« 荒崎のしましまを見る | トップページ | 柳沢峠から一之瀬高原 »

2013年6月23日 (日)

八王子青梅の小峠めぐり

5:20起床。どんよりした空で霧がかかったようにもやっています。昨日よりも天気は良いはずなのになぁとちょっと裏切られた感じ。多分この後晴れてくるんだろうなと思いながらちょっと床に横になったら二度寝に入っていました。
7:40起床。空のどんより感は消えて薄日が差しています。早朝の貴重な2時間を失ってしまいちょっとザンネンですが出かけることにします。
Map20130623 今日のコース
今日も夕方から山沿い中心に雷やにわか雨の予報なので山に深入りはせず山際の小峠めぐりです。





8:20出発。多摩川CR~浅川CR~高幡不動
P50_20130623_100708 高幡不動へ
すっかりよい天気になり強い日差しが突き刺さります。高幡不動ではあじさい祭りの真っ盛り。ちょっと見ていくことにしました。





P50_20130623_100255 あじさい
10時前に到着しましたが多くの人でにぎわっていました。どこを写しても人が写ってしまうのでマクロ撮影です。晴れている日のあじさいはどこと無く瑞々しさに欠けるのは気のせいでしょうか。雨のしずくのついたあじさいの方が美しい?



浅川CR~陣馬街道~都61~美山~林道糀谷山入線の峠~都32~小峰峠~都32~五日市~都61~都251~梅ヶ谷峠~都45~R411~満地峠~草花通り~羽村
P50_20130623_114309 林道糀谷山入線
都61で美山から上川に抜ければ途中に戸沢峠があるのですが今日は深山の谷に入り込んで林道糀谷山入線で上川に抜けました。




P50_20130623_114758 林道糀谷山入線の峠
林道は鬱蒼とした杉の植林の中を上って下る単純な道でしたがそれなりに急勾配。路面は湿って苔が生えスリップ注意です。なお、美山の谷の道沿いにある飲料の自販機はほとんどが100円であることを発見。大きな収穫です。



P50_20130623_120139 小峰峠
林道から都32に合流して少し進むとすぐに小峰峠への旧道入口でした。こちらの道も湿って朽ちた落ち葉が巻き上がる道です。





P50_20130623_123653 梅ヶ谷峠
今日の最高峰の峠となりました。日出町側からだと少し楽な峠です。





P50_20130623_130104 満地峠
トンネル手前のR411の緩い上り区間は車がいつも多くてもキライです。





羽村~新奥多摩街道~東青梅~都28~都53~吹上峠~都193~都28~岩蔵街道~笹仁田峠~都63~河辺あたり~新奥多摩街道~羽村
P50_20130623_140651 吹上峠
トンネルから流れ出す冷気は湿って入るものの涼しくて気持ちよいのです。





P50_20130623_143725 笹仁田峠
今日はこの峠で打ち止めし帰途に着きます。右手青梅方面の空がだいぶ黒くなってきました。





P50_20130623_144611 にわか雨に降られる
青梅方面に戻る途中雨雲に捉えられました。ポツポツ来たかなと思ったら指数関数的に強まりあっという間に路面びっしょり。幸いこうなる前にどこかの事務所の前の軒先に避難し濡れずに済みました。雨は10分ほどで止みましたがハネがかからないようノロノロ走行が羽村の手前まで続きました(結局ハネて今日も自転車は汚れました)。

羽村~多摩川CRで17:10帰宅。
羽村からは後ろから雨雲に追われる展開となりました。雲に吹き込む南東の向かい風に苦労しながら何とか逃げ延びて狛江手前まで来ると、こちらは雨が止んだばかりのようで路面がしっかりと濡れていました。早く帰りすぎても降られたようで今日は絶妙のタイミングでしたね。
走行時間:7h25m、距離:153.6km、AV.20.7km/h

|

« 荒崎のしましまを見る | トップページ | 柳沢峠から一之瀬高原 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/57652204

この記事へのトラックバック一覧です: 八王子青梅の小峠めぐり:

« 荒崎のしましまを見る | トップページ | 柳沢峠から一之瀬高原 »