« 天城越え、まさかの山伏峠越え | トップページ | 松姫峠+鈴懸峠+雛鶴峠越え »

2013年5月16日 (木)

網代から帰るのは昼飯前

5月6日(月)10日目
4:10起床。今日も快晴です。すでに空は白々と夜明けを迎えています。さすがは伊豆、今朝も寒くありません。
P50_20130506_044342 この木の下にテントを張って
公園の一角にテントを張っている罪の意識からかこの旅で一番早い起床時間でした。朝の散歩の人たちが来る前に撤収しておく必要があるのでゴソゴソとテント内で着替えて早々に撤収です。雨の心配が無かったのでフライシートは使わずテント本体だけなので20分で自転車に荷物をくくり終わり海岸のベンチに移動しておにぎりの朝食をとります。

今日は最終日。家を出てから10日も経ったんですね。テレビや新聞に接しない生活を続けていると曜日や日付の感覚が無くなってきます。自転車で走っていて、道端に今日の日付と曜日を示す表示板というものは立っていないのです。昔見た難破船の映画で出航してから何日経過したかを正の字を壁に書いて数えている場面がありましたが、長期間の”旅”に出てしまうとまず曜日の感覚が無くなり日付もあやふやになっていくのかもしれません。人は普段の朝、何気なくテレビのニュースを見たりラジオを聴いたり新聞を読んだりすることで今日は何日の何曜日であるということを把握しているのではないでしょうか。こういったものは社会生活を送るうえで暦を認識させる重要なメディアなんだと気づかされます。僕の場合は毎晩走行記録をメモしていたので今日がツーリング最終日であることをかろうじて認識していました。
Map20130506 今日のコース
で、今日はその生活に戻るため自宅に帰るコースです。昨日のうちに今日の分の峠越えまで終わっているので(本当は○国峠訪問シリーズで十国峠を訪れたかった)海岸沿いの道を江の島まで走って後はいつものルートです。



Map201305061 プロフィール
今日は山場は無し。ただ坦々と。



5:10下多賀出発~R135~熱海~6:00湯河原(16.2km)~R135~真鶴~県740~R135~7:00小田原(32.7km)~R1~大磯~R134~8:40藤沢
昨夜遅くまで車の列ができていたR135も早朝はガラガラでストレスなく走れるので助かります。
熱海から一山越えて4泊もした静岡県と別れて神奈川県湯河原へ。
真鶴半島の付け根を通過するとき「真鶴アートミュージアム」に立ち寄って岡本太郎の部屋を見ていこうかと思いましたがまだ6時台なのでオープンまで時間がありすぎるため今回はパス。
小田原でかまぼこを買って羽生に送ろうかと思いましたがまだ7時で鈴廣はオープンしていないので今回はパス。
P50_20130506_083542 藤沢
江の島を通過するときねこに挨拶していこうかと思いましたがまだ8時台で寝ているだろうと予想して今回はパス。





~R467~遊行寺~境川CR~県57~野津田~都18
P50_20130506_101226 境川CR
今日もなんていい天気なんでしょう。最終日になってようやく気温が上昇し初夏の陽気に戻りました。多摩川CRに出る前の関戸で今年初めてのガリガリ君休憩を取りました。




~関戸橋~多摩川CR~12:10自宅着
P50_20130506_115754 多摩川CR
久しぶりに走る多摩川は緑が一層濃くなって季節が進んでいることを感じます。





結局どこにも立ち寄らず走りっぱなしでずっと追い風気味であったので意外と早く自宅到着です。10日間で山梨県を囲む大きなループの輪が閉じました。
走行時間:6h00m、走行距離:131.9km、AV.21.9km/h
※10日間の旅で使ったお小遣い 27,044円(タイヤ代含む) 安っ!

帰宅後、テント、マット、シュラフを干して整備。限界まで使った着替えを洗濯、自転車はリアキャリアを外しタイヤは700×23Cを履いたホイールに換装して注油、清掃。
フロントバッグの中では柿ピー小袋×1、飲めないカフェオレ×4が今回の旅をすべて共にしてくれました。

自宅帰着前に近所のスーパーに立ち寄りお昼と晩の食材購入。駐輪場で僕の自転車のフロントバッグの地図を見て「どこか遠くへ行って来たんですか?、素敵な趣味ですねぇ♪」と話しかけてくるおばさんがいました。ウーム、面白い趣味ではありますが素敵であろうか。このおばさんが僕と同行して同じことを体験してきたとして、この趣味を続けたいと思うだろうか?。一般人のすることではないのは確実でしょう。実際、旅の間軽装備でロードバイクで走っている人は結構見ましたが自転車キャンプツーリング中の人とは2人くらいしかすれ違いませんでした。でも僕にとっては山から海へといろいろな景色を眺めながらの非日常を満喫できたかけがえのない10日間でした。寒かったですがキャンプツーリングを始めて今までで一番の晴天続きでした。一部悲惨な部分もありましたが、それはそれとして僕の中ではそれらも既に楽しかった思い出へと変化し始めています。

|

« 天城越え、まさかの山伏峠越え | トップページ | 松姫峠+鈴懸峠+雛鶴峠越え »

コメント

お疲れ様でした&初めまして。楽しく読ませて頂きました。
南アルプスの綺麗な景色や茶畑や猫など、すばらしい写真と明瞭簡潔な文体に対して、想像するほどに、どう考えても相当な「荒行」をなされていると想像し、尊敬する事しきりです。

自分、対岸宿河原在住のヲジサンであります。昨年の春に房総半島を半周して以来ダラけてしまい、今は2週に1回程度、土手を羽村や羽田まで、チンタラ走るだけであります。
実は、1年ほど前から、こっそりROMしておりました。今後とも読ませて頂きます。よろしくお願いします。

投稿: sei5 | 2013年5月18日 (土) 23時11分

sei5さん、初めまして。
自己満足的な旅の記録を読んでいただきありがとうございます。「荒行」とは恐れ入ります。事前準備不足と短い期間で欲張りなコース設定するためにいつも悲惨な目に遭っています。その予定通り行かないところがおもしろいところでもあります。予約を全て決めて計画をこなす旅行をするよりもずっと自分の時間を感じていられます。
今後もごひいきに。

投稿: しいたけ | 2013年5月19日 (日) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/57356997

この記事へのトラックバック一覧です: 網代から帰るのは昼飯前:

« 天城越え、まさかの山伏峠越え | トップページ | 松姫峠+鈴懸峠+雛鶴峠越え »