmくらい。この距離は規格で決まっていてWeb上に一覧表が載っています。それによると一番近い76.4mmであると判断できます。
76.4mmの場合のPCDはその表から130mmとわかりました。今度自転車屋さんに買いに行きます。

|

« 岡本太郎の「タロ~」をみる | トップページ | 15時間300km走 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/55053039

この記事へのトラックバック一覧です: チェーンリング摩耗:

« 岡本太郎の「タロ~」をみる | トップページ | 15時間300km走 »