« 吉田拓郎LIVEの記事があった | トップページ | 夏島 »

2012年11月 3日 (土)

松姫峠、秋

5:10起床。まずは起きることに成功しました。日出1時間ほど前ですが真っ暗です。さっと朝食を食べてタイヤに空気を注入しサドルバッグを取り付けて出発準備は完了で明るくなるのを待ちます。北関東方面は晴れているようで強い冷え込み。でも南部は空が曇っているおかげで冷え込みが弱く10℃くらいあります。
5:50出発。多摩川CR~羽村~新奥多摩街道~青梅~R411~9:40奥多摩湖(75.0km)~深山橋~R139~小菅村
空を覆っている雲は厚いものではありませんが朝日を遮り6:30過ぎてもうす暗さが残ります。狛江市内の道端にタヌキを見かけたのも薄暗さが残っていたためでしょう。
P50_20121103_085714 白丸隧道
御嶽あたりから多摩川沿いの木々もだいぶ色づき始めていました。





奥多摩あたりでようやく日差しが出て暖かさを背中に感じます。まだウインドブレーカを羽織り手袋をつけています。
~10:35県18分岐(91.8km)~11:25松姫峠(98.43km)
Map20121103 小菅村から松姫峠あたり
村役場付近で660m、県道分岐点で760m、ここから峠まで
6.7kmで490mの標高差です。





P50_20121103_111118 峠への上り
1000mを超えてくると道の両側はカラフルになってきました。初夏の緑一色もフレッシュで綺麗ですが秋はまた別の美しさです。





P50_20121103_111800 いつも写す場所
この標識の場所でいつも写真を撮る習性があります。春と全然雰囲気が変わります。





P50_20121103_112428 松姫峠
色づいた木々の中では明るく感じます。峠手前の気温表示では8℃ですが上り続けているのでうっすら汗をかく程度に暑いのです。ここがピークですが景色を楽しむため大月側の最初のヘアピンまで下ります。



P50_20121103_113454 峠の先の風景
やっぱりここはいい眺めです。ガードレールに自転車を止めてこの風景を眺めながら持参したおにぎりで昼食です。
来てよかった。




当初の計画通り、ここから小菅村側に引き返します。もう太陽は南中を過ぎて西の空に移っています。
11:40松姫峠出発~R139~11:50小菅村パンク
峠区間を下り切り小菅村に向かう途中で「パーン」と大きな音と同時に振動が伝わってきました。後輪がパンクしたようです。しかも一瞬のうちに空気が抜けたのでチューブがバーストしたのかと思いました。
P50_20121103_120550 サイドカット
後輪をチェックするとタイヤが2cmほどサイドカットでスパッと切れていました。何を踏んだのでしょう。チューブを取り出すとチューブまでスパっとカットされていました。応急処置でガムテープで内側を補強し、パンク修理用パッチを張りその上に更にガムテープで補強。チューブを交換して空気圧は控えめに。この状態であと90km近く走らなくてはなりません。持つかなぁ?

~13:00奥多摩湖(124.3km)~R411~軍畑大橋~都45~神代橋~R411~青梅奥多摩街道~14:30羽村(157.8km)
P50_20121103_145712 拝島橋クロネコヤマトねこ
多分ドライバーさんのお世話になっているのでしょう。健康そうです。





~多摩川CRで16:20帰宅。
P50_20121103_170318なんとか持ちこたえたタイヤ
所要時間10時間30分で松姫峠往復でした。小菅村でサイドカットによるパンクで帰還が危ぶまれましたが応急処置でなんとか帰ってきました。帰宅後のタイヤの状態です。思いっきり膨らんでパンク時よりも裂け目が広がったようです。空気圧を高くするとバーストの可能性もあるので空気圧低めで乗り心地はマイルドでした。帰宅後タイヤ交換。たった2775kmの寿命でした。

走行時間:8h54m、距離:200.5km、AV.22.5km/h

|

« 吉田拓郎LIVEの記事があった | トップページ | 夏島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/56035815

この記事へのトラックバック一覧です: 松姫峠、秋:

« 吉田拓郎LIVEの記事があった | トップページ | 夏島 »