« 予想通りだったが想定外だったこと | トップページ | 天乃屋の歌舞伎揚8枚で帰ってくる »

2013年3月17日 (日)

彗星を写してみた

3月16日(土)
6:30出発。多摩川CR~羽村~新奥多摩街道~東青梅~都28~県195~飯能~県30~10:10越生梅林(78.6km)
近所を周回して多摩川CRに出て1kmほど走ったところでデジカメを忘れたことに気づき一旦自宅に引き返しました。結局出発は7:10となりました。
北風が吹いていると予想して外秩父の山すその県道30で北上するコースを取りましたが、午前中は穏やかで南風も入りポカポカ陽気で絶好のサイクリング日和となりました。
P50_20130316_101412 越生梅林
今が満開状態でした。今日は青い空でよかった。






Map20130316 後半のコース
北西風が吹き始めるまで北上していきます。少なくとも利根川CRに着くまでは吹き始めないで欲しい。

越生梅林~県30~小川町~県11~落合~県294~寄居~R140~花園~農道~県265~県86~本庄の農道~13:10利根川CR(129.4km)

P50_20130316_115912 県道294の峠
県11で落合の交差点を直進し県道294で小さな峠を越えて寄居に入ります。平成の市町村合併前には両手ほどあった埼玉県の村も現在は東秩父村ただ一つ。




P50_20130316_131118 本庄の利根川到達
深谷、岡部。本庄の畑地帯を走破して利根川に到達しました。この地帯は水田は見られず畑地帯です。土は乾燥し切ってパサパサ。先週日曜日の砂塵嵐で一帯の土が舞い上がったらしく畑の土には沙漠のような風紋が残っていました。まだ風は東よりなので上流方向を目指します。赤城山と榛名山の間には上越国境の山も見えていましたがまだまだ雪で真っ白な姿。

~坂東大橋~伊勢崎市内~太田~大泉~邑楽~16:10多々良沼(179.8km)
P50_20130316_133038 坂東大橋を渡り群馬へ
伊勢崎市内走行中に風向が変化して北西に変わりました。北上は終わりにして追い風を受けるべく進路を東に変更。風はホコリを巻き上げるほどではなかったので助かりました。




P50_20130316_150130 太田市の冠稲荷神社
遠くから鮮やかな赤い鳥居が目立っていたので立ち寄ってみました。1333年新田義貞が鎌倉攻略のための挙兵の際に兜を捧げて必勝祈願したことからこの名前が付いたそうです。




P50_20130316_161156 多々良沼ねこ
伊勢崎から東へと流されて多々良沼へ。多々良沼にはまだ白鳥がとどまっていました。白鳥は春になるとシベリアに飛んで行ってしまいますが多々良沼ねこはとどまり続けます。




~明和~昭和橋~利根川CRで17:15羽生着。
走行時間:8h54m、距離:202.2km、AV.22.7km/h

P50_20130316_175300 彗星見準備
日没を待ってさっそく彗星見準備です。西の空の開けた畑に三脚と双眼鏡をセット。双眼鏡は1985年購入のタカハシ70mm×10倍。ハレー彗星を見るために当時5万円ちょっとの大枚をはたいて購入したお涙モノ。



P50_20130316_175720 月齢4.6
目のウォーミングアップを兼ねて月見。10倍でも大きなクレーターは良く見えます。両目で見られるので立体的。





P50_20130316_184212 撮影者にしか分らないパンスターズ彗星
日が沈んでから1時間ほどして西の空もだいぶ暗くなってきた頃、やっと彗星を発見しました。肉眼では難しい明るさです。双眼鏡の中では明るく黄色っぽく光る彗星の頭と、上方に伸びる尾っぽが確認できましたがちょっと期待はずれ。コンパクトデジカメを手持ちして双眼鏡のレンズ越しに1秒露出で撮影してみました。写した僕にはよーく見えます。

|

« 予想通りだったが想定外だったこと | トップページ | 天乃屋の歌舞伎揚8枚で帰ってくる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/56977710

この記事へのトラックバック一覧です: 彗星を写してみた:

« 予想通りだったが想定外だったこと | トップページ | 天乃屋の歌舞伎揚8枚で帰ってくる »