« 川島のかけせんを買って帰る | トップページ | 横浜市内の茅葺屋根めぐり »

2013年9月28日 (土)

秋晴れの厳道峠

5:30起床。快晴ですが肌寒い朝です。昨夜は送別会で帰宅は午前様となってしまい幾分寝不足気味ですがこのところ峠に行っていないのでちょっと低めの厳道峠を目指します。
Map20130928 今日のコース
厳道峠はR20から攻めるとき上野原の丘陵地帯のいくつかの小峠を越えた先にあるので精神的にしんどい峠です。





6:30出発。多摩川CR~浅川CR~高尾~R20~大垂水峠~藤野コンビニ休憩~藤野駅~弁天橋~県520~名倉~桂川右岸の道~桂川橋
P50_20130928_094735 桂川橋手前
出発時の気温は12℃ちょっとしかありません。秋は階段を2段飛ばしで急に冷え込むことがあり体がついていけません。いつもの夏の格好で出発したら寒いの何の。ちょっと暖かい冬の日中と同じ気温なんですね。太陽の光を受けていてもぬるい感じで暖まりません。先週までのあの暑さが懐かしい。


~県35~市道~秋山トンネル~県35~安寺沢川沿いの道~11:20厳道峠(79.4km)
P50_20130928_103028 安寺沢の郷蔵
茅葺の蔵です。保存状態を良くするためにその上に屋根がかけられています。この場所を通るとき、正面にいつも車が駐車していて良い写真が取れません。




P50_20130928_103824 安寺沢公民館
いい感じの建物です。昔は分校とかで使っていたのでしょうか。庭に水道があるので水を汲ませてもらいます。





P50_20130928_111209 安寺沢の谷
厳道峠手前の唯一のビューポイントです。気温低めで空気も乾燥しているので真夏の時と比べ汗の量が圧倒的に少なくとても楽です。




P50_20130928_111900 厳道峠
峠は切り通しとなっています。ここから右手の斜面をちょっとハイキングして尾根上に出ると見晴らし最高なのです。





1 峠から道志の眺め
ちょっと断雲が浮かんでいますが透明度があり良い眺めです。左手に丹沢の大室山(1588)、正面遠くに富士山が望まれます。富士山までの距離は38km。背後から尾根を越える風が吹いて実に爽やか。

~林道~R413~市道~大川原天神峠~綱子隧道~県76~天神隧道
P50_20130928_121849 大川原天神峠
R413から道志川を渡って再び尾根越えです。このあたりでは標高は下がっていて490mほど。峠には東海自然歩道の案内板と標識があり「天神峠」となっています。しかし、その案内板には別の手製の峠名がくくりつけられていました。



P50_20130928_121857 大川原天神峠
これが案内板にくくり付けられていた峠名です。大川原は上ってきた道志川沿いにあった集落の名前です。





P50_20130928_123249 綱子隧道
綱子から上り返して綱子隧道で県76に左折するとすぐに天神隧道のピークです。言って見ればこの付近は「綱子天神峠」でしょうか。




P50_20130928_124423 TeamUKYO
菅井の集落の先で県76から右折して道志川に下る市道に入ります。すぐに左手にこの施設がありました。片山右京の設立したスポーツチームの施設のようです。




~市道~R413~県64~鳥屋~県513~R413~津久井湖記念館~R413~県48~都47~高尾~浅川CR~多摩川CRで16:20帰宅。
浅川CRから多摩川CRでは東寄りの向い風にやられてアップアップの走行となりやっとのことで帰宅。
走行時間:8h16m、距離:162.9km、AV.19.7km/h

|

« 川島のかけせんを買って帰る | トップページ | 横浜市内の茅葺屋根めぐり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/58283963

この記事へのトラックバック一覧です: 秋晴れの厳道峠:

« 川島のかけせんを買って帰る | トップページ | 横浜市内の茅葺屋根めぐり »