« 白鳥は留守だった | トップページ | ホットカーペットを敷く »

2012年11月25日 (日)

横浜市の最高峰に登る

5:50起床。快晴で静かな朝。なのでよく冷え込み屋根の上は真っ白に霜が降りています。でもレーダーで雨雲の心配をするよりはずっとましです。見た感じ寒々しいので朝日が差してきてから出発です。
Map20121125 今日のコース
今日は横浜市の最高峰を制覇しに行きます。






6:40出発。多摩川CR~六郷橋~R15
P50_20121125_065634 多摩川の朝霧
風が弱く冷え込んだので多摩川の川面から蒸気霧が立ち上っていました。これが前夜雨上がりで冷え込めばもっと濃いのが出るのですが。




P50_20121125_070914
多摩川を羽田方面に進んでいると下流方向から鵜の大編隊が来襲。この写真で数を数えたら102羽いました。





P50_20121125_085118 生麦ねこ
生麦の路地で朝集会をしていたねこが気になって見に行きました。今朝は寒かったせいか4匹だけが集まっていました。とらねこのしなだれた姿が悩ましい。




~横浜~R16~R357~八景島~R16~県23~栄区庄戸~大丸山登山
P50_20121125_104836 県道23号線相武トンネル
三浦半島まで伸びる脊梁山脈を貫き横浜市金沢区と栄区を結ぶトンネルです。地図を見るとトンネルの中で鎌倉市を通過しています。とにかく県道23号線は狭いくせに車が多くて嫌になるみちでした。



Map201211251 今日の目的地付近
横浜市の最高峰と横浜市の最高地点を制覇します。最高峰とはその名のとおり標高の一番高い山。最高地点とはその名のとおり標高の一番高い地点。横浜市の場合は最高峰と最高地点は別の場所なのです。



P50_20121125_105418 いたち川と読む
一級河川でも二級河川でもなく「普通河川」と書かれていました。





P50_20121125_111024 最高峰への階段
県道23から右折して山の斜面をひり開いて開発された住宅地の道を上って行き止まりまで。ここから階段登山です。





P50_20121125_111736 大丸山山頂
登り始めて7分で山頂に到着。ここが横浜市の最高峰で標高156.8m。尾根沿いは遊歩道になっておりたくさんの人がハイキングしていました。山頂は東京湾方面の眺めがよろしい。先日訪問した夏島も見えています。山頂は広場になっていてベンチが5~6個ありましたが満員。


第1の目標は達成され続いて横浜市の最高地点を目指します。遊歩道をたどっても行けるらしいのですが自転車で極力接近してからアタックするのです。
~県23~県21~鎌倉CC~大平山登山
県道21から鎌倉CCに向かう道に入り今泉不動から先の道は急でした。特にトンネルを過ぎた先から鎌倉CCのハウスまでの激坂は風張林道のきのこ園までの坂よりもきついかも。
P50_20121125_122240 大平山山頂手前
ここが横浜市の最高地点です。自転車を鎌倉CCの裏に止めて歩くこと3分。大平山山頂は鎌倉市になり、その手前のここが横浜の最高点159.4m。山頂にはカマクラ天園という茶屋がありハイキングの人たちで大繁盛していました。
実は大平山は鎌倉市の最高峰になっているのです。


P50_20121125_122234 横浜市最高地点
最高地点のプレートがあります。






P50_20121125_122942 横浜市の一番高いところが見える
大平山に行く途中でMM24地区にある横浜市で一番高くに上れるビルが見えます。あちらは69階展望フロアで273m。





2つの目的を達成し時刻は12時半。太陽の南中時刻から1時間以上も経過してしまいました。急ぎ帰途に着きます。
~砂押川沿い~大船駅~湘南モノレール沿い~県32~13:30藤沢~R467~遊行寺~境川CR~県57~都3で16:30帰宅。
走行時間:7h21m、距離:154.7km、AV.21.0km/h

|

« 白鳥は留守だった | トップページ | ホットカーペットを敷く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/56191193

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜市の最高峰に登る:

« 白鳥は留守だった | トップページ | ホットカーペットを敷く »