« 曲がったブラケット修理 | トップページ | 狛江塗りつぶし4回目 »

2012年12月23日 (日)

平塚の七国峠

7:00起床。快晴の冬晴れの朝かと思いきや、空一面どんより曇っています。かすかに北方の地平線近くに青空が見えますが群馬方面でしょう。冷え込みは無かった代わりに日差しがないので憂鬱な薄暗さです。
Map20121223 今日のコース
今日は4つ目の七国峠を目指して平塚方面へ。予報では北の風日中南よりの風とあるので追い風に恵まれる予定でした。


 


7:50出発。多摩川CR~都3~都57~境川CR~町田~県51~R246~県612~鶴巻温泉~県613~下大槻~県62~土屋橋~県77~遠藤原の道~七国峠
P50_20121223_111932 遠藤原の細道
県道77号線の土屋橋を渡って峠方面へ。そのまま県道77を進めば七国峠バス停に到達できるのですが、ここは遠藤原という丘陵の尾根上に広がる畑地帯を走りました。昨日の雨で道がぬかるんでいてタイヤがどろどろです。



P50_20121223_112108 広々とした遠藤原
畑越しに北には丹沢、西に箱根の山並みが見られる風景の良い細道でした。冬晴れなら富士山も見えたでしょう。





Map201212231 遠藤原から七国峠あたり
遠藤原からCの字を描くように丘陵の尾根上の道を進むと七国峠に到達します。





P50_20121223_112500 七国峠バス停
遠藤原の細道から突然県道77号線に出た所が七国峠のバス停でした。





P50_20121223_113032 七国峠
バス停からさらに細道を進むとゆるやかな上りとなります。右側はゴルフ場が現れ1kmも進まないうちに左側に東屋のある小さな公園があります。そこが七国峠でした。平塚市の最西端に当たり、甲斐、駿河、伊豆、相模、安房、上総、武蔵の七国が一望できたことからこの名が付けられたという案内板がありました。


P50_20121223_113116 峠から東側のながめ
峠の最高点は西側のゴルフ場に占領されているため、ここからの見晴らしは東側だけとなります。白い屋根は神奈川大学。丘陵越しに平塚市北部の平野が望まれます。




~ゴルフ場に沿う道~県71~二宮~R1~R134~R467~遊行寺~境川CR~都57~都3~多摩川CRで多摩川原橋まで周回して16:30帰宅。
帰路は期待した南よりの風はほとんど吹かず東よりの半分向かい風でした。止まって休憩すると体が冷えるのでほとんど走りづめで多摩川に戻った頃ようやく上空の雲が消えて夕日が見えました。
走行時間:7h34m、距離:161.6km、AV.21.3km/h

|

« 曲がったブラケット修理 | トップページ | 狛江塗りつぶし4回目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/56378690

この記事へのトラックバック一覧です: 平塚の七国峠:

« 曲がったブラケット修理 | トップページ | 狛江塗りつぶし4回目 »