« 三浦半島周回 | トップページ | 梅干買いに行けず »

2013年3月24日 (日)

フロントバッグを装備

6:00起床。どんより曇っています。久しぶりに晴れていない日曜日の朝です。
このところ週末に雨が無いため床屋に行くタイミングを延ばし延ばしで髪のボリュームが増えてヘルメットがきつくなりしかも暑くなってきました。来週の週末の天気予報も雨マークが無いので今日の午前中に散髪することにしました。9時の開店直後に一番乗りで散発に成功。一歩床屋を出ると首筋の寒いこと。散髪後は青梅に梅干の買出しに行こうと計画していましたがあまりの肌寒さで家に引きこもってしまいました。
昼過ぎて薄日が差し始め気温も少し上昇してきました。梅干買出しには遅い時刻になってしまったので、かねてから懸案のフロントバッグ装着を実現することにします。
今つけているサドルバッグは容量6.8リットルありますが、宿どまりのツーリングには着替えなど入れるにはちょっとサイズ不足。そこでフロントバッグ装着となるのです。
P50_20130324_153644 フロントバッグ装着
下から支えるキャリア無しで取り付けられるタイプなのでバッグの天井がハンドルよりもずっと上になります。自転車屋のオヤジがちょっと上向き加減に取りつけたのでバッグの上面が手前下がりに傾いています。後で水平になるようにアタッチメントを調整しましょう。


P50_20130324_153710 F-516
バッグの内側のサイズは横22cm×幅17cm×高さ20cmなので計算では7.5Lとなります。これならフリースなども入るし、キャンプツーリングのときはガスバーナーとメスティンも持っていけます。天井はマップケースになっているのでツーリングマップルのコピーを差し込んで置けます。ナビなんていりません。横幅はギアシフトにも影響の無い幅(ワイヤーはきつそうです)です。縫い目には防水のためシームコートを塗りこんでおきましょう。
P50_20130324_153728 フロントバッグアタッチメント
事前調査ではバッグと同じオーストリッチのものがあるのを知っていたのですが店のオヤジによるとこれが最強だとのことでリクセンカウルのフロントアタッチメントとの組み合わせとなりました。アタッチメントのおかげでバッグとハンドルバーの間にスペースが出来て補助ブレーキもそのまま使えます。下から支えないでバッグが垂れ下がらないのか心配していましたが、ステムの下を通しているワイヤー(スピードメータの両側にある黒いφ2mmほど)が引っ張り上げる仕組みでした。赤いボタンを押すとバッグが外れます。耐加重は7kg。バッグにみかんを満タンに詰め込んでも平気です。
P50_20130324_161742 散歩
フロントバッグとサドルバッグを付けて多摩水道橋~是政橋間を周回してちょっと旅気分。バッグの中は空ですがフロントバッグを付けると走りがマイルドになるのです。のんびり走っていて気持ちよいのです。

|

« 三浦半島周回 | トップページ | 梅干買いに行けず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/57026367

この記事へのトラックバック一覧です: フロントバッグを装備:

« 三浦半島周回 | トップページ | 梅干買いに行けず »