« チェーンリング交換 | トップページ | 陣見山林道をはしる »

2012年7月17日 (火)

岡本太郎の「統」をみる

そういうわけで天気に文句を言いながらも3連休埼玉方面を走ってきました。結局は走れないような雨は無く、逆に猛暑となって高温に慣れていないカラダには厳しい走りでした。昨日は帰宅後ブログにアップする気力もわかず早寝してしまいました。

7月14日(土)
その後天気は回復に向かい朝日も差してきました。南風も吹いているので路面もまもなく乾くでしょう。キャンプツーリングではありませんが3連休を使って埼玉に行きます。
前夜に描いたプランでは小沢峠、山伏峠、正丸峠を越え一旦R299までくだり刈場坂峠に上り返して奥武蔵グリーンラインを定峰峠までたどる計画でした。でも早朝までの雨で出発が遅れたので却下。お気楽な江戸川、利根川CRコースに変更しました。
Map20120714 7:30出発。多摩川CR~六郷橋~R15~9:50芝栄太楼(47.2km)~日本橋~R6~10:20駒形~吾妻橋~北十間川沿い~旧中川~小松川橋~荒川CR~11:30葛西臨海公園(72.5km)~江戸川CR~14:40関宿城休憩(135.9km)~境大橋~利根川CR~古河三国橋~利根川渡良瀬川合流点~利根川CR~昭和橋~利根川CR~17:15羽生着。


P50_20120714_094710栄太楼のあんどんをみる
今日は土曜日なので芝の栄太楼は営業しているはずと見込みR15を浜松町へ。R15の都心方面は予想よりも交通量が多かったですが追い風なので流れに乗って品川へ。出発が遅れたのでちょうど良い時間帯に到着。予想通りシャッターは開いて目的のあんどんが店の前に出ていました。


P50_20120714_094702あんどん
これが芝栄太楼のあんどんです。すかさずパシャッと撮影して出発。この次はもなかを買ってみます。





P50_20120714_102620 「統」をみる
1973年太郎62歳の作品。先日の下見でその存在を確認しておいた世界のカバン博物館の1階ロビーに入ると待ってましたとばかりに「博物館見学ですか」と声をかけられました。すぐ隣にある岡本太郎の作品を指差して「これを見させていただきたい」というと何でこれ?見たいな感じでガッカリされていました。この博物館はエース株式会社が運営しています。昔の中学生ならみんな持っていた「MADISON SQUARE GARDEN」 の文字が入ったマジソンバッグはこの会社が製作販売していたのです。僕もそんな昔からこの会社とつながりがあったんですね。その創業者新川柳作氏と岡本太郎は親交があり、このビルを建設したときに記念にこの像を贈ったそうです。
P50_20120714_102606 台座正面の題字
見事な太郎フォントです。側面には英語で”UNITY”とありました。最初、写真撮影はダメと言われたので作品の説明パネルの内容を手帳にメモし始めました。私の行動が気になるようで写真を何に使うのか聞かれ、「これこれでしかじかなのです。」と説明すると撮影許可が下りました。ありがとうございました。
この像のことはインターネット上には情報が少なく、設置されている場所もパブリックアートというには微妙です。
これで今日の目的は達し、一路羽生を目指します。
P50_20120714_121548 江戸川CRからは追い風です。普通に走っていても35km/hは出てしまい、しばらく笑いの止まらない走行が続きます。
しかし三郷を過ぎるとあれほど吹いていた南風が弱まりました。もう笑っていては30km/hは出せません。雲間から差す日差しは強烈で路面からの熱気もムンムン。遠くに雲の影が落ちているのであそこまでがんばればと進みますが雲は流れて影はCR上から離れてしまいます。

P50_20120714_144432関宿城公園
ノンストップで関宿まで行けるかと思いましたが暑さと空腹で失速気味になってきました。最近揮発気味の過去の記憶を検索して野田市の宝珠花橋のたもとに牛丼屋があったはずだとひらめき、遅い昼食に立ち寄りましたが建物はそのままにつけ麺屋に変わっていました。牛丼にいっぱい紅生姜を乗せて食べている姿を思い描いて到着しただけにすごくガッカリ。つけ麺屋に罪はありませんが余りのガッカリさに入店拒否して近くのコンビニで我慢したのでした。

P50_20120714_172134スイカを食べる
羽生に到着。すごくムシムシしています。すぐシャワーを浴びてサッパリしたいところですが、まずは冷蔵庫へ。おぉォ!スイカが冷えているではないですか。しかもちょうど一人分。縁台に座ってシャクシャクといただきました。暑い日の走行直後の冷えたスイカ。ちょ~ウマイ!


走行時間:8h07m、距離:191.8km、AV.23.6km/h

|

« チェーンリング交換 | トップページ | 陣見山林道をはしる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/55218817

この記事へのトラックバック一覧です: 岡本太郎の「統」をみる:

« チェーンリング交換 | トップページ | 陣見山林道をはしる »